ポケモンGO in 錦糸公園

「働き方」でも何でもないのですが(笑)、最近大流行しているポケモンGOに関しまして、一時期話題になった錦糸公園を日頃から利用させていただいている私の目線でご紹介してみたいと思います。

錦糸公園の様子

ふわふわ

なぜ錦糸公園?

私は残念ながらポケモンGOをやっておらず…と言いますのも中毒になって課金しまくるようになる自分が恐くてやっていません(笑)。ですので実際にポケモンGOで遊んでいる知人に聞いた限りで、なぜ錦糸公園がポケモンGOで話題なのか、ご紹介します。

簡単にご説明させていただきますと、ポケモンGOには「巣」と呼ばれる特定のポケモンの出現率が高くなるエリア(主に公園にありがち)が存在します。その対象のポケモンが貴重であればあるほど、またそのポケモンの秘めている強さが強いほど、人気のスポットとなり人が集まるわけです。
そして、錦糸公園にはその最強クラスのポケモンに進化する「イーブイ」というモンスターの巣となっています。

さらに、ポケモンGOの仕様で自分の周りにポケモンGOをやっているプレイヤーが多く存在すると、ポケモンの出現率も高くなり増々人が増えていく仕組みとなっているそうです。

つまり、錦糸公園に人が集まる理由は以下です。

  • 貴重なポケモンの巣である
  • 「イーブイ」をGETしようと人が集まる
  • 人が集まるとポケモンも集まりやすい状態になる
  • 結果、人が人を呼ぶ

 
これもある意味O2O。凄いですね…。

ふわふわ

でも、公園愛用者には…

ちなみに、先週の土曜日の日中に私が錦糸公園の前を通ると、まだ午前中にも関わらずこんなにポケモンGO利用者が…。

錦糸公園1

遊具周辺には防護ネットが張り巡らされており、幼児を遊ばせるにも制限されています。そして、同日の深夜24:00頃に通るとさらに利用者が…。

錦糸公園

もちろん公園滞在者の増加によって、衛生上の問題も出てきます。錦糸公園のゴミ箱が凄いことになっていました。

錦糸公園3

歩いている方がモンスターに出くわしやすいようで、公園内を歩きスマホしている人も多く、子どもがぶつかったりしたら怖いなと思ってしまいます。実際、幼児の遊び場として活用している私のような近隣住人としましては、別の公園まで遠出したりしています。

もちろん一過性のものだとは思いますし、良い機会だから別の公園に行くという前向きな姿勢で私は捉えていますが(笑)、こればっかりは難しい問題ですね。私もポケモンGOをやっていたら間違いなく錦糸公園をうろついていたと思いますし…(笑)。

ふわふわ

いつまで続く!?

いわゆるポケモノミクス成功企業もあれば、ポケモンの出現制限を要請する鉄道会社もあったりしていますが、総じて問題視されている傾向が強いようです。

任天堂をはじめとした関連会社各社も平静さを保っているようにも見受けられますが、今後の市場動向やユーザーのアクティブ率も気になりますね。

これだけ話題になっているゲームですので、このブログでも触れてみましたが、引き続き客観的に行方を追ってみたいと思います。


関連記事
最近、各所で新社会人や若い正社員と接する機会があります。もちろんそういうった社員は研修期間もあるかと思いますが、正直、決して若くない社会人でも「自己研鑚という目的が強すぎて、社会人本来のあるべき姿を見失っているのではないか」と感じる人もいます。そこで今回は、社会人におけるインプット型の人間とアウトプ ...(続きを読む)
2019年4月10日より、いよいよ「有休義務化」になります。事業者(会社側)は労働者(社員)に対して、一定の条件のもと、1年で5日以上は有給を消化させなければならなくなります。そこで、これについて個人見解を交えながらご紹介したいと思います。 どういう内容? 労働基準法によって、今までは年間の有給取得 ...(続きを読む)
ある方から「ブログをやってみれば?」と言われ、始めたこのブログも早4年と2ヶ月。ついに500記事目に入りました。なんとなく「SEO等の現場情報を取引先のご担当者様へ」という目的で始めましたが、今となっては誰宛の何ブログか分からず...(笑)、それでも今まで4年以上続けられました。ここまで続けられまし ...(続きを読む)
最近色々なミーティングをしている中で、目標やKSF、KGI、KPIを設定するところまでは行っているものの、実際に動いている業務行動が目標に紐づいていない人が多く見受けられます。そして結果論的に、KPIと照合し「順調か否か」を査定している人が多いです。これでは目標とそれに伴うKPIラインを逸脱してただ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。