GSCでGoogleニュース確認

Googleニュースで表示された検索パフォーマンスに関して、Search Consoleで確認できるようになりました。Google検索セントラルブログで発表されています(日本語版です)。一応注意点含め私からもご紹介しておきます。

新聞

ふわふわ

対象はGoogle検索のニュースタブ検索結果ではない

今回、Search Consoleでレポート対応されるようになったのはGoogleニュースであって、AndroidやiOSのGoogleニュースアプリとnews.google.comで表示されるページが対象です。

本日、Googleニュースのパフォーマンス レポートをリリースいたします。この新しいレポートにより、ニュースメディアの皆様はAndroidアプリおよびiOSアプリのGoogleニュースとnews.google.comにおけるユーザーの行動を詳しく把握できます。

引用)検索セントラルブログ

混乱しがちですが、Googleで検索した結果のニュースタブで展開される検索結果の表示は対象ではありません。このニュースタブで展開された検索結果のカウントに関しては、従来からあるようにSearch Console内[検索結果のパフォーマンス]の中にある[検索タイプ]を[ニュース]に設定することで確認できます。

ふわふわ

新しい仕様について

さて、今回のGoogleニュースですが、Search Console内の左カラムにある[検索パフォーマンス]項目に[Googleニュース]として表示されるようになります。対象Webサイト(プロパティ)は、Googleニュースに表示されたことがあるWebサイト(プロパティ)です。レポート内容は表示回数とクリック数とクリック率です。

Search Consoleからパフォーマンス レポートにアクセスするには、左側のナビゲーションの[検索パフォーマンス]セクションで[Google ニュース]をクリックします。レポートにはインプレッション数、クリック数、クリック率(CTR)などの指標が含まれ、次のような疑問に対する答えを見つけられます。

  • Googleニュースでユーザーに記事が何回表示されたか?
  • Googleニュースでパフォーマンスが高かったのはどの記事か?
  • ユーザーの行動は国によってどのように異なるか?

引用)検索セントラルブログ

普通にWebサイトをなんとなくやっていたり、法人企業サイトだったりすると、なかなか最新情報をニュースという形でページ公開することも少なく、あまり今回の機能に触れる機会がないかもしれませんね。

でも、E-A-T要素を抑えた上で、鮮度の高い情報を作っていけばどんなWebサイトでも表示される可能性はありますので、是非Googleニュースへの掲載を狙ってみてはいかがでしょうか。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。