Google Trendsでオリンピック関心度を知る

GoogleがGoogle Trendsで2016年リオオリンピックの話題の検索キーワードを公開しています。世界規模でどういう内容が検索されているか分かりますし、ちょっとポップな感じで案内されていますので、ここでもご紹介したいと思います。

Google Olympic Trends Hub

ふわふわ

Google公式ブログより

This year’s Olympics in Rio brings together 10,500 athletes from 200+ countries to participate in 306 events, from archery to wrestling. To help you get even more out of the Games, we’ve created a Google Trends Olympic Hub where you can find fun facts, data insights, feature pages on sports and athletes, and more.

<意訳>
今年のリオオリンピックは、アーチェリーからレスリングまで、306種目の競技に参加すべく、200ヶ国以上10,500人ものアスリートが集まっています。そこで、参加者以外の一般人がさらに楽しめるように、面白い事柄やデータ分析、各競技の特徴等をまとめたGoogle Trends Olympic Hubをつくりました。

引用)Official Google Blog

 

ふわふわ

Google Olympics Trends Hubとは

Throughout the next few weeks, Google Trends will give you a unique view into the games with a new Trends Hub just for the Olympics. There, you’ll be able to see which athletes, events and moments are captivating audiences—and searches—worldwide. For example, which country is searching for beach volleyball the most? Landlocked Switzerland.

<意訳>
ここ数週間の間は、オリンピックのためだけのTrends Hubをゲーム感覚で楽しめます。そこでは、今どのアスリートや競技が注目されているか、世界規模の動向を(検索を通して)確認することができます。たとえば、ビーチ・バレーで最も検索されている国は(意外にも)陸地に囲まれたスイスだったり…。

引用)Official Google Blog

 

ふわふわ

めちゃめちゃ見づらい…

日本語対応しているとはいえ自動翻訳で直訳っぽいので、まるで分かりません(笑)。いやぁ…酷い(笑)。図を通してなんとなく理解はできるのですが、注目検索語句に至っては「競泳は?」的な検索を「水泳はスポーツ?」と訳されてしまっており、何が何だか…(笑)。

他の言語ではどうか分かりませんが、少なくとも日本では、やはり人の目を通して配信しないと難しいと思います…。

まぁ、このGoogle Olympics Trends Hubは、今回のオリンピックの結果や状況を知るツールというより、「オリンピックを観て関心を示したことは世界規模でどんな内容か」的なことを視覚的に知りたいと思う場合にのみ活用できるツールといえそうです。