Google I/O 2018

米国現地時間5月8日から5月10日にかけて開催されたGoogle I/O 2018。色々なところでフォローアップ記事が上がっていますが、私が気になるところだけご紹介したいと思います。

Google I/O 2018

ふわふわ

参考記事

ふわふわ

Google Duplex

まず、Googleアシスタントが美容院の予約をしてくれるという機能「Google Duplex」です。これは、Googleアシスタントに美容院の予約をある期間内で予約してほしい旨をGoogleアシスタントに告げることで、AIで勝手に予約してくれるとのことです。以下のデモンストレーションを見ると、実際に電話先の相手の回答に合わせて相槌を打ったりしているのが分かります。この流暢すぎる会話…めちゃくちゃ凄いですね。

Googleアシスタントが美容院の予約をしているところをご覧ください。電話相手の受け答えに合わせて会話しています。まだ利用はできず、現在テスト中です。

引用)@dannysullivanより意訳

日本語で果たしてここまで出来るようになるのか分かりませんが、とにかくセンセーショナルでしたのでご紹介します。映画「アイアンマン」で主人公のトニー・スタークがパワードスーツと会話しながら戦闘したりしますが、本当にそんなイメージでAIと会話しながら自身の生活行動を起こす時代が来るのでしょうね。誰かが「人間が想像し得る未来技術はいつか実現できるものだ」と言っていましたが、まさに…って感じです。

ふわふわ

GoogleマップのAR機能

GoogleマップにAR(現実拡張)機能が付くようになります。これは今、自分のいるところでカメラを通して見るとキツネが現れてナビゲーションしてくれるという機能です。実際の風景に矢印等が表れるので、絶対に迷いませんよね。

もうすぐ:行きたいところがあれば、ちょっとだけ教えてもらいながら辿り着けるようになります。

引用)@googlemapsより意訳

カーナビや今のGoogleマップ等を見ていると「あれ?曲がるのはここの交差点?この次の交差点?」みたいな感じで距離感がうまく掴めなかったりしますが、これは確実に進めます。それにしてもなぜキツネなのでしょう…? 海外でもキツネは(ずる)賢いイメージがあるからでしょうか?

ふわふわ

Lighthouse

今回のI/Oの検索に関わるセッション内で、妙にLighthouseが多用されている印象を受けました。このLighthouseというChromeの拡張機能を使って知り得る表示速度等の情報は、Googleもランキング要素に活かしているそうです。それだけLighthouseは参考になるツールなのでしょう。

そのLighthouseがアップデートされたとのことです。

このアップデートの最大の目的は、計測をより精密にして、かつ、それに対して何かができるようにすることだ。たとえばページのロード時間が長くて、それを遅くしている犯人はこのコンポーネントだ、と分かれば、具体的な対策が可能だ。たとえばGoogleには、Webサイトを素早くてなめらかにするGoogle AMPのようなプロダクトもある。すべてのWebサイトが最適化されて動くようになると、全体的なエンゲージメントも上がるから、Lighthouseの今度のバージョンでは、Webサイトで何が起きているのか詳しく分かるようになっている。

引用)TechCrunch Japan

私もLighthouseの話をすると、いまだに「ライトハウスってなんですか?」と訊かれる方も多く、まだまだ業界での一般認知も低いように感じます。でもこのLighthouseはユーザーの体感表示速度に限りなく近い形で示唆してくれるので非常に便利なのです。PageSpeed Insightsしか確認しないサイトオーナーもいますが、PageSpeed Insightsは飽くまでも“表示速度の最適化に向けた及第点をどこまで達成しているか”という軸に過ぎず、PageSpeed Insightsでの高得点が表示速度に比例するとは限りません。
機能面としては、まだ英語版の状態ですし、SEOの項目はかなり微妙ですが、Performanceの項目は有益ですので是非ご利用ください。

ふわふわ

個人感想

以上の3点が私が個人的に気になった内容でした。Google I/Oとは開発者向けにGoogleの各機能技術状況を発表するイベントです。従ってGoogle検索の発表割合も全体の中では少なく、検索に関して特筆する程の印象は受けませんでした。しかし、Google Home利用者の私にとって、Duplexには驚きましたし、ディスプレイ付きのGoogle Homeも気になるところです。

とにかくGoogleが示す未来にワクワクした内容でした。


関連記事

Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて...米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によ ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。