Googleしごと検索

ちょいちょい顔を覗かせていた「Google for jobs」。これがいよいよ日本でも正式リリースとなったようです。Google Japan Blogにて1月23日に発表されていましたのでご紹介します。

Google for Jobs

ふわふわ

サービス名は「しごと検索」

日本での本サービスの名称は「しごと検索」のようです。既に一度このブログでも説明しておりますので概要は割愛しますが、求人サイトや求人情報掲載サイトが求人案件部分を構造化データでマークアップすることにより、エンリッチリザルトとしてしごと検索枠に表示されます。

[渋谷 バイト] [本屋 アルバイト] や、[パンケーキ シェフ 募集] のように、希望する職種やエリア等を入力して検索すると、関連する求人情報が検索結果内にひと目で分かりやすく表示されます。任意の求人情報をクリック、または、タップするとより詳細な求人情報が表示されます。

引用)Google Japan Blog

Google検索では、標準のリッチリザルトをさらに拡張し、双方向性のある「エンリッチ リザルト」を追加しました。エンリッチ リザルトには、ユーザーの目を引くポップアップや、双方向性を備えた機能を含めることができます。

引用)エンリッチ リザルト|Search Consoleヘルプ

求人情報の構造化データを求人情報のウェブページに追加することで、求職に関するエクスペリエンスを向上させることができます。構造化データを追加することで、求人情報をGoogle検索結果に表示して、特別なユーザーエクスペリエンスを提供できるようになります。

引用)Google Developers

さっそくいくつかご相談はいただいておりますが、構造化データのマークアップに関しては、Google Developersをよくご覧ください。原則、構造化データのJobPostingの全てを完全に記載する必要がありますが、必須プロパティ(絶対記載すべきフィールド)と推奨プロパティ(記載するとより良いフィールド)がありますので、その対象項目も把握しておくと良いでしょう。対象プロパティの記載数が多ければ多いほど検索した時にひっかかりやすくなるはずです。ちなみに、マークアップに一部不具合が生じるとGoogle Search Consoleから警告連絡が来ますが、その内容も杓子定規に来るものだったりしますので警告内容をよく読むようお願いします。

ふわふわ

しごと検索枠が表示されるクエリとされないクエリ

実際に検索してみると「しごと検索」が表示されるクエリとされないクエリがあるようです。単純に求人案件の検索だと分かりやすいクエリであれば表示されますが、例えば以下のようなケースもあります。

時給2000円は表示されるが時給4000円は表示されない

月収30万円は表示されるが年収500万円は表示されない

住み込みバイトは表示されるがスキー場バイトは表示されない

これは、単純に構造化データのマークアップ有無や対象求人案件の有無だけでなく、表示対象クエリが流動的であることも指しているでしょう。Google判断として検索ボリュームでしきい値を設けているのか、AIによるインテント解釈で定性的に対処しているのか分かりませんが、恐らく今後の対象クエリは構造化データのマークアップ済みサイトの拡大に伴って増加していくものと考えられます。

ふわふわ

求人サイトにとってはマイナスかプラスか

間接効果を抜きにして直接効果のみで考えますと、今回の「しごと検索」の出現によって、求人サイトにとっては流入数を食い合うケースに繋がる懸念は生じます。検索者にとっては単純に視界に入る選択肢が増えるわけですからね。しかしコンバージョン(申込)件数で考えれば、最終的に辿り着くページは同じなので、「しごと検索」の影響で下がることはないかと思います。とは言いましても、比較検討はしやすくなりますので、好待遇かつキャッチーな求人案件であればあるほど、検討回数は伸びるでしょうから今回による増減は少なからず影響しそうです。

個人的には、むしろこの「しごと検索」によって、(ロゴ・アイコン表示による)サイトサービス(ブランド)認知のチャンスだと思いますし、より魅力的な待遇表記への見直しも図ることができると思います。特に案件紹介タイトルにはライティング能力が問われますね。

もちろん虚偽情報のマークアップは手動対応対象となりますのでご注意ください。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。