GoogleがSEOスターターガイドを刷新

ずっと古い古いと思っていたGoogleのSEOスターターガイドが以前のPDFからHTMLで刷新されましたGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表していますので、そのご紹介です。

スターター

ふわふわ

どんな感じ?

以前のスターターガイドでは以下の内容が記載されていました。

SEOの基礎
・適切なページタイトルを付けよう
・descriptionメタタグを設定しよう
サイト構造の改善
・URLの構造を改善しよう
・ナビゲーションをわかりやすくしよう
コンテンツの最適化
・質の高いコンテンツを提供しよう
・適切なアンカーテキストを書こう
・画像の利用を最適化しよう
・見出しタグを適切に使おう
クローラーへの対処
・robots.txtを効果的に設定しよう
・リンクにnofollow属性を活用しよう
モバイルSEO
・モバイルサイトをGoogleに知らせよう
・携帯ユーザーを適切に誘導しよう
プロモーションと分析
・正しい方法でサイトを宣伝しよう
・便利なツールを活用しよう

そして、今回のスターターガイドでは以下の目次になりました。

Search Consoleヘルプにある「SEOが必要なケース」と同様に、SEO会社を使うかどうかから記載が始まっていますが、正直モバイルの部分以外はそんなに中身に変更は無さそうに感じます。ですので「どんな感じ?」と訊かれれば、「構造化データ部分が追加され、フィーチャーフォンがスマートフォンになっているくらいかなぁ」と答える程度かな、と(笑)。でも、HTMLバージョンにした分、更新しやすくなりますし、読む方も何かと便利になったのではないでしょうか。

ふわふわ

初めての方は…

最近、SEOをこれから始めるという事業主の方々が増えてきている印象を受けます。私自身も商談の場で「SEOを何から始めるか」についての話をする場面が増えました。従いまして、このタイミングでこのスターターガイド刷新は有難く思います。

あまり中身に変化はありませんが、これからSEOを始めるというご担当者は一読されることをオススメします。


関連記事
Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。 どういう内容? まずはGoogleのツイート内容 ...(続きを読む)
Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介しま ...(続きを読む)
米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。 発表内容 Later today, ...(続きを読む)
SEOにおいて考える時、まず最初に「サイトをどうしたいのか」という要件が必要です。もう数年前までのように「○○というキーワードで検索1位を」云々という人はおらず、どういう市場に対してどうアプローチをしていくべきか、までしっかり見定めてからご相談いただくケースも多くなってきています。しかし、その時点で ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。