2020年1月:Google検索ニュース

Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介しておきます。

ふわふわ

発表内容

おさらいとしてWebmaster Central Blogの和訳をご紹介しますので、ご確認ください。

2020年1月のGoogle検索ニュース

2020年が皆様にとっても好調にスタートしたことを祈りつつ、前回の発表Google検索で行われたいくつかの変更や更新について端的にお知らせします。GoogleではYouTubeのシリーズとしての「Google検索ニュース」という形で、このお知らせを行なっています。

2020年1月のエピソードではこれらの内容を扱っています:

これらのアップデートが皆様にお役立ちできることを祈っています!ご不明な点は動画へのコメントでもTwitterでも、今後の改善のために是非ご連絡ください。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

捕捉するなら

まぁ、過ぎた話ですので今さら特に言及する部分もございませんが、強いて挙げるのであれば構造化データの部分でしょうか。もう完全にJSON-LDに集約してマークアップした方が良いと思います。MicrodataもRDFaもいつGoogleが活用しなくなるか分かりませんので、時間に余裕がある際に構造化データはJSON-LDでマークアップしておきましょう。


関連記事
強調スニペットをクリック(タップ)すると強調スニペット引用元のページに飛びますが、その引用元ページの引用文がハイライトされて、そこに直接飛べる仕様になりました。対応ブラウザとしてChromeのみです。 どんな内容? Googleがツイートした内容は下記の通りです。 As we have done w ...(続きを読む)
既にご案内しています「ウェブに関する主な指標」に関して、Googleの公式発表記事を和訳しましたのでご紹介します。Core Web Vitalsに関しては以下のページもご参考ください。 ウェブに関する主な指標 Core Web Vitalsのしきい値について Googleからの発表記事 Google ...(続きを読む)
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。