「消えたい」検索等の対応

以前、FacebookがAIで自殺予防に取り組んでいたりしていることをご紹介していましたが、誰にでも心が病みそうになる時はあると思います。多かれ少なかれあるはずです。ですので、それに対する各メディアの状況をちょっとだけご紹介したいと思います。

1人消える

ふわふわ

GoogleやTwitterの対応策

例えばGoogleやTwitterで「消えたい」「消えてしまいたい」「死にたい」等と検索すると、今や検索結果画面から助言もしてくれます。

Googleで消えたいと検索

Twitterで消えたいと検索

Google検索結果画面では、厚生労働省の「こころの健康相談統一ダイヤル」がダイレクトアンサー枠として紹介されています。Twitterでは、東京自殺防止センターへの紹介をTwitter japanの公式アカウントから呼びかけており、これが検索結果の最上部に表示されるようになっています。

FacebookやTwitter、Googleは、たとえSNSや検索エンジンという機能提供サイトであろうとも、それぞれのサイトとしての在り方を模索し、社会的役割と助言方法を多角的に考察しています。私は素晴らしい姿勢だと思いますが、日本は自殺者が多いだけでなく、その黄色信号となる様々なニュアンスのキーワードも多いので、他の国より敏感に反応して助言方法を模索していく必要がありそうです。

ふわふわ

今後の対策に注目

このような取り組みが過保護だと考える人もいるかもしれません。しかし、本当に辛い状況に陥っている人に対して、改善に向かわせる第一歩の手段を提供してくれるのはありがたいことですね。他にもFacebookやTwitterでは様々な自殺回避策を考察していますが、今回は「死にたい」「消えたい」検索で表示される、こういった例があることをご紹介してみました。

ちなみに、事実Google Trendsで検索してみると1年を通して以下のような検索ボリュームと検索動態があることが見受けられます。

「消えたい」の検索推移

こういった検索数が減っていくことを願いつつ、今後も各サイトの方針に注目していきたいと思います。


関連記事

フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。 フィッシングメール例 年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。 三 ...(続きを読む)

有益情報を発信するツイート紹介

最近、色々なサービス展開上、Webページデザインの勉強をしている私です。とはいえ技術的なコーディングやプログラミングではなく、市場参入視点やユーザーへのコンバージョンやエンゲージメント視点での勉強です。これに関しても終わりがなく、且つ伝えたい内容によってUIデザインは変化するので、常にインプットが必 ...(続きを読む)

PDRがしっくりくる

先日、SEOや新規ビジネスを考えている中、「やっぱりPDCAだとうまくいかないなぁ」と思いまして...PDRにしてみたところうまく回りだしたので、そんなPDRをご紹介してみたいと思います。 PDRとは PDRとは2011年頃にハーバードビジネススクール(HBS)のLinda Annette Hill ...(続きを読む)

訴求方法における他社参考のしかた

自分のWebサイトページにおける訴求方法を考える時、無作為に他社のWebサイトやランディングページを見て、見た後にそこから何かを得ようとする人がいます。でも、無作為に他人のWebサイトページを見ているだけでは、あまり気付きも参考要素も得られません。そこでここでは他社のWebサイトページを見る時の心構 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。