スタイリッシュなモバイル検索結果画面

以前よりちょくちょく目にしていたのですが、どうしても気になったのでここで軽くご紹介しておきます。スマホでのGoogle検索結果画面が変わっています。

速くなったのか?

ふわふわ

検索結果画面のデザイン変更

私の場合、Safariでのスマホ検索結果画面でプライベートブラウズモードで何回か確認しました。以前からGoogleはちょいちょいSERPsをテストしているので、今さら触れる必要もないのですが、今回のテストSERPsデザインが個人的に好みでしたので、我慢できずご紹介に至っています(笑)。

ちょっと長い画面で恐縮ですが、従来のSERPsとの違いをページ全体で比較してみました。

モバイル検索結果画面比較

ふわふわ

変更点

従来のSERPsとの違いは以下の通りです。

  • タイトル→URL→説明文の順がURL→タイトル→説明文の順に
  • URLのフォントカラーが黒に
  • タイトルのフォントカラーが薄い青に
  • 説明文のフォントカラーが薄い黒に
  • カード型スニペットの枠が角から角丸に
  • 背景色がグレーから薄いグレーに
  • スニペット毎の右上にGoogleカラーの4つの●

ちなみにスニペット毎の右上にGoogleカラーの4つの●はタップしても紹介サイトページ先にリンクされるだけで特別なボタン等ではございませんでした。新しいSERPsの方がURL付近の天地の余白が広いため、全体的にページも若干長くなっています。

私の個人的印象なのかもしれませんが、新しいSERPsの方は、まずURLが目に飛び込んできますよね。ということは…URLに関連性があった方がユーザーのクリック率は高くなるのではないでしょうか。以前「画像ファイル名も重要」でもご紹介しましたが、こういったケースでも効果を発揮することになるかもしれません。また、同じくSERPsからのクリック率向上のために、パンくずリストの構造化データマークアップも重要になってきそうです。

今回のSERPs変更はテスト要素が強く感じていますが、本格的に移行されることも考えて、今のうちにちょっとだけ意識しておくと良いと思います。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。