六次の隔たり

既に様々なバラエティ番組で検証されていますが、SNSの根本原理であり、GREEの社名由来にもなった(英訳は:six degrees of separation)六次の隔たりについて、一応私のブログでも簡単にご説明させていただきます。

友だち?

ふわふわ

六次の隔たりとは

イェール大学の心理学者スタンレー・ミルグラム教授の実験によって広く広まっていったもので、1人あたりが44人の友達を持っているとしたら、6人辿っていくことで、世界中の人々と繋がることが出来る…つまり446=約72億5,630万人(≒世界の人口)という計算に基づくものです。日本でしたら236=約1億4,800万人(≒日本の人口)になりますよね(参考:Wikipedia)。

六次の隔たり

ふわふわ

SNSの基本概念

そもそもSNSの開発意図としては、基本概念としてこの六次の隔たりを活かして「世界中と繋がろう」というのがはじまりであり、日本では2004年に登場したGREEが先駆けでした(すぐに後発のmixiが盛んとなり、市場のマジョリティを占めましたが)。

ですので私の解釈(持論)としまして、SNSとコミュニティの違いについては、以下に合わせて使い分けています。

  • 目的や特性に関わらず世界中の人と(繋がろうと思えば)繋がれるユーザー間のコミュニケーションサービス⇒SNS
  • 目的や特性に合わせて限られたユーザー間のコミュニケーションサービス⇒コミュニティ

 
どうでしょう?
たまに「SNSとコミュニティの違いは何ですか?」というご質問をいただいたりしますので、私独自の定義付けをしてみました(笑)。

まぁ…今回はあまり有用な話でもなく非常に恐縮ですが、何かの話のネタ程度にどうぞ(笑)。


関連記事

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。 フィッシングメール例 年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。 三 ...(続きを読む)

有益情報を発信するツイート紹介

最近、色々なサービス展開上、Webページデザインの勉強をしている私です。とはいえ技術的なコーディングやプログラミングではなく、市場参入視点やユーザーへのコンバージョンやエンゲージメント視点での勉強です。これに関しても終わりがなく、且つ伝えたい内容によってUIデザインは変化するので、常にインプットが必 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。