Instagram10周年

Instagramが2010年10月6日に誕生して10歳になりました。おめでたいですね。日本だけでも月間アクティブアカウントが3,300万を超えています。今回、新機能もありましたので、ちょっとだけご紹介します。

インスタ

ふわふわ

Instagramの軌跡

ここ10年間でInstagramがどう進化したかは、専用の英語ページでご覧ください。私の記憶的には、Instagramはスマートフォンの高機能化に伴う写真や動画のSNSとして急成長しただけでなく、当時のFacebookやGoogle+等、様々なSNSにおけるコメント疲れに相反して、そこまでコミュニケーションに注力しなくても成立する気軽さも人気を博した所以だと思っています。その後、ライブ配信やショッピングや短編動画等、新機能を次々に搭載しつつも常に流行に敏感な層がヘビーユーザーになっていることが人気の継続に繋がっていると思います。“ITに敏感な層”ではなく、この“流行に敏感な層”を捉えていることがInstagramの強みなのではないでしょうか・

2013年には動画にも対応。2015年には代名詞ともいえる正方形の投稿だけでなく、縦長・横長の写真や動画もシェアできるようになり、翌年にはアプリアイコンを新しいデザインに変更しました。現在では毎日5億以上のアカウントが利用するInstagramストーリーズ、外出自粛の影響でクリエイターやビジネスによる活用がさらに広がったライブ動画、Instagram上で発見した商品をシームレスに購入できるショッピング機能、エンターテインメイント性の高い短尺動画をシェアできる最新機能のリールなど、常にコミュニティ(利用者)からインスピレーションを得ながら、プラットフォームとして様々な進化を遂げています。

引用)FACEBOOKニュースルーム

ふわふわ

新機能

10周年に伴い、過去投稿したストーリーズに関して本人だけが閲覧できるアーカイブ機能をアップデートしたとのことです。過去3年間に遡って投稿したストーリーズがカレンダー状に確認できたり、投稿場所に合わせて地図から確認できたりするようになりました。

そのほかにも、リールショップ機能等も数ヶ月でアップデートされて行く予定とのことです。

ふわふわ

まだまだ人気は続く

引き続き日課のようにInstagram内をサーフィンする若者も多く、ファッションやショップ等の発見の場としてポータル的位置づけを確立しつつあるようにも感じます。私が感じるInstagramの凄いところは、常に利用者の半歩先を行く機能を作り続けるところです。一部繰り返しますが、利用者の一歩以上先に進んでしまうと、それは“流行に敏感な層”ではなく“ITに敏感な層”を牽引することに繋がります。その結果、従来のユーザーの利用疲れが蓄積し、一気に熱が冷め、アクティブユーザーが減衰していくことになるのです。

しかし、Instagramは絶妙に自然な形の新機能をリリースしていますよね。だからアクティブユーザーは引き続き利用意欲を維持しているのだと思います。
この辺のInstagramの運営は非常に勉強になりますので、私も一生懸命参考にしつつ、業務に邁進していきたいと思います!


関連記事

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。