リッチカードが利用可能に

Googleがウェブマスター向け公式ブログで日本を含む世界中でリッチカードの導入が可能になったと発表しました。今までは英語圏だけでしたが、日本でも能動的に構造化データのマークアップによって表示させることが出来るようになりました。

カード

ふわふわ

リッチカードって?

Googleのリッチスニペット(≒豪華な検索結果表示)のひとつで、2016年5月にGoogle.com(モバイル検索)に実装された表示機能です。レシピと映画カテゴリにおいてSchema.orgによる構造化データマークアップを行うことで、カルーセルによる(写真+タイトルの)カード型表示ができました。

それが、この度、レシピと映画と飲食店カテゴリにおいて日本を含む世界中で実装+表示できるようになったとのことです。

リッチカード

しかもAMPにも対応しているようなので、検索ユーザーの満足度も高くなると思われます。

現時点でリッチカードが表示されるカテゴリは、レシピ、映画、飲食店の 3 つで、すべて AMP 形式に対応しています。各種のリッチカードをギャラリーで紹介しています。スクリーンショットや、マークアップのコードサンプルも用意していますので、コンテンツに合ったタイプを見つける場合はこちらをご利用ください。リッチカードをサポートするカテゴリやデータ形式は、今後も積極的に増やしていく予定です。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

AMPに関してはテストツールでエラー確認が可能ですが、リッチカードに関してはテストツールが無いので、実装後Search Consoleのリッチカードレポートで確認することになります。

ふわふわ

モバイル検索はどんどん進化

モバイルファーストインデックスに向けて、Googleの検索結果はどんどんリッチになっていきますね。せっかくGoogleの検索結果がリッチになっていくわけですので、これを機にサイト運用者側もモバイルページをデザイン上の見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

私のお取引先企業様も現在モバイルページを試行錯誤されていますが、ただブレイクポイントに合わせてレスポンシブになっているだけでは、もはや時代遅れかもしれませんね(笑)。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。