• Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィール

GoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールという名称に変わります。そして、ビジネスプロフィール所有アカウント者はGoogleにログインしている状態で完全にGoogle検索結果画面やGoogleマップから内容編集や設定ができる用になります。Googleが米国現地時間11月4日11月5日の2日間に渡って記事で紹介してくれていますので、11月5日のほうの記事を和訳しながらご紹介します。

Googleビジネスプロフィールと管理方法

従来のGoogleマイビジネスから名称が変わると同時に管理方法も変わるようです。GoogleマイビジネスのWebサイトやアプリを利用する必要がなくなり、今後、伴う諸情報に関しても少しずつアップデートされていくようです。エンドユーザーには分からない仕様ですが、ビジネスプロフィール管理者は必ず確認しておくようにしましょう。

Googleビジネスプロフィールの新機能紹介

ご案内の通り、今週よりGoogleのプロダクトから直接ビジネスプロフィールを簡単作成・編集できるようになりました。また、名称も「Googleマイビジネス」から「Googleビジネスプロフィール」に変更することも発表しました。そこで「Googleビジネスプロフィール」に関する詳細な情報をこのヘルプコミュニティでご紹介します。
 

Google検索とGoogleマップでビジネスプロフィール登録を直接リクエストする

ビジネスプロフィールに関わる問題の解決やビジネスプロフィールの確認が、今までより簡単になります。Googleでビジネス名を検索するか、Googleマップのアプリを使ってプロフィールに直接アクセスすると、ビジネスプロフィールの確認やビジネスプロフィールの停止等、様々な変更をできるオプションが表示されます。また、Google検索で「マイビジネス」と検索すると自分のビジネスプロフィールにアクセスすることもできます。
そしてそこから、住所、営業時間、写真など、Google検索時に表示される情報を編集することができます。

Googleでビジネスプロフィールを作成、または登録希望の全てのユーザーが、今後数ヶ月のうちにGoogle検索およびGoogleマップ上から直接設定できるようになる予定です。それにより、自分のプロフィールが実際にどう公開されているかや、ユーザーに確実に見てもらうためにどう改善すべきか等を確認できるようになるでしょう。

Google検索とGoogleマップでビジネスプロフィールを管理する

現在、ビジネスプロフィールを管理するための最も簡単な方法は、GoogleマップとGoogle検索を利用することです。近い将来、ビジネスの状況を把握したりオンラインでの存在感を高めたりするための新たなツールが、Google検索とGoogleマップ限定で利用できるようになる予定です。
そして、GoogleマイビジネスのWebサイトやモバイル版アプリを今後利用する必要はありません。単純に「Googleマイビジネス」は「Googleビジネスプロフィール」に変更されます。それに伴い、ヘルプセンター、コミュニティ、サポートなどの各チャンネルも、今後数週間で適宜更新されます。また、Googleから届くメールやプッシュ通知も、Googleビジネスプロフィールにリンクされるようになります。
GoogleマイビジネスのWebサイトは、複数のビジネスプロフィールを保有する大規模な企業からサポートするよう移行を進めていき、併せてその名前を「ビジネスプロフィールマネージャー」と名称変更します。大企業のアカウントユーザーは、希望すればGoogle検索やGoogleマップで個別のプロフィールを管理することもできます。小規模な企業の場合は、時間と共にGoogle検索やGoogleマップ上で個々のプロフィールを直接管理できるようになるのでお待ちください。
Google My Business APIはBusiness Profile APIに名称を変更し、現在の機能を完全に維持しながら、引き続き積極的に開発を進めていきます。
2022年にはGoogle My Businessアプリを廃止し、中小企業も対象にアップグレードすることで、サービス提供者側の体験をGoogleマップとGoogle検索で提供できるようにしていきます。
これらの変更に関する詳細は、今後数ヶ月のうちに発表される予定です。

詳細情報
Googleでビジネス情報を更新する

引用)Google Business Profile Helpより和訳

まずは名称と管理方法が変更

今回の発表では、まずGoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールに名称変更されたこと、また併せて少しずつ、管理の仕方としてエンドユーザーと同じようにGoogle検索結果のビジネスプロフィール画面やGoogleマップ、そのアプリに集約され、マイビジネスのWebサイトは、ビジネスプロフィールマネージャーに変わるとのことです。変更に伴う各中身の情報は少しずつ移行されているようですので、しばらくは両方見ながら確認しておくと良いでしょう。

そして、今後はもっとビジネスプロフィールを良くしていくための支援機能等が導入されていく予定とのことで、その辺は楽しみですね。

MEOは消滅!?

私は正直、一度もこの言葉で営業したことが無いのですが、Map Engine Optimizationのことですね。これはGoogle側も一言も言っておらず、巷の業者が言い出したことでして…。私も施策の仕組みは分かりますが、全く縁がありませんでした。今後、このGoogleビジネスプロフィールがもっともっと管理しやすくシームレスな改善が必要になるのであれば、MEOみたいな施策は無くなるかもしれませんね。しかし、一方でビジネス状況の把握や管理施策において、より細かな修正や改善が必要になるのであれば、その代行会社等が登場するかもしれません。いずれにしましても、私は企業様のビジネスプロフィールに関してはアンタッチャブルをポリシーとさせていただいているのであまり気にしないようにしたいと思います。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事