スタイリッシュなモバイル検索結果画面

以前よりちょくちょく目にしていたのですが、どうしても気になったのでここで軽くご紹介しておきます。スマホでのGoogle検索結果画面が変わっています。

速くなったのか?

ふわふわ

検索結果画面のデザイン変更

私の場合、Safariでのスマホ検索結果画面でプライベートブラウズモードで何回か確認しました。以前からGoogleはちょいちょいSERPsをテストしているので、今さら触れる必要もないのですが、今回のテストSERPsデザインが個人的に好みでしたので、我慢できずご紹介に至っています(笑)。

ちょっと長い画面で恐縮ですが、従来のSERPsとの違いをページ全体で比較してみました。

モバイル検索結果画面比較

ふわふわ

変更点

従来のSERPsとの違いは以下の通りです。

  • タイトル→URL→説明文の順がURL→タイトル→説明文の順に
  • URLのフォントカラーが黒に
  • タイトルのフォントカラーが薄い青に
  • 説明文のフォントカラーが薄い黒に
  • カード型スニペットの枠が角から角丸に
  • 背景色がグレーから薄いグレーに
  • スニペット毎の右上にGoogleカラーの4つの●

ちなみにスニペット毎の右上にGoogleカラーの4つの●はタップしても紹介サイトページ先にリンクされるだけで特別なボタン等ではございませんでした。新しいSERPsの方がURL付近の天地の余白が広いため、全体的にページも若干長くなっています。

私の個人的印象なのかもしれませんが、新しいSERPsの方は、まずURLが目に飛び込んできますよね。ということは…URLに関連性があった方がユーザーのクリック率は高くなるのではないでしょうか。以前「画像ファイル名も重要」でもご紹介しましたが、こういったケースでも効果を発揮することになるかもしれません。また、同じくSERPsからのクリック率向上のために、パンくずリストの構造化データマークアップも重要になってきそうです。

今回のSERPs変更はテスト要素が強く感じていますが、本格的に移行されることも考えて、今のうちにちょっとだけ意識しておくと良いと思います。


関連記事
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。