Chromeでセキュリティ強化中

GoogleがChromeでのHTTP接続セキュリティ強化に取り組んでいることをGoogleウェブマスター向け公式ブログで紹介していましたので、ここでも紹介しておきます。

安全

ふわふわ

SSL化の推進

とにかくGoogleはHTTPS化を推進していましたし、HTTPSページを優先的にインデックスしています。これからもどんどんSSL化の波を強化している中で、Yahoo!検索もSSL化したり、WordPressがSSL化したりと、あちこちでセキュリティ強化が遂行されてきました。私の周りでも法人サイトでHTTPS化していないサイトを見ないくらいです。もうかなり浸透しきっているのではないでしょうか。

そしてGoogle Chromeは今年の1月、クレジットカード情報入力ページやパスワード入力ページ(ログインページ等)がHTTPであった場合、URL表示バー部分に「Not Secure」と表示するようになりました。それから9ヶ月後、さらに「Not Secure」の表示範疇を広げていくとのことです。

Chromeでは現在、パスワードフィールドまたはクレジットカードフィールドがあるHTTPページを「Not secure」とマークしています。2017年10月からは、新たに2つの状況(ユーザーがHTTPページにデータを入力した場合と、HTTPページにシークレットモードでアクセスした場合)において「Not secure」の警告が表示されるようになります。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

ふわふわ

新たに加わった仕様とこれから

前項でご紹介した2つの状況を整理します。

  • HTTPページにデータを入力した時に「Not Secure」と表示
  • シークレットモードでアクセスした全てのHTTPページに「Not Secure」と表示

分かりにくいかと思いますので、従来の「Not Secure」表示と今後の「Not Secure」を表にしてみました。

クロームのnot secure対象表

さらにGoogleではChromeのセキュリティ表示に関してはどんどん強化する予定です。

最終的には、シークレットモードではないときも、すべてのHTTPページに対して「Not secure」警告を表示する予定です。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

将来的には、すべてのHTTPページを安全でないと明示し、HTTPセキュリティインジケーターを、破損したHTTPSに対して表示されるものと同じ赤い三角形に変更する予定です。
Not secure表示例

引用)Google Developers Japan

法人サイトにおいてはHTTPで運用するようなサイトページはもうほとんど無いとは思いますが、今後HTTPはどんどん肩身の狭い思いをしますので、セキュリティ体制を万全にしていきましょう。

たとえ閲覧者が少ないサイトページであろうとも、“不特定多数に発行するメディア”という認識で考えれば、SSL化は当然の話だと思います。


関連記事
Googleカレンダーに変な広告が入り込むというスパムが起こっています。Googleも認め、現在修正しているようですが、皆様も大手企業だからと言って安心せず、スパムに対して見る目を養っていきましょう。 Googleカレンダーのスパム Gmailで送られたきた内容が自動的にGoogleカレンダーに登録 ...(続きを読む)
私にとっては、地図だけでなく距離やルート等を知るためにもよく利用しているGoogleマップ。今回はそのGoogleマップの仕様において、一部機能追加するそうです。 経路の選択肢が増える Googleマップで特定の場所に行きたい時、その地点までの経路を調べることができます。経路までの交通手段には、車、 ...(続きを読む)
Amazonプライムが今日から値上げするようです。年額プランの場合は3,900円から1,000円上がって4,900円に、月額プランは400円から100円上がって500円となります。予告無しでいきなりの値上げに個人的には動揺してしまいました。 どういうこと? Amazonプライムといえば、プライム会員 ...(続きを読む)
Googleで2018年の検索ランキングとInstagramの2018年MVIランキングが発表されていましたので、息抜きとしてご紹介したいと思います。 Google検索ランキング 2018年1月から12月1日までのGoogle日本での検索集計の結果です。急上昇キーワードランキングでは、1位は「ワール ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。