• GSCでGoogleニュース確認

GSCでGoogleニュース確認

Googleニュースで表示された検索パフォーマンスに関して、Search Consoleで確認できるようになりました。Google検索セントラルブログで発表されています(日本語版です)。一応注意点含め私からもご紹介しておきます。

新聞

対象はGoogle検索のニュースタブ検索結果ではない

今回、Search Consoleでレポート対応されるようになったのはGoogleニュースであって、AndroidやiOSのGoogleニュースアプリとnews.google.comで表示されるページが対象です。

本日、Googleニュースのパフォーマンス レポートをリリースいたします。この新しいレポートにより、ニュースメディアの皆様はAndroidアプリおよびiOSアプリのGoogleニュースとnews.google.comにおけるユーザーの行動を詳しく把握できます。

引用)検索セントラルブログ

混乱しがちですが、Googleで検索した結果のニュースタブで展開される検索結果の表示は対象ではありません。このニュースタブで展開された検索結果のカウントに関しては、従来からあるようにSearch Console内[検索結果のパフォーマンス]の中にある[検索タイプ]を[ニュース]に設定することで確認できます。

新しい仕様について

さて、今回のGoogleニュースですが、Search Console内の左カラムにある[検索パフォーマンス]項目に[Googleニュース]として表示されるようになります。対象Webサイト(プロパティ)は、Googleニュースに表示されたことがあるWebサイト(プロパティ)です。レポート内容は表示回数とクリック数とクリック率です。

Search Consoleからパフォーマンス レポートにアクセスするには、左側のナビゲーションの[検索パフォーマンス]セクションで[Google ニュース]をクリックします。レポートにはインプレッション数、クリック数、クリック率(CTR)などの指標が含まれ、次のような疑問に対する答えを見つけられます。

  • Googleニュースでユーザーに記事が何回表示されたか?
  • Googleニュースでパフォーマンスが高かったのはどの記事か?
  • ユーザーの行動は国によってどのように異なるか?

引用)検索セントラルブログ

普通にWebサイトをなんとなくやっていたり、法人企業サイトだったりすると、なかなか最新情報をニュースという形でページ公開することも少なく、あまり今回の機能に触れる機会がないかもしれませんね。

でも、E-A-T要素を抑えた上で、鮮度の高い情報を作っていけばどんなWebサイトでも表示される可能性はありますので、是非Googleニュースへの掲載を狙ってみてはいかがでしょうか。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事