Facebook:投稿の公開範囲でやらかす

Facebookは米国現地時間6月7日に、ユーザーの投稿公開範囲を一部バグによりで「公開」扱いしてしまったと公表しました。普通にFacebookヘビーユーザーには大打撃のような気がしますが…。

炎上

ふわふわ

どういうこと?

Facebookの発表内容CNNtechによると、現地時間の5月18日~22日の間、約1,400万人のユーザーの過去の投稿が(友だちのみ、とか自分のみとかで)限定だったとしていても、公開扱いされていまっていたとのことです。これにFacebook社員が気付いて慌ててもとに戻したようです。

最近、Facebookでの投稿方法における機能を開発している時、自動的に投稿が公開設定になってしまっているバグを見つけました。今日、我々は、影響を受けた1,400万人の人々に通知を始めました – そして、該当期間中に投稿した内容の設定確認もお願いしています。明白なのは、このバグは一部のユーザーが当該期間に投稿したものにしか影響しておらず、またいつものように公開範疇を選ぶことはできました。

We recently found a bug that automatically suggested posting publicly when some people were creating their Facebook posts. Today we started letting the 14 million people affected know – and asking them to review any posts they made during that time. To be clear, this bug did not impact anything people had posted before, and they could still choose their audience just as they always have.

引用)Facebook newsroom

ふわふわ

悪いループが…

Facebookは先日不祥事が起こったばかり。そしてそれを改善すべく、様々な善後策を行ってきている中での今回のバグ問題。いやぁ、やらかしまくってますねぇ…。

いよいよ世界的に離れていくユーザーが多くなりそうです。そしてそのユーザーがInstagramに流れていけば…マッチポンプといいますか、予定調和といいますか…ですけどね(笑)。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。