検索への影響α版とWMT

既に「【速報】Googleウェブマスターツールの新機能「検索への影響」を使ってみた」や「Google、検索結果のパフォーマンスを分析できるサーチインパクトレポートα版公開」でご紹介されている通り、WebMasterToolにおいて、一部のユーザーに超β版として検索クエリの詳細が検証できるレポート項目が始まっています。

【速報】Googleウェブマスターツールの新機能「検索への影響」を使ってみた」を拝読する限り、切り口を変えた比較検証が出来るようです。

水

WebMasterToolの数値が細かく表示

しかしながら、そのα版のせいか、私がWebMasterToolを確認する限り、従来の検索クエリにおける表示回数やクリック数も数字が細かくなっているようです。今まで検索クエリの表示回数が1,300とか2,900とかざっくりだったものが一桁台まで数字が明示されています。クリック数も詳細まで算出されているようです。

WMTのクエリ

もちろん、正確な数字かどうかは分かりませんし、他ツールと合わせて傾向値としての把握という認識のままでいて良いかもしれませんが、これによってロングテールワードの需要性や検索順位の細かな変動による流入への影響度を検証することが容易になると思います(「意外な流入クエリ」に対しても検証しやすくはるはずですね)。

実際、ベニス・アップデートの話以来、私もWebMasterToolから吐き出しているGoogleAnalyticsの情報を参考に、検索クエリによる流入を使ってPDCAを回すようにしていましたが、数字がここまで明確化することによって、より順位と流入の相関性を掴めるようになると考えています。

とりあえず「検索への影響」項目は、せめてβ版になるのを待ちつつ、サイト運営担当者としては今のうちにWebMasterToolを使ったPDCAに慣れておくことをオススメします。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。