Google Trendsでオリンピック関心度を知る

GoogleがGoogle Trendsで2016年リオオリンピックの話題の検索キーワードを公開しています。世界規模でどういう内容が検索されているか分かりますし、ちょっとポップな感じで案内されていますので、ここでもご紹介したいと思います。

Google Olympic Trends Hub

ふわふわ

Google公式ブログより

This year’s Olympics in Rio brings together 10,500 athletes from 200+ countries to participate in 306 events, from archery to wrestling. To help you get even more out of the Games, we’ve created a Google Trends Olympic Hub where you can find fun facts, data insights, feature pages on sports and athletes, and more.

<意訳>
今年のリオオリンピックは、アーチェリーからレスリングまで、306種目の競技に参加すべく、200ヶ国以上10,500人ものアスリートが集まっています。そこで、参加者以外の一般人がさらに楽しめるように、面白い事柄やデータ分析、各競技の特徴等をまとめたGoogle Trends Olympic Hubをつくりました。

引用)Official Google Blog

 

ふわふわ

Google Olympics Trends Hubとは

Throughout the next few weeks, Google Trends will give you a unique view into the games with a new Trends Hub just for the Olympics. There, you’ll be able to see which athletes, events and moments are captivating audiences—and searches—worldwide. For example, which country is searching for beach volleyball the most? Landlocked Switzerland.

<意訳>
ここ数週間の間は、オリンピックのためだけのTrends Hubをゲーム感覚で楽しめます。そこでは、今どのアスリートや競技が注目されているか、世界規模の動向を(検索を通して)確認することができます。たとえば、ビーチ・バレーで最も検索されている国は(意外にも)陸地に囲まれたスイスだったり…。

引用)Official Google Blog

 

ふわふわ

めちゃめちゃ見づらい…

日本語対応しているとはいえ自動翻訳で直訳っぽいので、まるで分かりません(笑)。いやぁ…酷い(笑)。図を通してなんとなく理解はできるのですが、注目検索語句に至っては「競泳は?」的な検索を「水泳はスポーツ?」と訳されてしまっており、何が何だか…(笑)。

他の言語ではどうか分かりませんが、少なくとも日本では、やはり人の目を通して配信しないと難しいと思います…。

まぁ、このGoogle Olympics Trends Hubは、今回のオリンピックの結果や状況を知るツールというより、「オリンピックを観て関心を示したことは世界規模でどんな内容か」的なことを視覚的に知りたいと思う場合にのみ活用できるツールといえそうです。


関連記事

NAVERまとめが終了

2014年に一世を風靡した(...私の中で)あのNAVERまとめがついに終了するそうです。残念とか悲しいとかではなく、なんとなく感傷的な気分になりましたのでご紹介しておきます。あの1件以来まるで目立たなくなってしまいましたが...それでも私はユーザーとして普通に見ていたんですけどね...。 終了の通 ...(続きを読む)

ネット広告費がTVCM費超え

昔はマスメディアのことをAbove The Lineと呼び、インターネット周りをBelow The Lineと呼んでいた時代もありましたが...ついに2019年の日本の広告費の中でテレビCMをインターネット広告が上回ったようです。電通の「2019年 日本の広告費」により明らかになりました。マス系広告 ...(続きを読む)

サクラチェッカーを使ってみよう

Amazonのレビューが海外中心に荒れていることは皆さん結構ご存知の状況かと思います。競合他社による嫌がらせレビュー(わざと悪くコメントする)や自作自演(わざと良くコメントする)等、この専用事業者もいるほど横行しており、かなり問題視されている事象です。そこで今回は、既に有名なツールかと思いますが「サ ...(続きを読む)

Y!メールのブランドアイコン

私は頻繁にYahoo!メールを活用しているのですが、そのYahoo!メールにおいて、先日Yahoo! JAPAN側から「ブランドアイコン表示企業が増えました」という発表がございましたので、ご紹介したいと思います。 どんな内容? Yahoo!メールに届く送信元表示部分にファビコンのようなアイコンを付け ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。