アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。

ふわふわ

アクションモーメント

人には行動を起こす瞬間(モーメント)があります。Webサイトページにおいても、「よし!資料請求してみよう」「買おう」と思いCTAをタップする瞬間やその心理ってありますよね。こういったアクションを起こす瞬間を「アクションモーメント」としておきましょう。「アクション」と表現してしまうと「行動」という抽象的な言葉なので、離脱することも、ただタップすることも全て「アクション」になってしまいますが、ここでは「申込」というニュアンスで捉えてください。

Webサイトの設計においては、サイト訪問者に対してこのアクションモーメントをいかに引き起こすかが大事であり、この組み立てがWebサイト戦略の全てと言っても過言ではありません。
――というわけで、どうやってアクションモーメントを引き起こすか、について書いておきたいと思います。

ふわふわ

既に伝えているので、動機のほうの話を

…が、実は私、既に書き記しています。Webサイトに限らず、すべてにおいて「万事、機能よりもたらし」ですので、この記事をご参考に該当する色々なサービスに当てはめて考察してみてください。補完として、先の記事では触れていなかった「ユーザーの心理状態」についてちょっと触れておきたいと思います。

Webサイトに訪問してくるユーザーの動機を考えることが重要です。広告等でターゲティングした上でサービスに興味を持って訪問してくるユーザーや指名検索で訪問してくるユーザーであれば、そのままサービス(&ベネフィット)訴求をすれば良いのですが、難しいのはそうではないユーザー――つまり、サービスに興味がないユーザーです。サービスだけではなくWebサイト自体にも興味がないかもしれません。ただ「そのWebサイトに書いてある情報だけが気になっている」ユーザーです。これは一般検索におけるInforamational Query(情報収集型クエリ≒知りたいだけのクエリ)に含まれるユーザー心理です。

ユーザーは情報だけを欲して訪問してきているので、情報を得られればとっとと離脱してしまいます。ですので、Informational Queryから訪問してきたページの直帰率は80%以上であるのが普通です。ただしここが重要でして、Inforamational Queryで訪問してくるユーザーの数ってかなり多いんです。母数が非常に多いんです。だから、この80%以上の直帰する人のうち、少しでもアクションモーメントに繋げられればかなり売上は向上します。例えて言うなら、「コンビニにトイレだけ借りに来る人がめちゃくちゃ多い」みたいなイメージですかね(笑)。商品購入が目的ではなく、別目的で訪問する人です。用が済んだらもう離脱しちゃいます。

では、そんなサービスに興味が無く、別の用事で訪問してきたユーザーにどういうアプローチをするべきか…それが「万事、機能よりもたらし」なのです。短時間で理解してもらうために、何をもたらすかをしっかりとベネフィットとして伝えることで、足を止めてもらうことが必要なのです。

ただ、人によって“もたらしてほしいベネフィット”は異なるので、それはランディング(集客)ページの内容を通してユーザーの来訪動機を仮説付けましょう。可能であれば、一般検索で流入してきたクエリから検索心理を一生懸命紐解いて(インテント)仮説付けるほうがより良いです。

ふわふわ

まとめ

ダラダラと書いてしまいましたが、私が伝えたいのは「万事、機能よりもたらし」と合わせて以下の内容です。

アクションモーメントを引き起こすためにするべきこと

  1. クエリやランディングページから来訪動機を仮説付けることで、ユーザーによって異なる“もたらしてほしいベネフィット”を見出す
  2. “もたらすベネフィット”とは、商品のメリットではなく、ユーザー目線で人生や生活がどう良くなるか、を伝えること

これ、前回は2.しか伝えていませんでしたが、1.まで考えないとしっかりとフォーカスできませんので、ランディングページの情報設計も見直しておきましょう。ランディングページの情報設計が上手くいけば…あとは2.への繋ぎ込みだけになりますので、是非色々とトライしてみてください。

最近の私はこういう業務ばかりしていますので、今めちゃくちゃバッキバキになっています!(どゆこと?)


関連記事

Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて...米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によ ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。 フィッシングメール例 年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。 三 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。