YouTube動画でSEOすること

最近非常に多く聞く「YouTube動画を活かして、特定の検索クエリでの上位表示を達成させませんか?」という営業サービス。「実際にこういう営業を受けたんですが、どう思いますか?」という相談が私のところにも多く寄せられています。私にはそのサービスメソッド内容が詳しく分かりませんので、何とも判断しづらいのですが、とりあえずメカニズムだけご紹介しておこうかと思います。

動画

ふわふわ

どういう内容?

Google検索において、検索結果に動画紹介するケースは少なくありません。これは、Google側が「動画紹介した方が検索ユーザーに伝わりやすい」と判断した場合に動画(YouTube)枠が出現する傾向にあります(YouTube動画は他の動画と異なり、Google傘下だから出やすいとか…は無しで)。ノウハウ系や評価系等、動きがあったり、実際に使用するようなケースが想定される検索クエリにおいて、動画枠が出現します。

検索結果に動画が掲載

そして現在、この「動画枠を奪取しましょう!」という営業サービスが横行しているらしく、各企業へのアプローチが多いそうです。
その営業内容や各社のプラン内容、費用体系や支援範疇はマチマチらしいのですが、大きくは以下2つのようです。

  • 動画枠が設置されて選ばれるような対象キーワード指南
  • 動画枠に選ばれるような動画最適化指南

対象キーワードの指南というのは、いわゆる「動画枠が出るようなキーワードの発掘」ですね。おそらくこれは、Googleキーワードプランナーやサジェストワード分析だけでなく、YouTube検索内でのサジェストや関連語(実際にYouTube内で「●● 」とスペースを入れたり、「_●●」とアンダーバーを入れたりして出現するサジェストワード)を分析しているかと思われます。こういった調査方法においても各社オリジナルの分析の仕方があるのだと推察します。

動画最適化指南というのは、YouTube内検索でヒットするような人気動画になることですね。YouTube内で人気動画になれば、Google検索結果に動画枠が表示された時に選出されやすいからです。(YouTube内検索でヒットするような)人気動画になるためにはいくつか注目すべき箇所があります。私が、パッと思いつくだけでも以下8つほどあります。

  • 動画のタイトルや概要、タグの設定時における親和性の高い文言
  • 再生数&再生時間や再生時間達成率
  • 評価の数と高評価率
  • 動画投稿主のチャンネル登録者数
  • コメント数
  • 再生されやすいサムネイル
  • YouTube内で関連動画としての選出されやすさ
  • 動画への外部リンク(embed)

以上のような内容を踏まえて、コンサルテーションするサービス会社もあれば、実際に動画制作まで代行するサービス会社もあるようです。

ふわふわ

どう思う?

営業を受けたご担当者様からご相談を受けますが、私が思うに、上記のような内容であればブラックハットなやり方ではないですし、魅力的に感じるサービスであればご検討してみては良いのではと思います。ただし、検索結果画面の占有だけしか考えずに判断しようとするのであれば、それは少し検討力が不足している気がします。以下の点をよく踏まえてご検討されることをオススメします。

  • 配信内容は自社サービスのプッシュだけでなく、本当に検索ユーザーのためになる動画か。
  • ユーザーが理解しやすい内容を達成できているか。
  • 必ずしも自分のサイトへの流入数が増えるわけではないと分かっているか。

上記を達成できていなければ、たとえ動画枠に選ばれても長くは続かず、結果的に短期的な費用対効果(販促効果)を期待しなければなりません。ですので、こういった施策に関しては、飽くまでも検索ユーザーに対する啓蒙と気付きを与えることが最優先だと認識しておいたほうが良いでしょう。

そうでなければ、「Googleに振り回されて…」等と言うハメになってしまいますので…(笑)。


関連記事
Googleウェブマスター向け公式ブログでも「しごと検索」に関する構造化データのマークアップ注意点を再喚起していましたが、ちょうど私のほうでも、「しごと検索」枠登場による一般検索へのCTR影響度を検証したデータがございましたので、ご紹介したいと思います。 マークアップのしかたを間違えてはいけない G ...(続きを読む)
ついに来ました。去年の夏頃に実装予定を発表していましたが、Q&Aとライブ動画の構造化データマークアップサポートに続き、今回How-toとFAQに関する構造化データもマークアップ支援するようになったと発表されました。 どんな内容? 「○○ やり方」「○○ 方法」「○○ しかた」等の検索(いわゆるHow ...(続きを読む)
GoogleのWebmaster Central BlogでChromium(Google Chrome開発の元となっているオープンソースのプロジェクト)に合わせてGooglebotが最新のレンダリング機能を持つようになった、と発表されました。つまり、Webページレイアウトをより正確に理解し、ランキ ...(続きを読む)
Google I/O 2019にて、Google検索がAR(拡張現実)を活かした視覚的な機能を発表しました。既にGoogleの「The Keyword」でも取り上げられていますが、これは興味深い内容でしたので、ご紹介したいと思います。 AR検索 これからの機能として紹介されていますが、例えばGoog ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。