MFIはインデックスの話です

モバイルファーストインデックス(以下:MFI)について、もう何度も触れてきましたが、いよいよ導入が近くなってきましたので再度おさらいしておきたいと思います。MFIはランキングアルゴリズムではなく、インデックスに過ぎないということをもう一度理解しておきましょう。

MFI問題

ふわふわ

MFIはインデックスがファーストである

結構よく言われるのが「ランキングアルゴリズムもモバイルになる」と勘違いされること。それならMAF(Mobile Algorithm First)ですよね…。でも正直、この辺の境界線もあやふやで線引きが明確になりづらいのですが、原則的にランキングを決定づけるアルゴリズムはデスクトップ(PC)ファイルが優先的です。

つまりMFIとは、GoogleはPCページを見て、様々なアルゴリズムから各サイトページをランキング付けし、その結果、紐づくモバイルページを第一にインデックスする(読み込む)ようになるわけです。このモバイルページを第一にインデックスするにしても、そこにはモバイルユーザビリティやスピードアップデート(7月に導入される「モバイルでの表示速度が遅すぎるとランキングが下がるアルゴリズム」)が加味されるという仕組みです。

じゃあ、なんで「ALTを入れろ」とか「構造化データをマークアップしろ」とか「PCページと対にしろ」とか言われるのか。だって、PCで決定したランキングがモバイルページでは全く違う内容だったら、(Googleからすれば、大きな市場であるモバイルユーザーのために良かれと思って行った)MFIがマイナス効果になってしまいますからね。そりゃあ、RWD含めGoogleはモバイルページはPCと同じ内容にしてと推奨するはずです。

また、そもそもGoogleはPCページではアコーディオンやタブ等、クリックしなければ見えないコンテンツはGooglebotが見ないからやめてくれと言っています。でも、モバイルではアコーディオンやタブ等、タップしなければ見れないコンテンツがあっても大丈夫だと言っています。なぜなら、ランキングを決定するアルゴリズムは基本的にPCページのほうを見ているわけですから。

従来のインデックス

↓

モバイルファートインデックス

ずっとSEOをやっているとMFIという言葉ばかりが先歩きしちゃって、そもそもランキングアルゴリズムまでも勘違いしちゃったりするので、気を付けてください。私もたまに混乱します(笑)。

ふわふわ

4月下旬頃から?

さて、そのMFIですが今春本格導入と考えると、4月下旬~5月頭くらいに一斉に移行されていくイメージでしょうか。実際にMFI移行されるサイト運営者にはGoogle Search Consoleにて通知が来るとのことですが、「されました」という通知なのか「されますよ」という通知なのか「されますけど、承認しますか?」という通知なのか、まだよく分かりません。ただ、前述のようにただのインデックス移行だということからも、順位変動は激しく起こったりしないでしょう。

ふわふわ

インデックスに過ぎないと言っても…

さて、MFIはインデックスに過ぎないということはこれでご理解いただけたかと思います。しかし、モバイル市場とインターネット利用の成長具合を考えると、今後ランキングアルゴリズムのモバイルファースト化も考えられます。少なくとも、スピードアップデートのように、モバイル専用のアルゴリズムが今後増えてくることは安易に想像できます。

また、これは飽くまでも私の個人的意見ですが、Googleは検索結果のクリック率を見てどんな種類の検索結果を出すべきかは検証しているはずです。なので、今は大丈夫でも、今後モバイルページの最適化やUI分析、セッション改善等は行っていくべきでしょう。少なくともモバイルユーザーに対しては大事ですから。


関連記事

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。