Chromeでセキュリティ強化中

GoogleがChromeでのHTTP接続セキュリティ強化に取り組んでいることをGoogleウェブマスター向け公式ブログで紹介していましたので、ここでも紹介しておきます。

安全

ふわふわ

SSL化の推進

とにかくGoogleはHTTPS化を推進していましたし、HTTPSページを優先的にインデックスしています。これからもどんどんSSL化の波を強化している中で、Yahoo!検索もSSL化したり、WordPressがSSL化したりと、あちこちでセキュリティ強化が遂行されてきました。私の周りでも法人サイトでHTTPS化していないサイトを見ないくらいです。もうかなり浸透しきっているのではないでしょうか。

そしてGoogle Chromeは今年の1月、クレジットカード情報入力ページやパスワード入力ページ(ログインページ等)がHTTPであった場合、URL表示バー部分に「Not Secure」と表示するようになりました。それから9ヶ月後、さらに「Not Secure」の表示範疇を広げていくとのことです。

Chromeでは現在、パスワードフィールドまたはクレジットカードフィールドがあるHTTPページを「Not secure」とマークしています。2017年10月からは、新たに2つの状況(ユーザーがHTTPページにデータを入力した場合と、HTTPページにシークレットモードでアクセスした場合)において「Not secure」の警告が表示されるようになります。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

ふわふわ

新たに加わった仕様とこれから

前項でご紹介した2つの状況を整理します。

  • HTTPページにデータを入力した時に「Not Secure」と表示
  • シークレットモードでアクセスした全てのHTTPページに「Not Secure」と表示

分かりにくいかと思いますので、従来の「Not Secure」表示と今後の「Not Secure」を表にしてみました。

クロームのnot secure対象表

さらにGoogleではChromeのセキュリティ表示に関してはどんどん強化する予定です。

最終的には、シークレットモードではないときも、すべてのHTTPページに対して「Not secure」警告を表示する予定です。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

将来的には、すべてのHTTPページを安全でないと明示し、HTTPセキュリティインジケーターを、破損したHTTPSに対して表示されるものと同じ赤い三角形に変更する予定です。
Not secure表示例

引用)Google Developers Japan

法人サイトにおいてはHTTPで運用するようなサイトページはもうほとんど無いとは思いますが、今後HTTPはどんどん肩身の狭い思いをしますので、セキュリティ体制を万全にしていきましょう。

たとえ閲覧者が少ないサイトページであろうとも、“不特定多数に発行するメディア”という認識で考えれば、SSL化は当然の話だと思います。


関連記事
Amazonのレビューが海外中心に荒れていることは皆さん結構ご存知の状況かと思います。競合他社による嫌がらせレビュー(わざと悪くコメントする)や自作自演(わざと良くコメントする)等、この専用事業者もいるほど横行しており、かなり問題視されている事象です。そこで今回は、既に有名なツールかと思いますが「サ ...(続きを読む)
私は頻繁にYahoo!メールを活用しているのですが、そのYahoo!メールにおいて、先日Yahoo! JAPAN側から「ブランドアイコン表示企業が増えました」という発表がございましたので、ご紹介したいと思います。 どんな内容? Yahoo!メールに届く送信元表示部分にファビコンのようなアイコンを付け ...(続きを読む)
今年の春頃からテスト的に各キャリア(docomoとかsoftbankとか)が5G対応を進めていくようで、問題がなければ少なくとも年内にはすっかり5G化しているかと思います。5Gになることで、よりシームレスなコミュニケーションが実現できますし、未来的な話は既にこのブログでもご紹介させていただいています ...(続きを読む)
先日より「アナと雪の女王2」から端を発したウォルト・ディズニーのステマが話題になっていますが、世の中にあるアフィリエイトサイトはどうなんだろうって話です。いい加減な情報で検索上位にあるアフィリエイトサイトのようなものは今年だいぶ激減しましたが、今後アフィリエイトサイトはどうあるべきか、個人的見解をふ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。