URL検査の機能(GSC)

Googleウェブマスター向け公式ブログでも紹介されています通り、Google Search Consoleの新たな機能として、URLを検査するツールが実装されましたのでご紹介したいと思います。

G Search Console

ふわふわ

どんな内容?

大きなサイトや更新頻度の高いサイトオーナーにとって、ふと1つのページのインデックス状況を知りたくなる時があったりします(…ないですかね?)。また、自分のサイトページがGoogleのクロール&インデックス&ランキングを適切に受けているか確認したい時もあると思います(…これはありますよね?)。そうした時、1つのページURL単位で、Googleにしっかり処理されているかを確認できる機能が「URL検査(URLの検査)」です。

Search Consoleに関するご要望で最も多かったものの1つが、「Google検索が特定のURLをどう認識しているのか、もっと詳しく知りたい」というものでした。こうした声にお応えし、Google検索をより透明性の高いものにするため、本日新しいツール「URL 検査」のリリースを開始いたしました。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

ふわふわ

使い方

使い方は至って簡単。新しいGoogle Search Consoleのメニュー項目からURL検査を選択して進むだけです。

URLを検査①

ご覧のような詳細も確認できます。

URL検査②

また、インデックスカバレッジ内で特定のURLを選択してからそのURL検査をすることも可能です。

URL検査③

不明な項目や内容があればSearch Consoleヘルプの「URL 検査ツール」と照らし合わせながら確認できるようになっています。

まぁ、今までは「site:(該当URL)」の検索でインデックスを確認したりしていましたが、今回の機能は、いつクロールしたかとか、リダイレクト等の不具合があるか等も分かりますので、もうちょっと詳細が掴みやすくなると思います。ピンポイントでGoogleのクロールとインデックスが正常に行われているか確認したい時には便利だと思いますので、ぜひ使ってみましょう♪


関連記事

安全な検索体験を守るGoogle

Googleによるスパム対策の話や違法コンテンツに関する話が連日続いていましたが、同様に米国現地時間4月29日のThe Keywordにて、Googleが検索結果に対してどのような安全策を講じているのか、措置を行っているのか、改めて案内していますので和訳してご紹介します。ずっと検索やSEOに接してい ...(続きを読む)

違法コンテンツに対するGoogleの措置

SEOに取り組んでいるあまり、まるでGoogleを神様や法の裁定人かのように思いがちですが、GoogleはあくまでもWebサイトを検索ユーザーに紹介するだけのプラットフォームです。ですので、第3者として提供しているに過ぎません。しかしながら、ここまで世界的規模で利用されていたり、情報提供の正確さによ ...(続きを読む)

2020年のスパム対Google

毎年恒例となりましたGoogleによる前年のスパム対策振り返り。今年もGoogleはSearch Central Blogで2020年を振り返って発表していますので和訳してご紹介したいと思います。 Googleからの発表内容 米国現地時間4月29日にGoogleが発表した内容です。若干長文ですが、ご ...(続きを読む)

パラメータ付URLについて

SEOを考えた時、パラメータ付URLが存在しているものについて懸念する人が多いです。懸念する理由を聞くと「パラメータ付URLは良くないと聞いたから」「パラメータ付URLは何となく良くなさそう」等という曖昧な返答が多い気がします。そもそもパラメータ付URLの良し悪しはケースバイケースなので、Googl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。