Chromeでセキュリティ強化中

GoogleがChromeでのHTTP接続セキュリティ強化に取り組んでいることをGoogleウェブマスター向け公式ブログで紹介していましたので、ここでも紹介しておきます。

安全

ふわふわ

SSL化の推進

とにかくGoogleはHTTPS化を推進していましたし、HTTPSページを優先的にインデックスしています。これからもどんどんSSL化の波を強化している中で、Yahoo!検索もSSL化したり、WordPressがSSL化したりと、あちこちでセキュリティ強化が遂行されてきました。私の周りでも法人サイトでHTTPS化していないサイトを見ないくらいです。もうかなり浸透しきっているのではないでしょうか。

そしてGoogle Chromeは今年の1月、クレジットカード情報入力ページやパスワード入力ページ(ログインページ等)がHTTPであった場合、URL表示バー部分に「Not Secure」と表示するようになりました。それから9ヶ月後、さらに「Not Secure」の表示範疇を広げていくとのことです。

Chromeでは現在、パスワードフィールドまたはクレジットカードフィールドがあるHTTPページを「Not secure」とマークしています。2017年10月からは、新たに2つの状況(ユーザーがHTTPページにデータを入力した場合と、HTTPページにシークレットモードでアクセスした場合)において「Not secure」の警告が表示されるようになります。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

ふわふわ

新たに加わった仕様とこれから

前項でご紹介した2つの状況を整理します。

  • HTTPページにデータを入力した時に「Not Secure」と表示
  • シークレットモードでアクセスした全てのHTTPページに「Not Secure」と表示

分かりにくいかと思いますので、従来の「Not Secure」表示と今後の「Not Secure」を表にしてみました。

クロームのnot secure対象表

さらにGoogleではChromeのセキュリティ表示に関してはどんどん強化する予定です。

最終的には、シークレットモードではないときも、すべてのHTTPページに対して「Not secure」警告を表示する予定です。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

将来的には、すべてのHTTPページを安全でないと明示し、HTTPセキュリティインジケーターを、破損したHTTPSに対して表示されるものと同じ赤い三角形に変更する予定です。
Not secure表示例

引用)Google Developers Japan

法人サイトにおいてはHTTPで運用するようなサイトページはもうほとんど無いとは思いますが、今後HTTPはどんどん肩身の狭い思いをしますので、セキュリティ体制を万全にしていきましょう。

たとえ閲覧者が少ないサイトページであろうとも、“不特定多数に発行するメディア”という認識で考えれば、SSL化は当然の話だと思います。


関連記事

ARで絶滅危惧種の警鐘

Googleの検索で行う3D表示というAR機能を使って、スウェーデンの絶滅危惧種の保護について啓蒙している件について、GoogleがThe Keywordで案内していました。これもSDGsの一環だろうと思い、またこういうサービス機能もGoogleならではの素敵な試みかなと思いご紹介させていただきます ...(続きを読む)

Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて...米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によ ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。