サイトマップページで遊ぼう

サイトマップというとXML(形式はXMLだけではないのですが、ここでは便宜上XMLサイトマップにしておきます)と考える人も多くなったかと思います。サイトマップページ(HTMLのサイトマップ)はもはや不要と考える人が多いからです。でも、私は改めてこのHTMLによるサイトマップページに注目してみたいと思います。

SITEMAP

ふわふわ

XMLサイトマップとHTMLサイトマップとクローラー

GoogleにおいてXMLサイトマップは重要です。以前ほどGoogleへの新規ページ申請ツール(Fetch as Google等)があるわけでは無くなりましたし、XMLサイトマップはGoogleのクローラーにとって新規ページ発見の手がかりになりますし、インデックス状況に何かあればGoogleはXMLサイトマップと照合しながらGoogle Search Consoleで通知が来るようになっています。反面、それくらい重要がゆえに、下手に間違ったXMLサイトマップ(存在したいページURLを記載していたり、インデックスさせない重複ページURLを不用意に掲載したりしてしまう)を掲載すれば、Googleから通知が来やすくなります。

「へたにGoogleに読み込まれるくらいなら、リンク導線もあるし、いちいちXMLサイトマップに新規ページURLを反映させる必要もないだろう」と考え、主要なページURLのみをXMLサイトマップに記載し登録しておくサイトオーナーもいますが、私は「過不足なく、インデックス有効なページURLを100%、XMLサイトマップに反映してください」と言い切っています。それが最適解だからです。自動生成するXMLサイトマップツールを使用することについては勿論推奨していますが、noindexやリダイレクト、canonical設定しているURLまで自動生成するツールなのであればその使用を回避するか、後で手作業修正する必要があります。

さて、XMLサイトマップはこのようにGoogleクローラーのために役立ちますが、一方でHTMLサイトマップはどうか、という話です。

以前は「HTMLサイトマップがあるとGoogleのクローリングの手助けになる」とか「回遊性が上がる」等という都市伝説もありましたが、Googleは「HTMLサイトマップはクローラーに対しては不要」と言っています(詳細は「海外SEO情報ブログ」参照)。ですので、HTMLサイトマップを掲載しているサイトオーナーもめっきり減りました。でも、私のように以前からHTMLサイトマップを見る癖がある人って一定数存在すると思うんです。また、初めて訪れたサイトを俯瞰的且つ掌握的に理解できるので、以外とHTMLサイトマップって便利なんですよね。

ふわふわ

HTMLサイトマップで遊ぶ

そこで私からの提案です(誰に?w)。HTMLサイトマップをXMLから派生したようなURLページ一覧として捉えず、「このサイトのページ移動のしかた」というチュートリアル的な位置づけで考えてみてはいかがでしょうか? というものです。

サイトマップとしてHTMLページを組んで置いておくのも良いでしょう。私のようなユーザーには有難く思います。しかし、サイトマップ自体を閲覧する意識が薄いユーザーで且つサイトの使い方が分からないユーザーにはこのHTMLサイトマップをカスタムして訴求すれば、非常に有意義になるのではないでしょうか。以前404ページデザインで遊ぼうでご紹介した意図と同じです。

もう少しユーザー目線から派生させた言い方をしましょう。チュートリアル的にサイトマップを置くことで、ユーザーにとっては当該サイトの使い方を理解しやすくなると思います。特に新規ユーザーがまずそのサイトマップを閲覧できるようにしておけば、おのずとセッション率は上がりますし、人気のページになるでしょう。人気のページが出来ることはSEO上においても(間接的ではあるものの)プラスに働きます。そして人気ページがハブとなることで、内部リンク導線による回遊性も上がるため、通気性の良いサイトに寄与すると考えられます。
これって理屈抜きにSEO上においてもプラスになりますよね。外部リンクだって集まりやすいかもしれません。

ふわふわ

試しに作ってみました

というわけで、早速このブログで試してみたく「サイトマップ」ページをリニューアルしてみました。一応グローバルナビ(ヘッダー)のところも「SITEMAP」から「TUTORIAL」に変更。併せて記事ページもデスクトップ版では2カラムから1カラムに変更しました。

これで使い勝手を検証しながら、他のサイト運営に役立ててみようかと思います。ご意見があれば是非!


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。