六次の隔たり

既に様々なバラエティ番組で検証されていますが、SNSの根本原理であり、GREEの社名由来にもなった(英訳は:six degrees of separation)六次の隔たりについて、一応私のブログでも簡単にご説明させていただきます。

友だち?

ふわふわ

六次の隔たりとは

イェール大学の心理学者スタンレー・ミルグラム教授の実験によって広く広まっていったもので、1人あたりが44人の友達を持っているとしたら、6人辿っていくことで、世界中の人々と繋がることが出来る…つまり446=約72億5,630万人(≒世界の人口)という計算に基づくものです。日本でしたら236=約1億4,800万人(≒日本の人口)になりますよね(参考:Wikipedia)。

六次の隔たり

ふわふわ

SNSの基本概念

そもそもSNSの開発意図としては、基本概念としてこの六次の隔たりを活かして「世界中と繋がろう」というのがはじまりであり、日本では2004年に登場したGREEが先駆けでした(すぐに後発のmixiが盛んとなり、市場のマジョリティを占めましたが)。

ですので私の解釈(持論)としまして、SNSとコミュニティの違いについては、以下に合わせて使い分けています。

  • 目的や特性に関わらず世界中の人と(繋がろうと思えば)繋がれるユーザー間のコミュニケーションサービス⇒SNS
  • 目的や特性に合わせて限られたユーザー間のコミュニケーションサービス⇒コミュニティ

 
どうでしょう?
たまに「SNSとコミュニティの違いは何ですか?」というご質問をいただいたりしますので、私独自の定義付けをしてみました(笑)。

まぁ…今回はあまり有用な話でもなく非常に恐縮ですが、何かの話のネタ程度にどうぞ(笑)。


関連記事

訴求方法における他社参考のしかた

自分のWebサイトページにおける訴求方法を考える時、無作為に他社のWebサイトやランディングページを見て、見た後にそこから何かを得ようとする人がいます。でも、無作為に他人のWebサイトページを見ているだけでは、あまり気付きも参考要素も得られません。そこでここでは他社のWebサイトページを見る時の心構 ...(続きを読む)

NAVERまとめが終了

2014年に一世を風靡した(...私の中で)あのNAVERまとめがついに終了するそうです。残念とか悲しいとかではなく、なんとなく感傷的な気分になりましたのでご紹介しておきます。あの1件以来まるで目立たなくなってしまいましたが...それでも私はユーザーとして普通に見ていたんですけどね...。 終了の通 ...(続きを読む)

ネット広告費がTVCM費超え

昔はマスメディアのことをAbove The Lineと呼び、インターネット周りをBelow The Lineと呼んでいた時代もありましたが...ついに2019年の日本の広告費の中でテレビCMをインターネット広告が上回ったようです。電通の「2019年 日本の広告費」により明らかになりました。マス系広告 ...(続きを読む)

サクラチェッカーを使ってみよう

Amazonのレビューが海外中心に荒れていることは皆さん結構ご存知の状況かと思います。競合他社による嫌がらせレビュー(わざと悪くコメントする)や自作自演(わざと良くコメントする)等、この専用事業者もいるほど横行しており、かなり問題視されている事象です。そこで今回は、既に有名なツールかと思いますが「サ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。