2020年1月:Google検索ニュース

Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介しておきます。

ふわふわ

発表内容

おさらいとしてWebmaster Central Blogの和訳をご紹介しますので、ご確認ください。

2020年1月のGoogle検索ニュース

2020年が皆様にとっても好調にスタートしたことを祈りつつ、前回の発表Google検索で行われたいくつかの変更や更新について端的にお知らせします。GoogleではYouTubeのシリーズとしての「Google検索ニュース」という形で、このお知らせを行なっています。

2020年1月のエピソードではこれらの内容を扱っています:

これらのアップデートが皆様にお役立ちできることを祈っています!ご不明な点は動画へのコメントでもTwitterでも、今後の改善のために是非ご連絡ください。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

捕捉するなら

まぁ、過ぎた話ですので今さら特に言及する部分もございませんが、強いて挙げるのであれば構造化データの部分でしょうか。もう完全にJSON-LDに集約してマークアップした方が良いと思います。MicrodataもRDFaもいつGoogleが活用しなくなるか分かりませんので、時間に余裕がある際に構造化データはJSON-LDでマークアップしておきましょう。


関連記事
新型コロナウィルスの影響により、実店舗だけでなく(特に物流ビジネスを主としている)オンラインビジネスでも停滞を余儀なくされているサイト運用者もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな運営の停滞に伴って、Google検索におけるSEO上の措置についてGoogleが案内してくれていますので、ご紹介します ...(続きを読む)
SEOに向けて分析している中で、「競合サイトや他の業界はどのくらいのペースや頻度でページを増加しているんだろう」と思ったことはございませんか? 以前、before/after:の検索コマンドをご紹介したことはありましたが、厳密に日付単位で順位状況は分かっても、その時期に公開されたページかどうかは分か ...(続きを読む)
コロナウィルスによって、エンターテイメント業界中心に数多くのイベントや催事が世界レベルで中止や延期になっていますよね。経済破綻の恐れもある中で、各運営元も選択を余儀なくされています。そんな時、検索ユーザーに対してもいち早く対応できるよう、構造化データの共同母体であるSchema.orgの情報更新に伴 ...(続きを読む)
最近耳にするようになった「リードナーチャリング」という言葉。マーケティング用語の一環ですが、その名の通り「lead(導いて)」「nurturing(育てる)」という意味からも、潜在顧客にアプローチし購買意欲を高めるための見込み顧客育成として使われます。要はリーチした潜在顧客をCold→Cool→Wa ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。