G Suiteがセキュリティ強化

1週間ほど前にGoogle Cloud Japan公式ブログでG Suiteの新たなセキュリティ管理機能を拡充したと発表されました。企業のビジネスにおけるインフラをクラウドで管理するG Suite。これによってより安全な働き方になると良いですね。

G Suite

ふわふわ

G Suiteのセキュリティ強化とは

G Suiteのエンタープライズにおける管理で様々な監視体制が拡充されました。

G Suiteは本日、お客様をはじめCTOや規制当局が必要とする高度な管理機能(下記)を備えた、G Suite Enterpriseエディションの提供を開始します。

  • セキュリティ キーの強制によるエンタープライズ品質のアクセス制御
  • Google ドライブおよびGmailのデータ損失防止(DLP)機能、GmailのS/MIME暗号化によるメールセキュリティの強化
  • BigQueryとGmailの連携による、より高度な分析と洞察

引用)Google Cloud Japan公式ブログ

実際には、(G Suiteを導入したユーザーの中でも)管理者権限のあるユーザーがより実感できるのではないでしょうか。

G Suite

簡単にご紹介しますと、以下5つの機能が充実しました。

  • G Suiteの管理者は、アカウント作成したユーザーに加えて、セキュリティキーを付与したユーザーのみのアクセス展開を管理することができ、さらにその使用状況も確認できる。
  • Gmailにあったデータ損失防止機能(DLP)をGoogle ドライブでもできる。
  • G Suiteの管理者は、アカウント作成したユーザーのGmailの電子署名付きメール(S/MIME)化の強制ができる。
  • G Suiteの管理者は、アカウント作成したユーザーのGmailログ分析ができる。
  • Gmailのアーカイブ(過去の送受信内容)を管理するサードパーティ制ツールと簡単に統合できる。

管理者側からすれば、フィッシングやなりすまし、盗み見の防止や発見に繋がりますので便利ですし、毎日のようにチェックしなくとも、事後確認等でも有用な機能であると思います。

G Suiteのセキュリティ

Gmailのログ分析

G Suiteのアプリ使用状況

様々なデータ流出が取り沙汰される昨今、クラウド管理に対する妙な不安感等に対しても、こういう細かな取り組みが少しずつ安心感を醸成していくのかもしれませんね。零細企業や中小企業にとってはますますG Suiteは使いやすくなるのではないでしょうか。G Suiteに限った話ではありませんが、私個人的には、グローバルではなく日本ならではの説明書きがもう少し欲しいところではございます(笑)。


関連記事

Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて...米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によ ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。