• 米国のiPhoneで非接触決済ビジネス

米国のiPhoneで非接触決済ビジネス

米Apple社では、iPhoneを非接触型決済端末にできる新機能「Tap to Pay」を導入することを米国現地時間2月8日に発表しました。スマートデバイスを使って非接触決済は出来ますが、受け付ける側として機能するようになるのは凄いですね。要は、極端な話、フリマとかでも財布要らずで個人間取引できるということですね。というわけで、Appleの公式発表記事を和訳してご紹介します。

どういう内容?

まずは、以下のAppleが発表した和訳文をご覧ください。

Apple、iPhoneのTap to Payで非接触型決済の利用促進

2022年後半よりアメリカの加盟店で、iPhoneとパートナー企業として対応するiOSアプリを使用するだけで、Apple Payやその他の非接触型決済を受け入れることができるようになる予定です。

Tap to Pay on iPhoneによりiPhoneをかざすだけで、Apple Pay、非接触型クレジットカードやデビットカード、その他のデジタルウォレットをシームレスかつ安全に利用できるようになります。

カリフォルニア州クパチーノより:Appleは本日、Tap to Pay on iPhoneを導入する計画を発表しました。この新しい機能により、小規模な事業者から大規模小売店まで、全米の何百万もの加盟店が、追加のハードウェアや決済端末等を一切使うことなく、iPhoneをかざすだけでApple Pay、非接触型クレジットカード、デビットカード、その他のデジタルウォレットをシームレスかつ安全に利用できるようになります。Tap to Pay on iPhoneでは、決済プラットフォームやアプリ開発者が各自のiOSアプリと統合し、決済オプションとして顧客企業に提供できるようになります。Stripe社は、今春、ShopifyのPOSアプリを含む、自社の顧客企業にTap to Pay on iPhoneを提供する最初の決済プラットフォームとなる予定です。また、その他の決済プラットフォームやアプリケーションについても、今年後半に順次対応していく予定です。

AppleのApple PayおよびApple Wallet担当副社長のジェニファー・ベイリー氏によれば「より多くの消費者がデジタルウォレットやクレジットカードで支払いを行なう中、Tap to Pay on iPhoneは、企業に対し、安全性やプライバシー保護はもちろんのこと、簡単な方法で非接触決済を受け入れ、iPhoneが持つ優位性、セキュリティ性、そして利便性を活かした新しい決済体験を可能にします。」とのことです。また、ジェニファー・ベイリー氏は今回の発表に際し「決済プラットフォーム、アプリケーション開発者、決済ネットワークとの連携により、個人事業主から大規模小売店まで、あらゆる規模の企業が非接触型決済をシームレスに受け入れ、ビジネスを成長させ続けることをこれまで以上に容易にしていきます。」とコメントしています。

Tap to Pay on iPhoneが利用可能になると、加盟店はiPhone XS以降の端末で対応するiOSアプリを通じて、非接触型決済の受け入れを解除することができるようになる予定です。加盟店は会計の際に、Apple Pay、非接触型クレジットカードやデビットカード、その他のデジタルウォレットで支払うために、iPhoneまたはApple Watchを加盟店のiPhoneに近づけるよう依頼すれば、NFC技術を使って安全に支払いが完了します。iPhoneのTap to Payによる非接触型決済を受け入れるために追加のハードウェアは一切必要ないため、事業者は場所を問わず決済を受け入れることができます。Apple Payはすでにアメリカの90%以上の小売店で利用されており、今回の機能追加により、ビジネス規模の大小にかかわらず、ほぼすべての企業が会計時にiPhoneでTap to Payを利用できるようになります。Tap to Pay on iPhoneは、今年後半にアメリカ国内のApple Storeでも展開予定です。

プライバシー保護は、すべてのApple決済機能の設計・開発における基本中の基本です。Tap to Pay on iPhoneでは、お客様の決済データはApple Payと同じ技術で保護され、プライバシーと安全性を確保しています。Tap to Pay on iPhoneを利用したすべての取引は、セキュアエレメントを使って暗号化され処理されます。そのため、Apple Payと同様にApple側で誰が何を購入したか分かることはありません。

Tap to Pay on iPhoneによる非接触型決済を受け入れるために追加のハードウェアは必要ないため、企業はどこでビジネスを行なっていても決済を受け入れることができます。
 
Appleは、決済およびコマース業界における主要な決済プラットフォームやアプリケーション開発者と緊密に連携し、アメリカ国内の数百万の加盟店に対してTap to Pay on iPhoneを提供していきます。Tap to Pay on iPhoneは、決済プラットフォームやアプリケーション開発者が持つ、加盟店のビジネス運営と成長を支援する強固な決済/商取引ツール群を補完し、より強化にしていくものです。Tap to Pay on iPhoneは、American Express、Discover、Mastercard、Visaなどの主要な決済ネットワークの非接触型クレジットカードおよびデビットカードに対応しています。

Stripe社の最高事業責任者であるビリー・アルバラード氏は次のように述べています。「ネットファーストの小売業者の販売員であれ、個人事業主であれ、ポケットにあるiPhoneという端末で、すぐに非接触型決済を利用できるようになります。Tap to Pay on iPhoneにより、Stripeを利用する何百万もの企業は、顧客に迅速かつ安全な決済方法を提供することで、対面での商取引体験をさらに向上させることができるでしょう。」

Tap to Pay on iPhoneに関しては、近く公開予定のiOSソフトウェアのベータ版として、参加する決済プラットフォームとそのアプリケーション開発パートナーがソフトウェア開発キット(SDKs)と合わせて利用できるようにする予定です。

引用)Apple Newsroom

 
要は、決済処理アプリサービスにTap to Pay on iPhoneを導入することで、その決済処理アプリサービスを利用する会社(または個人)はiPhoneひとつで非接触決済システムを使うことができるということですね。Tap to Pay on iPhoneはB2B2Cサービスということになります。

Tap to Payの提供が始まれば、事業者は対応するiOSアプリを通じて非接触型決済を利用できるようになる。会計時に、顧客にiPhoneまたはApple Watchを事業者のiPhoneに近づけてもらうと、NFC技術を使用して支払いが安全に完了する。非接触型決済を受け入れるために追加のハードウェアは必要ない。Appleはまた、iPhoneでのTap to Payでは顧客の決済データは保護され、この機能を通じて行われる取引はすべて暗号化されるとしている。

引用)TechCrunch Japan

日本への導入は未定

2022年中に米国の様々なアプリケーション開発者に向けてサービス提供が開始される感じですので、日本での正式な利用は未定ですが、でもShopifyやそれを使うStripeに関しても日本で利用できるので、今回の機能も日本で使おうと思えば使えそうな気がしますが…日本円対応の有無等も含め、もう少し情報が無いと今の時点では何とも言えない感じですね。

特に日本はiPhoneユーザー比率が非常に高いので、これが使えるようになったら、あちこちで個人間取引が活性化しそうです。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事