MFI導入は遅れても…

昨年10月から広がったMFIの導入話に関して、2017年春とか夏とか色々言われてきましたが、どうやら来年以降になるようです。随分先です。それでも準備をしていく上での心構えをちょこちょこっと書いておきます。

モバイルファーストインデックスの話

ふわふわ

MFIは遅れるの?

そもそも進捗の雲行きは怪しかったのですが、確実に2018年以降のMFIになりそうです。

GoogleウェブマスタートレンドアナリストのGary Illyes氏は2017年6月13日、モバイルファーストインデックス(Mobile First Index, 以下 MFI)の導入は早くても2018年以降との見解を示した。米国シアトルで開催中の検索マーケティングのカンファレンス・SMX Advancedのセッションで答えた。

引用)SEMリサーチ

理由としては、どうやら現在のランキングを維持しながらスムーズに移管することが難しいようです。

MFIの導入にあたっては、クオリティ・ニュートラル(Quality Neutral)をGoogleは目指しています。

引用)海外SEO情報ブログ

ところが、インデックス対象が切り替わることによって発生するさまざまな要因によって、検索結果の品質を維持することが難しいようなのです。

引用)海外SEO情報ブログ

  • モバイルページに張られているリンクはPCページに張られているリンクよりもずっと少ない――重要なランキング要因であるPageRankの算出に大きな影響
  • モバイル対応していないサイトが依然として多く存在する――モバイルページがなければPCページをインデックスするけれど、評価が変わってしまうことも
  • (Googleがサポートする)モバイル構成に適切に設定できていないサイトがある――アノテーションの不備
  • コンテンツや構造化データをモバイル向けページで省略している――PCとモバイルとで差が生じる

引用)海外SEO情報ブログ

なるほど。想像通りの「ここどうするの?」というMFIの障害が顕在化している印象ですね。こういった不確定要素も踏まえた上でバランス良くランキングシグナル化するためには、様々な計算や暗号が必要になりそうですので、遅れてしまうのは最もだと思います。

ふわふわ

ではMFI準備は不必要か

この話を知ると「なぁんだ、来年ならまだやらなくても良いや」と考える人が多いと思いますが、実はそんなことは無いんです。

そもそもGoogleのMFI導入に至った経緯としては「PC検索ユーザーよりもモバイル検索ユーザーが増えたから」ということが理由としてあります。つまり、サイト運用者が今PCでセッション改善したり表示速度改善したり、コンテンツ設計改善していても、対象者は半分以下であるということです。

半分以上の対象者のことを考えるならモバイルでセッション改善したり表示速度改善したり、コンテンツ設計改善すべきですよね。

そして、この話をすると「うちはレスポンシブ対応だから大丈夫」という返答をする人もいますが、それも少し違います。たとえレスポンシブであってもPCとモバイルでUIは変わりますので、そのUIの中でのセッションも見直すべきです。さらには、UIに伴ってコンテンツの見せ方や順序も変わるはずですので、コンテンツ設計も見直さなければなりません。また、レスポンシブであっても表示速度はPCとモバイルで変わりますので、それぞれを加味して圧縮や最適化を行う必要もあります。

MFIが先送りになったからと言ってモバイル改善策を先送りしてはいけません。ユーザー体験上の最適化は(そもそもSEOとか以前に)追及し続けていきましょう。


関連記事
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)
先日、強調スニペット化したサイトページの所在についてご紹介しましたが、まだまだこれが結構厄介な状態になっています。本来、強調スニペット化することでサイトページイメージの向上や通常スニペット部分のクリック率の向上、GoogleにとってもGoogleアシスタント機能への好転(強調スニペット部分を音声で回 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。