GoogleがSEOスターターガイドを刷新

ずっと古い古いと思っていたGoogleのSEOスターターガイドが以前のPDFからHTMLで刷新されましたGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表していますので、そのご紹介です。

スターター

ふわふわ

どんな感じ?

以前のスターターガイドでは以下の内容が記載されていました。

SEOの基礎
・適切なページタイトルを付けよう
・descriptionメタタグを設定しよう
サイト構造の改善
・URLの構造を改善しよう
・ナビゲーションをわかりやすくしよう
コンテンツの最適化
・質の高いコンテンツを提供しよう
・適切なアンカーテキストを書こう
・画像の利用を最適化しよう
・見出しタグを適切に使おう
クローラーへの対処
・robots.txtを効果的に設定しよう
・リンクにnofollow属性を活用しよう
モバイルSEO
・モバイルサイトをGoogleに知らせよう
・携帯ユーザーを適切に誘導しよう
プロモーションと分析
・正しい方法でサイトを宣伝しよう
・便利なツールを活用しよう

そして、今回のスターターガイドでは以下の目次になりました。

Search Consoleヘルプにある「SEOが必要なケース」と同様に、SEO会社を使うかどうかから記載が始まっていますが、正直モバイルの部分以外はそんなに中身に変更は無さそうに感じます。ですので「どんな感じ?」と訊かれれば、「構造化データ部分が追加され、フィーチャーフォンがスマートフォンになっているくらいかなぁ」と答える程度かな、と(笑)。でも、HTMLバージョンにした分、更新しやすくなりますし、読む方も何かと便利になったのではないでしょうか。

ふわふわ

初めての方は…

最近、SEOをこれから始めるという事業主の方々が増えてきている印象を受けます。私自身も商談の場で「SEOを何から始めるか」についての話をする場面が増えました。従いまして、このタイミングでこのスターターガイド刷新は有難く思います。

あまり中身に変化はありませんが、これからSEOを始めるというご担当者は一読されることをオススメします。


関連記事
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)
ナレッジパネルとナレッジグラフについて、Googleは5,000億以上の事実要素から50億ものエンティティを作成してきました。そして、このタイミングで改めてThe Keywordでナレッジパネルとナレッジグラフの説明をしてくれているので、ご紹介します。 Google’s Knowledge Grap ...(続きを読む)
レシピの構造化データマークアップの中には、「ガイダンス」と言って、(Google Home等のスマートディスプレイで使われる)Googleアシスタントを使用してガイド付きレシピを案内できる手法があります。今回、そのガイド付きレシピに関して、Google Search Consoleでレポートしてもら ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。