ネット広告費がTVCM費超え

昔はマスメディアのことをAbove The Lineと呼び、インターネット周りをBelow The Lineと呼んでいた時代もありましたが…ついに2019年の日本の広告費の中でテレビCMをインターネット広告が上回ったようです。電通の「2019年 日本の広告費」により明らかになりました。マス系広告代理店出身の私からすると「凄い時代になったもんだ」と驚嘆します。

ふわふわ

電通の発表内容

2020年3月11日の電通発表のニュースリリースを拝見し、私が気付いたことは以下です。

  • 2019年度の広告費において、インターネット広告費は2兆1,048億円、対してテレビメディア広告費は1兆8,612億円。
  • インターネット広告費のうち、運用型広告費は1兆3,267億円。
  • マスコミ4媒体広告費が2兆6,94億円。
  • プロモーションメディア広告費は2兆2,239億円。
  • 広告市場は全体で6兆9,381億円。

電通HP「日本の広告費」より
2017年からの広告費一覧

また、当該ページにあるPDFを良く読むと、インターネット広告費にはプロモーションに関わるサイトやバナー、SNS制作等も含まれるようです。逆に言えば、プロモーションに関わらないオウンドメディア制作やSEO費用は含まれていない(対象として算出しづらいからだと思います)わけですね。
ですので、SEO費用をサイト運用として捉えた上で、サイト運用費を換算すればかなりの金額になりそうです(そもそも広告費ではないので、そこまで含めて計算すると色々破綻してしまいますがw)。

ふわふわ

好景気!?というよりも・・・

まず、広告費は私が20,30代の頃は6兆円産業と言われていましたし、むしろ総広告費が6兆円を切った年も多くありました。それが今や…もう7兆円産業になりそうですね。

広告費というものは、売上のための集客要素として捻出される費用です。ですので一般的な広告主側から考えれば、コスト削減を掲げた際、最初に影響を受ける費用のはずです。コスト削減を掲げるということは景気が影響する部分も大いにあります。つまり、その広告費が増加するということは景気が良いということの裏付けになるはずです。

では「これだけ広告費が増加しているのであれば、好景気の裏付けなのか」と考えるものなのですが…先に転載したグラフをよく見てみると…インターネット広告、屋外広告、交通広告、イベント・展示・映像ほか、以外全て広告費が減少しているんですよね…。つまり、以下の要素が考えられます。

  • 商圏強化やエリア強化という意味で屋外や交通は効果的
  • VRやAR、ブロードバンド等の時代背景から、イベントや映像関連は急激な増加傾向
  • ほとんどがインターネット広告やオンライン出店に移行

実際にPDFを読み進めると以下の業種でマスコミ4媒体広告への出稿減少が目立ちます。

  • 化粧品・トイレタリー
  • ファッション・アクセサリー
  • 精密機器・事務用品
  • 趣味・スポーツ用品

これらの業種から推察できることとして、AmazonやYahoo!、楽天等への出店やSNS広告への強化等に乗り出した結果だとうかがえます。ちなみに、マスコミ4媒体で出稿費が大幅に前年比超えしているのは官公庁・団体です。

つまり私の肌感も含め、広告費全体が向上している背景には、好景気が理由というよりも、(費用対効果を判断しやすい)インターネットやIT技術に依存したプロモーションの結果が理由だということが言えそうです。そしてそれは、広告に対して、ある意味シビアになってきたということも言えるのではないでしょうか。

いずれにしても、マスへのリーチ広告より、効果にスコープした販促の波が加速していきそうですね。


関連記事

Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて...米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によ ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。