GoogleとDisneyが広告サービスで提携

Googleは、米国現地時間11月27日にウォルトディズニーが広告配信におけるプラットフォーム「Googleアドマネージャー」を活用提携することになったと発表しました。少なくとも数年先まではGoogleの莫大な収益が見込めそうです。

ディズニーとGoogle

ふわふわ

どういう内容?

ウォルトディズニーでは、様々なチャネルネットワーク(メディア)を保有しており、ディズニーの他に、ABCテレビ、ESPN、マーベル、ピクサー、スターウォーズ…等様々なインタラクションを持っています。それらのデジタル部分における広告配信において、Googleのアドマネージャーを活用していくとのことです。

DisneyとGoogleでは、どこでも誰にでも高品質なコンテンツと情報を提供する信条で共感しています。今回の提携によって、Disneyは全世界におけるデジタル動画において、Googleアドマネージャーを活用した広告配信ビジネスを行うようになります。アドマネージャーはDisneyの広告技術プラットフォームにおける中核を担うことになります。

引用)blog.googleより意訳

日本では実感が湧きにくいですが、米国におけるディズニーのチャネルやエンタテインメントネットワークは膨大です。これらの広告配信管理をアドマネージャーで一元管理することは、Googleにとって非常に大きな収入源になるのではないでしょうか。とりあえず分かりやすいところで言うと、今年の初めに開始した会員制スポーツチャンネル「ESPN+」は今回の広告ビジネスの対象になるでしょう。

両社は、今回の提携が「複数年の」取引ではあるが、それが実際どれくらいの期間か、得られる収益見込みや財政面での提携内容に関しては明言を避けた。

引用)VARIETYより意訳

今回の提携対象ネットワークにHuluは含まれません。Huluは個別に広告技術プラットホームを持っています。Disneyは現在20世紀フォックスと同じくHuluの30%を出資していますが、20世紀フォックスの買収によってHuluの実権も握れる準備は整っています。

引用)VARIETYより意訳

全て合わせると、Disneyのデジタル分野におけるコミュニケーション範疇としては、世界中で約2億3,000万人のユーザーと接触していることになります。そして2018年9月のcomScore dataによれば、彼らユーザーは月間延べ140億分以上もの滞在時間にもなるとのことです。

引用)VARIETYより意訳

こういう話を聞くと、ディズニーを捕まえたGoogle(というかアルファベット)のビジネス戦略はなかなかのものだと感じますね。

ふわふわ

アドマネージャーって?

ところで、今回の提携商材となるアドマネージャーって何?って話ですが、メディア保有者が該当メディア内のあらゆるデジタル広告(バナーでも動画でも)を一元管理し、広告収益構造の改善PDCAを行えるツールです。AdSenseよりも主体的且つ独自的に追及できます。さらに、これをアナリティクス360と紐付ければユーザー行動に合わせた広告効果も検証できますので、ビッグデータを要するような大手メディアにとっては最適化しやすいツールというわけです。

今回のディズニーが活用するアドマネージャーは完全オリジナルカスタムでしょうから、何の参考にもなりませんが、ご興味のある方は設定方法から行ってみてはいかがでしょうか。


コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。