有益情報を発信するツイート紹介

最近、色々なサービス展開上、Webページデザインの勉強をしている私です。とはいえ技術的なコーディングやプログラミングではなく、市場参入視点やユーザーへのコンバージョンやエンゲージメント視点での勉強です。これに関しても終わりがなく、且つ伝えたい内容によってUIデザインは変化するので、常にインプットが必要なのです。

Twitterが行く

ふわふわ

優秀なツイートをするアカウントを紹介

さて、そんな勉強をしている中、どうしても局所的に「こういうコンテンツのデザインはどう考えるのが良いのだろう」とか「ここの部分だけでも参考になるUIやデザインはないかなぁ」と行き詰ることがしばしばあります。

デザインの本を読んでいたり優れたデザインページを集めたWebサイトを見ていたりして大局的な考え方は分かっていても、いざデザインをアウトプットしようとした時に前述の本やWebサイトではフットワーク良く活用できないんですよね…。もっと言えば、本であれば根本の考え方や脳の動かし方は分かるし、優れたデザインページを集めたWebサイトであれば自分の引き出しを増やすことはできます。でも、いざとなると考え方だけでは消化できなかったり、どこの引き出しにどうしまっておいたかも出てこなかったりします。

そんな時、フットワーク良く参考にできるのがTwitterです。いざという場面に陥った時、私がいつも参考にするツイートをしてくれるアカウントをご紹介したいと思います。デザインというのは、何もクリエイティブなWebデザインだけではなく、マーケティングのデザインも出来なければ生み出すことはできません。ましてや人に発信するとなると、テキトーな思い付きではなかなかデザイン紹介をすることもできないでしょう。
今からご紹介するアカウント及びそのアカウントがフォローしているアカウントは非常に参考になりますので、勝手ながらご紹介したいと思います。

小林|Webクリエイター さん
この方のツイートを初めて見た時「これが無料かよ」と思うほどでした。もちろん個人アカウントですので、美味しそうな食事のツイートもございますが(笑)、部分的に使えるデザインのしかたをいくつかご紹介してくれたり、CSSでのコーディングのしかた(「こんなことをCSSで簡単にできるんだ」と思うような内容)まで紹介してくれています。私個人としては、「ナビゲーション」とか「フッター」とか「画像」とかの切り口でそれぞれデザインパターンを紹介するような書籍化してくれると本当に有難いなぁと思います。ツイートのURLを別でこっそりメモして個人的にまとめているくらい私には有益なツイートが多いです。

 

あき | designer さん
この方も有益なデザイン例を装飾的なデザイン中心にツイートしてくれています。前述の小林氏が構成要素が強いのに対して、細かな画像や文字デザイン等を中心にツイートしてくれているので具体的に参考にしたい人には非常に有益ではないでしょうか。写真の装飾扱いについてや参考となる本等もご紹介してくれていますし、パワーポイントで資料作成する際にも活用できる情報もあります。

 

さい|図解クリエイター さん
アカウント名通り、Webデザインというより図式化するデザインや思考回路、物事を整理して考える脳の使い方として、有益なツイートをご紹介してくれています。プレゼン向けのパワーポイント資料を作成する時に最適ですが、応用編としてこの辺の考え方はWebページ内におけるテキストの図解化等に活用できます。特にビジネス初心者には非常に有効ですし、中年層やベテランであっても色々な考え方をおさらいしてくれるツイートが盛りだくさんです。

 

猫森うむ子(猫)フリーランス15年×図解ブログ さん
この方もまた前述の方々とは違った切り口ですのでご紹介します。この方のツイートはコンテンツ作成のための概念や考え方、進め方を分かりやすく体系化してくれています。先ほども述べましたが、デザインというのはマーケティングのデザインを考えることから始めます。つまり、市場に対してどういうコミュニケーションの画を描くか、が大事です。そう考えた上で、ユーザーの共感や信頼、感動を得るためのヒントが詰まったツイートをしてくれています。日々の業務で忘れがちな基礎概念を取り戻すのは非常に有益です。

 

ハラヒロシ / ウルトラエル デザイナー さん
最後にこの方です。ツイート内容は中級者以上だったり、それこそデザイナー向けの内容に近いかな、と勝手に解釈しています。参考書の案内もしてくれていますし、基本を知った上で考え方の引き出しを増やすという意味では有益です。この方の発信する紹介ツイートから対象の本を読んだり、考え方を実践していくとデザインスキルがひと回りもふた回りも伸びるでしょう。

 

ふわふわ

こまめな情報チェックが課題解決や流行消化を助ける

本当にTwitterって便利ですよね。ついこの前まではお金がかかるような情報でも、今では無料で手に入れられたり、発信者に直接アプローチすることもできるようになったわけです。にも関わらず、日々の業務疲れで積極的に情報を得ようとする意識が薄れ、アウトプット能力の限界に達してしまう人をよく見ます。それは、すごく勿体ないです。

仕事の時間だけ苦労して、帰宅すればもう仕事のことは忘れる――そして、また次の日仕事の時間に苦労する。こういう人は、成長曲線が全く見えない人ですよね。
ちょっとだけ余暇を使って前述のようなツイートを読むことで、1日1つでも読むことで、大きな財産になるに違いありません。そして、そういうツイートをしてくれる人には感謝しかありません。

ビジネスの意識高い系のツイートも自己啓発には良いかもしれませんが、前述のような実践的ツイートも本当に助けになりますので、是非ご参考ください。
こういう情報のチェックが自分の課題解決に結びついたり、流行デザインの因果関係を知ることでうまく取り入れることができるようになるでしょう。回り回ってSEOにも寄与すること間違い無しです。


関連記事

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。 フィッシングメール例 年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。 三 ...(続きを読む)

PDRがしっくりくる

先日、SEOや新規ビジネスを考えている中、「やっぱりPDCAだとうまくいかないなぁ」と思いまして...PDRにしてみたところうまく回りだしたので、そんなPDRをご紹介してみたいと思います。 PDRとは PDRとは2011年頃にハーバードビジネススクール(HBS)のLinda Annette Hill ...(続きを読む)

訴求方法における他社参考のしかた

自分のWebサイトページにおける訴求方法を考える時、無作為に他社のWebサイトやランディングページを見て、見た後にそこから何かを得ようとする人がいます。でも、無作為に他人のWebサイトページを見ているだけでは、あまり気付きも参考要素も得られません。そこでここでは他社のWebサイトページを見る時の心構 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。