Twitter:オートプロモート

今年の夏ごろにTwitterがツイートを広告化する話をさせていただきました。月額99ドルで普段のツイートをプロモーションする機能で、当時はまだ日本にはなく、米Twitterだけの有料プランでした。しかしこの度、日本でも月額9,900円のオートプロモートというサービスが実装されました。

紅葉

ふわふわ

オートプロモートとは

月額9,900円の固定費の中で、アカウント内のツイート投稿を広告化してプロモーションしてくれるという機能です。ツイートした投稿のどれが広告対象になるかは分かりませんが、ユーザーからの反応が良い(いいねやリツイート、クリック等)そのタイミングで最新の投稿が選択されていくのだと推察しています。ただ、広告化してほしくないツイート投稿に関しては停止させることができるようです。

  • 運用が不要
    スマートフォンで登録したらあとは普段通りツイートするだけで、それらのツイートが広告になって自動的に配信されます。広告にしたくないツイートは、簡単に一時停止できます。
  • 月額固定9,900円
    始めやすく続けやすい価格で、長期的に安定したマーケティング活動をおこなうことができます。継続的に配信することで配信の最適化が進み、より効果を実感しやすくなります。
  • ツイートすればするほどお得
    ユーザーからの反応が良いツイートが自動的により多く配信される仕組みで、通常のTwitter広告を運用するよりお得に配信できます。(プレミアムの配信数量には上限があります。)
  • レポート確認も簡単
    「どのツイートがどのくらい広告配信されたか」「フォロワーが何人増えたか」などのレポートをスマートフォンで確認できます。通常のツイートとの比較もでき、広告効果を可視化できます。

引用)オートプロモート|Twitter

このオートプロモート機能は、スマートフォンを広告管理プラットフォームにしていることからも、個人事業主や中小企業や各種サロン経営者等を対象にしているイメージを感じます。私も個人的に「このくらいだったらやっても良いかも」という感覚になります。

ただ、ターゲティングやクリエイティブを能動的に管理していきたい広告主にとっては、通常のTwitter広告の方が好ましいでしょう。その辺は割り切りと目的によって使い分けた方が良さそうですね。

オートプロモートをオンにして、地域や興味関心等からなる、配信ターゲットを選んでおけば、毎日最初の10ツイートが広告として配信されます。11個目以降のツイートやリツイート、引用ツイート、ツイートへの返信などは広告になりません。それぞれのツイートがどのくらい配信されるかは、ツイートのパフォーマンスによって変動します。また、オートプロモートはアカウント自体のプロモーション(フォロワーを増やすための広告配信)も自動的に行います。

引用)Twitter Promote Mode help

ふわふわ

登録方法

登録のしかたは簡単です。オートプロモートの登録に進み、2ステップで終了です。配信地域(国)とターゲット(「興味関心」か「
地域」)を選んで終了です。「興味関心」は24の項目から5つまで選択可能で、「地域」は原則都道府県単位(主要エリアによってはまとめられたり細分化されたりしている)で5つまで選択可能です。

オートプロモート手順

一応PCからも登録出来ますが、サイズ感がスマホですね。

ふわふわ

感想として

個人的には良いサービス機能だと思います。但し、このオートプロモート機能は長期間継続実施していく中で徐々に加速していくものだと思いますので(Twitterの反応自体、通常のSNSよりちょっと遅めですもんね)、月額9,900円というよりは年間118,800円として捉えた方が費用対効果の計算はしやすいかなと思います。

私のお小遣いが年間12万円余剰した際は試してみたいと思います(笑)。


関連記事
FACEBOOKは、facebook内における情報操作に対する措置についての対応や姿勢を発表しました。特にディープフェイクに対しても触れていましたのでご紹介します。 ディープフェイクって? 昔で言えば「アイコラ(アイドルコラージュ)」でしょうか。有名人やアイドルの写真を使って、他の写真に重ね合わせる ...(続きを読む)
先日、メンタリストDaiGo氏のYouTubeでも紹介されていました「やめると人生変わるSNSランキング」でInstagramが見事に1位でした(笑)。Instagramってそんなに人生を蝕むのでしょうか――考えてみたいと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=S ...(続きを読む)
Facebookでは米国現地時間11月4日にアプリケーションとしてのFacebookとは別に、企業ロゴと社名を大文字にすることを発表しました。製品群と企業ロゴを“音”ではなく“形”で分けるみたいですね。 色がグラデーションシフトするイメージになるようで、近いうちに様々な局面で変更されていくとのことで ...(続きを読む)
Instagramでは、米国現地時間2019年10月2日、不当ないじめ等が起きないようアカウントを制限させる機能を世界的に実装したと発表しました。これによって、嫌なコメントに関しては当事者以外を非表示にしたり、ダイレクトメッセージを受け取れないようになりました。 どんな機能? アカウントによっては辛 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。