• Twitter:2020年を振り返る

Twitter:2020年を振り返る

日本のTwitterブログが2020年を振り返った記事を発表しています。新型コロナの影響もあり、世界全体で見ても、今年はテレビや映画に関して1分当たり7000以上ものツイートがあったそうです。

Twitterが行く

日本でのリツイートトップ

Twitterブログの発表によれば、日本で最も「いいね」とリツイートされたのは「100日後に死ぬワニ」の最終話。最も引用リツイートされたのはポテトサラダの件、とのことでした。どちらも私の目にも入ってきていたので、ほとんどの方は知っているのではないでしょうか。実際に投稿を見る通じ

TwitterがカウントしているRT数と実際に表示されているRT数が違いそうですが、Twitterが発表している内容なのできっとそうなのでしょう。

「鬼滅の刃」強し

また、ハッシュタグに関しては、新型コロナ関連が世界的に見ても最もツイート数が多かったようです。

今年世界でもっとも使われたハッシュタグが(ツイートした人の数)、#COVID19であったことは驚くことではないでしょう。このハッシュタグ(その他の新型コロナウイルス関連のバリエーションも含む)は、4億回近くツイートされただけでなく、さまざまな話題へと派生していきました。世界の多くの人々が家で過ごし、#StayHome/おうち時間が、今年3番目に多く使われたハッシュタグでした。Twitterを通して新しい習慣を目の当たりにしましたと言えます。

引用)Twitterブログ

世界で最も話題になったテレビ番組ランキングで堂々の3位を取ったのは「鬼滅の刃」でした。すごいですね。ただ、4位が「ハイキュー!!」で7位が「ミュージックステーション」というのも気になりますが…(笑)。

世界で最も話題になったTV番組ランキング

引用)Twitterブログ

それ以外でも色々な切り口でTwitter内の登場ランキングを紹介してくれていますので、是非Twitterブログをご参照ください。

今年のTwitter新機能を振り返る

また、別のTwitterブログでは、Twitterが2020年に追加した新機能を紹介してくれています。以下7つです。

  • フリート機能
  • 音声ツイート
  • リプライの制限機能
  • トピックをフォロー
  • 「いまどうしてる?」トレンドに理由となる背景を表示
  • ツイートの詳細から引用ツイートを一覧で見られるようになった
  • 記事ツイートやリツイート時の確認メッセージ表示

上半分くらいは新機能で下半分くらいは新仕様って感じですね。私のブログでもフリート機能音声ツイートリプライ制限機能はご紹介していました。

Twitterが目指すもの?

私が思っているTwitterの課題はマネタイズだと思っています。利用者と売り上げが比例していない印象(事実)を受けます。またTwitterは、マネタイズに値するためにはユーザー間のコミュニケーションの活性化が必須であると考えているらしく、ユーザー間のコミュニケーションを活性化させるためにフリート機能を導入した背景があります。実際海外のフリートのテスト導入時にはユーザー間のコミュニケーションが活性化したというデータもあったそうです。確かに、Twitterは個人的に吐露したいことを、日記でもブログでもなく瞬間的に吐露するという傾向がありますので、あまり積極的に誰かに絡むという特性は低い気がしますよね。

この辺はTwitterもずっと課題として持っているようですので、来年はユーザー間コミュニケーションが活性化すると判断できる機能をじゃんじゃん導入するかもしれませんね。引き続きTwitterのさらなる躍進に期待したいと思います。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事