検索への影響α版とWMT

既に「【速報】Googleウェブマスターツールの新機能「検索への影響」を使ってみた」や「Google、検索結果のパフォーマンスを分析できるサーチインパクトレポートα版公開」でご紹介されている通り、WebMasterToolにおいて、一部のユーザーに超β版として検索クエリの詳細が検証できるレポート項目が始まっています。

【速報】Googleウェブマスターツールの新機能「検索への影響」を使ってみた」を拝読する限り、切り口を変えた比較検証が出来るようです。

水

WebMasterToolの数値が細かく表示

しかしながら、そのα版のせいか、私がWebMasterToolを確認する限り、従来の検索クエリにおける表示回数やクリック数も数字が細かくなっているようです。今まで検索クエリの表示回数が1,300とか2,900とかざっくりだったものが一桁台まで数字が明示されています。クリック数も詳細まで算出されているようです。

WMTのクエリ

もちろん、正確な数字かどうかは分かりませんし、他ツールと合わせて傾向値としての把握という認識のままでいて良いかもしれませんが、これによってロングテールワードの需要性や検索順位の細かな変動による流入への影響度を検証することが容易になると思います(「意外な流入クエリ」に対しても検証しやすくはるはずですね)。

実際、ベニス・アップデートの話以来、私もWebMasterToolから吐き出しているGoogleAnalyticsの情報を参考に、検索クエリによる流入を使ってPDCAを回すようにしていましたが、数字がここまで明確化することによって、より順位と流入の相関性を掴めるようになると考えています。

とりあえず「検索への影響」項目は、せめてβ版になるのを待ちつつ、サイト運営担当者としては今のうちにWebMasterToolを使ったPDCAに慣れておくことをオススメします。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。