GSCでGoogleニュース確認

Googleニュースで表示された検索パフォーマンスに関して、Search Consoleで確認できるようになりました。Google検索セントラルブログで発表されています(日本語版です)。一応注意点含め私からもご紹介しておきます。

新聞

ふわふわ

対象はGoogle検索のニュースタブ検索結果ではない

今回、Search Consoleでレポート対応されるようになったのはGoogleニュースであって、AndroidやiOSのGoogleニュースアプリとnews.google.comで表示されるページが対象です。

本日、Googleニュースのパフォーマンス レポートをリリースいたします。この新しいレポートにより、ニュースメディアの皆様はAndroidアプリおよびiOSアプリのGoogleニュースとnews.google.comにおけるユーザーの行動を詳しく把握できます。

引用)検索セントラルブログ

混乱しがちですが、Googleで検索した結果のニュースタブで展開される検索結果の表示は対象ではありません。このニュースタブで展開された検索結果のカウントに関しては、従来からあるようにSearch Console内[検索結果のパフォーマンス]の中にある[検索タイプ]を[ニュース]に設定することで確認できます。

ふわふわ

新しい仕様について

さて、今回のGoogleニュースですが、Search Console内の左カラムにある[検索パフォーマンス]項目に[Googleニュース]として表示されるようになります。対象Webサイト(プロパティ)は、Googleニュースに表示されたことがあるWebサイト(プロパティ)です。レポート内容は表示回数とクリック数とクリック率です。

Search Consoleからパフォーマンス レポートにアクセスするには、左側のナビゲーションの[検索パフォーマンス]セクションで[Google ニュース]をクリックします。レポートにはインプレッション数、クリック数、クリック率(CTR)などの指標が含まれ、次のような疑問に対する答えを見つけられます。

  • Googleニュースでユーザーに記事が何回表示されたか?
  • Googleニュースでパフォーマンスが高かったのはどの記事か?
  • ユーザーの行動は国によってどのように異なるか?

引用)検索セントラルブログ

普通にWebサイトをなんとなくやっていたり、法人企業サイトだったりすると、なかなか最新情報をニュースという形でページ公開することも少なく、あまり今回の機能に触れる機会がないかもしれませんね。

でも、E-A-T要素を抑えた上で、鮮度の高い情報を作っていけばどんなWebサイトでも表示される可能性はありますので、是非Googleニュースへの掲載を狙ってみてはいかがでしょうか。


関連記事

SEOの勉強は何から始める?

「今年こそSEOの勉強を始めます!そこで、何から見ていけば良いでしょうか?」というご質問を結構受けます。聞く人によっては「何から見ていけば良いか、って聞いてくる段階でセンス無い」とか「依存心が強い」とか思うかもしれませんが、私はSEOの勉強を始めると言われるだけで嬉しいので、ちゃんと答えています。そ ...(続きを読む)

インデックスカバレッジが改良

Googleは米国現地時間の1月11日、Search Central BlogでSearch Consoleのインデックスカバレッジデータを改善したと発表しました。日本語版はまだですので和訳してご紹介します。 Googleからの発表内容 Search Central Blogでは以下のように案内され ...(続きを読む)

指名検索数をKPI化する考え

ここ12年くらいSEOを考えすぎて、少しずつSEOの概念から離れていってきている私でございます(笑)。禅問答みたいになってしまいますが、SEOはコーダーが険悪エンジンを捉えた技術的コーディングをすれば良いわけで、マーケティングやSearch(User) Experience Optimization ...(続きを読む)

キーワードとターゲットは違う

最近、結構話していますが、SEOをしているとキーワードがターゲットであると勘違いしてしまうケースがありますので、その辺についてちょこちょこっと記事にしておきたいと思います。ちなみに「クエリ」での上位表示を狙う側から捉えると「キーワード」という呼称になるわけで、一般的に流入してくる検索ワードのことはク ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。