メール誤送信の回避と効率化に

今回、CRMのソリューション事業を中心に活動されているシナジーマーケティング株式会社様より、エクメルンというサービスを広めてほしい旨、依頼を受けまして…私の気まぐれもあり(笑)、無償でご紹介させていただこうと思います。

エクメルン

ふわふわ

私の気付きとして

今回エクメルンというサービスの紹介を受け、私なりに調査しながら勉強させていただきました。こういったクラウド活用のメール配信サービスは多くありますが、実際に活用有無を考えますと…使った方が良いのは確かです。

B2Cサービスの場合は必ずシステム化しているはずなので、こういったことは起きにくいですが、B2Bで結構やってしまうのがメールの誤送信です。B2Bで一斉に情報メールを配信している企業等も多く見受けられまして、その際イチ社員がメールソフトを活用してBCCで業界情報やサービス情報を配信しているケースが多いです。そして間違えて一斉に多企業の担当者にTOで送ってしまったりCCで送ってしまったり…。その後、謝罪メールと破棄依頼メールが来て…みたいな(笑)。実際に私も加害者になったことも被害者になったこともあります。また、書いてはいけない内容を記載して違う企業に送ってしまったり、メール誤送信に伴うインシデントやアクシデントは後を絶ちません。

よく二重チェック体制を敷いて善後策を図ることもありますが、人間のすることなので、結局ルーチン化すればミスは起こりやすくなります。

そこで、エクメルンです(笑)。

ふわふわ

エクメルンって?

私は利用していないので何とも言えませんが、紹介動画を観る限りでは非常にシンプルですよね。エクセル形式をそのままドラッグ&ドロップすることで、送信リスト化することができるようで「エクセルにメールを配信」が名前の由来だそうです。

語弊があるかもしれませんが、B2Bのメール配信業務は結構若手社員やITリテラシーの低い総務担当者が行っていたりします。そういう方々でも直観的に利用でき、配信ミスを最小限に抑えられそうです。しかも廉価ですね。ひと昔前なら、こういったシステムに10万円~20万円かかっていましたが、月額1,000円で回数無制限(一度に宛先は5,000件まで)に配信できるそうです(レギュラープランの場合)。

さらに今なら抽選で300名に月額1,000円のレギュラープランを3年間無料で使えるクーポンコード付与してくれるキャンペーン中だそうです(2017年4月21日まで)。

ふわふわ

オススメできそう

とりあえず500円でスポット契約(スポットプラン)してみてから考えても良いでしょうし、レギュラープランにしたところで年間12,000円しか費用が掛からないので、個人的にはオススメできます。CRMのプロ会社が作成したツールですし、今後の拡張性も見込めるのではないでしょうか。法人経営上、大手企業の場合、支払いがクレジットカードというのが(社内稟議上)ちょっと面倒になるかもしれませんが、この価格なら仕方ないですね。

仕事上、私が大量メール配信を行う業務があれば使ってみたいと思いますし、近い将来メール配信を行う予定もあるので、その時は導入してみたいと思います。

▼エクメルンのアカウント申込はこちら▼
エクメルン https://ecumerun.com/

 

…以上、個人パブリシティ活動でした(笑)。


関連記事

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。 フィッシングメール例 年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。 三 ...(続きを読む)

有益情報を発信するツイート紹介

最近、色々なサービス展開上、Webページデザインの勉強をしている私です。とはいえ技術的なコーディングやプログラミングではなく、市場参入視点やユーザーへのコンバージョンやエンゲージメント視点での勉強です。これに関しても終わりがなく、且つ伝えたい内容によってUIデザインは変化するので、常にインプットが必 ...(続きを読む)

PDRがしっくりくる

先日、SEOや新規ビジネスを考えている中、「やっぱりPDCAだとうまくいかないなぁ」と思いまして...PDRにしてみたところうまく回りだしたので、そんなPDRをご紹介してみたいと思います。 PDRとは PDRとは2011年頃にハーバードビジネススクール(HBS)のLinda Annette Hill ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。