2018年の検索とInstagram総括

Googleで2018年の検索ランキングとInstagramの2018年MVIランキングが発表されていましたので、息抜きとしてご紹介したいと思います。

MVI

ふわふわ

Google検索ランキング

2018年1月から12月1日までのGoogle日本での検索集計の結果です。急上昇キーワードランキングでは、1位は「ワールドカップ」、2位は「オリンピック」、3位は「台風」でした。2018年ならではといいますか、ネガティブな事件要素も多いようですね。

急上昇ランキング

1.ワールド カップ
2.オリンピック
3.台風
4.山口 達也
5.漫画 村
6.大阪 地震
7.大杉 漣
8.吉澤 ひとみ
9.大谷 翔平
10.北海道 地震

引用)Google Japan Blog

それぞれの詳細はGoogleトレンドにまとめられていますので、ぜひご覧ください。ちなみに、このGoogleトレンドでは世界各国のランキングを確認できます。

「とは」検索のランキングも面白いですよね。世の中の人達が何を知りたがっている(知らなかった)のかが分かりますので、なんとなく自分の常識度と比較できそうです(笑)。個人的には「仕組み」検索8位の「タートルトーク 仕組み」というのが興味深かったです(笑)。しかし、なぜ今さら2018年になって…なんでしょうね。

ふわふわ

InstagramのMVIランキング

Instagramでももう恒例となりましたMVI(Most Valuable Instagrammer) 2018の日本版が発表されました。著名人部門系では、渡辺直美さんが3年連続でフォロワー部門を受賞、エンゲージメント部門でも受賞し、殿堂入りとなったそうです(恐らく来年以降のMVI選考からは除外されるのだと思います)。

ちなみに、日本の人気スポットとハッシュタグに関しては毎年同じ感じですね。

日本で人気があったスポット TOP10

1.東京ディズニーリゾート
2.ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
3.浅草
4.伏見稲荷大社
5.東京ドーム
6.道頓堀
7.奈良公園
8.東京スカイツリー
9.東京タワー
10.東京駅

日本で人気があったハッシュタグ TOP10

1.#猫 / #ねこ
2.#可愛い / #かわいい
3.#写真好きな人と繋がりたい
4.#プリント倶楽部 / #ぷりんと倶楽部
5.#おしゃれ / #オシャレ / #お洒落
6.#ファインダー越しの私の世界
7.#ファッション
8.#お洒落さんと繋がりたい
9.#ハンドメイド
10.#ランチ

引用)Facebookニュースルーム

猫人気は引き続き絶好調ですね。

ふわふわ

当ブログでのランキングは?

ちなみに、私のこのブログ、Google Search Console調べでは、2018年1月1日~2018年12月1日までで、最も流入のあった検索クエリは「送信されたurlがcanonicalとして選択されていません」でした(笑)。確かにSearch Consoleがリニューアルした年でしたからね(笑)。

検索から流入してきたページとしては「スマホでのフォントサイズの話」が1番多かったです。今年はモバイルファーストインデックスの影響もあり、各サイトオーナーがスマホでのデザインにも注目されていたイメージが強かったです。

皆さんも、2018年のご自身のブログやSNSでの反応率やアクセス等を振り返ってみてはいかがでしょうか。


関連記事

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。 フィッシングメール例 年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。 三 ...(続きを読む)

有益情報を発信するツイート紹介

最近、色々なサービス展開上、Webページデザインの勉強をしている私です。とはいえ技術的なコーディングやプログラミングではなく、市場参入視点やユーザーへのコンバージョンやエンゲージメント視点での勉強です。これに関しても終わりがなく、且つ伝えたい内容によってUIデザインは変化するので、常にインプットが必 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。