リッチカードが利用可能に

Googleがウェブマスター向け公式ブログで日本を含む世界中でリッチカードの導入が可能になったと発表しました。今までは英語圏だけでしたが、日本でも能動的に構造化データのマークアップによって表示させることが出来るようになりました。

カード

ふわふわ

リッチカードって?

Googleのリッチスニペット(≒豪華な検索結果表示)のひとつで、2016年5月にGoogle.com(モバイル検索)に実装された表示機能です。レシピと映画カテゴリにおいてSchema.orgによる構造化データマークアップを行うことで、カルーセルによる(写真+タイトルの)カード型表示ができました。

それが、この度、レシピと映画と飲食店カテゴリにおいて日本を含む世界中で実装+表示できるようになったとのことです。

リッチカード

しかもAMPにも対応しているようなので、検索ユーザーの満足度も高くなると思われます。

現時点でリッチカードが表示されるカテゴリは、レシピ、映画、飲食店の 3 つで、すべて AMP 形式に対応しています。各種のリッチカードをギャラリーで紹介しています。スクリーンショットや、マークアップのコードサンプルも用意していますので、コンテンツに合ったタイプを見つける場合はこちらをご利用ください。リッチカードをサポートするカテゴリやデータ形式は、今後も積極的に増やしていく予定です。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

AMPに関してはテストツールでエラー確認が可能ですが、リッチカードに関してはテストツールが無いので、実装後Search Consoleのリッチカードレポートで確認することになります。

ふわふわ

モバイル検索はどんどん進化

モバイルファーストインデックスに向けて、Googleの検索結果はどんどんリッチになっていきますね。せっかくGoogleの検索結果がリッチになっていくわけですので、これを機にサイト運用者側もモバイルページをデザイン上の見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

私のお取引先企業様も現在モバイルページを試行錯誤されていますが、ただブレイクポイントに合わせてレスポンシブになっているだけでは、もはや時代遅れかもしれませんね(笑)。


関連記事

安全な検索体験を守るGoogle

Googleによるスパム対策の話や違法コンテンツに関する話が連日続いていましたが、同様に米国現地時間4月29日のThe Keywordにて、Googleが検索結果に対してどのような安全策を講じているのか、措置を行っているのか、改めて案内していますので和訳してご紹介します。ずっと検索やSEOに接してい ...(続きを読む)

違法コンテンツに対するGoogleの措置

SEOに取り組んでいるあまり、まるでGoogleを神様や法の裁定人かのように思いがちですが、GoogleはあくまでもWebサイトを検索ユーザーに紹介するだけのプラットフォームです。ですので、第3者として提供しているに過ぎません。しかしながら、ここまで世界的規模で利用されていたり、情報提供の正確さによ ...(続きを読む)

2020年のスパム対Google

毎年恒例となりましたGoogleによる前年のスパム対策振り返り。今年もGoogleはSearch Central Blogで2020年を振り返って発表していますので和訳してご紹介したいと思います。 Googleからの発表内容 米国現地時間4月29日にGoogleが発表した内容です。若干長文ですが、ご ...(続きを読む)

パラメータ付URLについて

SEOを考えた時、パラメータ付URLが存在しているものについて懸念する人が多いです。懸念する理由を聞くと「パラメータ付URLは良くないと聞いたから」「パラメータ付URLは何となく良くなさそう」等という曖昧な返答が多い気がします。そもそもパラメータ付URLの良し悪しはケースバイケースなので、Googl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。