2020年1月:Google検索ニュース

Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介しておきます。

ふわふわ

発表内容

おさらいとしてWebmaster Central Blogの和訳をご紹介しますので、ご確認ください。

2020年1月のGoogle検索ニュース

2020年が皆様にとっても好調にスタートしたことを祈りつつ、前回の発表Google検索で行われたいくつかの変更や更新について端的にお知らせします。GoogleではYouTubeのシリーズとしての「Google検索ニュース」という形で、このお知らせを行なっています。

2020年1月のエピソードではこれらの内容を扱っています:

これらのアップデートが皆様にお役立ちできることを祈っています!ご不明な点は動画へのコメントでもTwitterでも、今後の改善のために是非ご連絡ください。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

捕捉するなら

まぁ、過ぎた話ですので今さら特に言及する部分もございませんが、強いて挙げるのであれば構造化データの部分でしょうか。もう完全にJSON-LDに集約してマークアップした方が良いと思います。MicrodataもRDFaもいつGoogleが活用しなくなるか分かりませんので、時間に余裕がある際に構造化データはJSON-LDでマークアップしておきましょう。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。