App Indexingが検索結果に乱入!?

GoogleのMariya Moeva氏がSMX Eastにおいて発表したとのことで、いつ本格導入されるか分かりませんが、ここでもご紹介しておきます。

サンセット

ふわふわ

どういう話か?

簡単に申し上げますと、今後モバイル検索結果においてアプリが入ってくるとのことです。アプリがない従来のサイトにとっては(施策キーワード次第で)モバイル検索順位が下がる?乱れる?懸念が生じるわけです。大きなお話ですね。いよいよと言うべきか…そもそももうちょっと表示速度とかモバイルSEOアルゴリズムを仕組み化してくれないと今後の協議や施策を考えにくい…とか、色々思いますが、いずれにしましてもアプリ運用ご担当者にはユーザー接触機会が増加するので朗報かもしれません。

そもそもGoogleに読み込まれて検索に影響させるために、アプリをお持ちの運用ご担当者は以下を参考に設定ください。

 

ふわふわ

補足情報

今回私も勉強させていただいた中で、その各ブログからの抜粋です。

なおモエヴァ氏の発表は速報だったようで、今回のニュースに関しては近いうちにGoogleから公式発表があると思われます。アクションを起こすことはまだ控えておいて大丈夫でしょう。
引用元)海外SEO情報ブログ

 
今どうこうというよりはしっかり設定するものを設定した上で「続報を待て」という印象です。

ふわふわ

ベータ版ではあるが、GoogleはSearch Consoleでの新しい機能を実装した。App Indexingのデベロッパーが使えるようになる新しい機能は、以下のとおりだ。
(1)検索アナリティクス内で、検索結果でのクリックをベースとしたデータと、インストールされたアプリ内のボタンでのクリックのデータを区別する機能。
(2)Google Playで発行されたバージョンのAPKファイルを使用した方法に加え、非発行のAPKファイルをアップロードすることにより、Fetch as Googleを直接使用することができる機能。
(3)Fetch as Googleの結果が、タイトル、ディスクリプション、APIのURLやその他の情報を含んだAPIの情報を表示することができる。
引用元)SEO Japanブログ

 
アプリのSEO状況を管理する上でもSearch Consoleの機能が増加します。

ふわふわ

アプリ開発によるASOやSEO

企業サイトを運営している場合、なかなかアプリ開発まで工数を捻出できていないのが現状だと思います。しかし、こうしたApp Indexingに伴うモバイルSEOの激化や進化を考えますと、アプリの開発はユーザーコミュニケーション上、重要になると考えられます。現在私の方でもアプリを開発していますので、今後アプリにおけるSEO情報はASOだけでなく、より具体的にご紹介できるようになるかもしれません。

乞うご期待なのでございます。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。