GoogleがSEOスターターガイドを刷新

ずっと古い古いと思っていたGoogleのSEOスターターガイドが以前のPDFからHTMLで刷新されましたGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表していますので、そのご紹介です。

スターター

ふわふわ

どんな感じ?

以前のスターターガイドでは以下の内容が記載されていました。

SEOの基礎
・適切なページタイトルを付けよう
・descriptionメタタグを設定しよう
サイト構造の改善
・URLの構造を改善しよう
・ナビゲーションをわかりやすくしよう
コンテンツの最適化
・質の高いコンテンツを提供しよう
・適切なアンカーテキストを書こう
・画像の利用を最適化しよう
・見出しタグを適切に使おう
クローラーへの対処
・robots.txtを効果的に設定しよう
・リンクにnofollow属性を活用しよう
モバイルSEO
・モバイルサイトをGoogleに知らせよう
・携帯ユーザーを適切に誘導しよう
プロモーションと分析
・正しい方法でサイトを宣伝しよう
・便利なツールを活用しよう

そして、今回のスターターガイドでは以下の目次になりました。

Search Consoleヘルプにある「SEOが必要なケース」と同様に、SEO会社を使うかどうかから記載が始まっていますが、正直モバイルの部分以外はそんなに中身に変更は無さそうに感じます。ですので「どんな感じ?」と訊かれれば、「構造化データ部分が追加され、フィーチャーフォンがスマートフォンになっているくらいかなぁ」と答える程度かな、と(笑)。でも、HTMLバージョンにした分、更新しやすくなりますし、読む方も何かと便利になったのではないでしょうか。

ふわふわ

初めての方は…

最近、SEOをこれから始めるという事業主の方々が増えてきている印象を受けます。私自身も商談の場で「SEOを何から始めるか」についての話をする場面が増えました。従いまして、このタイミングでこのスターターガイド刷新は有難く思います。

あまり中身に変化はありませんが、これからSEOを始めるというご担当者は一読されることをオススメします。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。