Instagram:ブランドコンテンツ広告開始

Instagramは米国現地時間6月4日、インフルエンサーが企業商品を投稿した内容を企業が広告配信する――ブランドコンテンツ広告を提供開始したと発表しました。これにより、芸能人によるステルスマーケティングが減っていくかもしれません。ちょっとご紹介したいと思います。

インスタ

ふわふわ

どんな内容?

著名人がよく、ブログやSNS、Instagram等で商品紹介している投稿があったりしますよね。「私はこれでボディラインをキープ!」的な写真、誰しも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

ステマ!?

こういったものは、本当に著名人やインフルエンサーが良いと思って紹介しているものもあれば、「ステマなんじゃないの?」と疑わしいものもあります。ペニオク事件も記憶に新しいですよね?

こういった投稿には、本当に本人がオススメしている内容か、それとも報酬を得て宣伝しているのか、判断が難しいものも多いわけです。そこで、今回Instagramでは「企業と協業して宣伝しているのであれば、宣伝しやすくしてあげることで、逆に白黒はっきりつけよう」という機能ができました(本当にそれが企画意図かは分かりませんが…)。それが今回のブランドコンテンツ広告です。

これは、著名人が宣伝に値する投稿をした場合、企業側がそれをInstagram内で広告化できるというサービス商品です。ちなみに著名人であれば良いわけではなく、クリエイターアカウントであることが前提です。クリエイターアカウントはフォロワー数や投稿の質量に合わせてInstagram側が判断し、個別に設定が出来るので、それで開設ができます。

ブランドコンテンツ広告はクリエイターのアカウントから配信され、アカウント名の下に「広告(英語ではSponsored)」と表示されるのに加え、利用者がクリエイターとビジネスの協業関係を簡単に理解できるよう、キャプション欄の冒頭に「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」と明記されます。

引用)Facebookニュースルーム

サンプル

いわばタイアップ広告ですね。企業側は著名人(クリエイター)のリーチ力や訴求力を使って発信できますし、著名人(クリエイター)側は投稿ネタを得られるわけですね。そして企業側はそれを広告化することによって、著名人(クリエイター)のフォロワー以上のリーチも稼げます。

この広告プラットフォームはFacebookの広告プラットフォーム内のツールを活用することで実現しました。ですので、広告配信における目標やエンゲージメントもFacebook広告と同様に設定できます。設定方法としては、アカウント画面において著名人(クリエイター)側が広告対象の投稿を選んで設定することができ、その設定後、企業側がその設定された投稿を広告配信できるようになるので、それで出稿するプロセスになります。

  • まずクリエイターが、ビジネスパートナーが自身のブランドコンテンツを広告として宣伝できるよう設定します(アカウントの詳細設定から)
  • クリエイターが上記の設定を完了すると、ビジネスの広告マネージャの[既存の投稿]内に、クリエイターによるブランドコンテンツが表示されるようになります
  • ビジネスはその中から使用したい投稿を選択し、フィード広告として配信できます

引用)Facebookニュースルーム

著名人(クリエイター)側と企業側にメリット(特に企業側にメリット)がある一方で、ユーザーにとっても紛らわしい投稿に心揺さぶられる懸念も減りますので、まさにコンテンツと企業とユーザーの3者間を良くする機能だと思います。

良いですね♪


関連記事
Instagramのショッピング機能が実装されまして1周年となります。その1周年を記念して、Instagramでは、「Insta Shopping Weekend」を期間限定で原宿にオープンするそうです。これは、日本初開催とのことです。 どういう内容? Instagramのオフラインショッピングのイ ...(続きを読む)
InstagramがIPSOSに調査委託した「Instagramが日本経済に与える影響」について結果発表していましたので、ご紹介したいと思います。こちらに関してはFacebookニュースルームでも紹介されています。 前提として 今回の調査内容はInstagramがどれくらい、インバウンド観光、中小規 ...(続きを読む)
Facebook広告において、従来の関連スコアの指標が廃止され、新しい3つの品質スコアが導入されるようです。Facebookは4月30日から変更されていく旨を、米国現地時間3月12日に発表しました。 どんな内容? Marketing Landの記事が分かりやすいので、意訳してご紹介します。 Face ...(続きを読む)
Twitterが「児童の性的搾取に関するポリシー」を改訂しましたが、その中に「妄想を投稿することも禁止」という表記があり、波紋を呼んでいるようです。 どういうこと? 発端はTwitterのポリシー改訂です。いわゆるTwitterとしての投稿ルールです。Twitterでは、児童の性的搾取に関するポリシ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。