App Indexingが検索結果に乱入!?

GoogleのMariya Moeva氏がSMX Eastにおいて発表したとのことで、いつ本格導入されるか分かりませんが、ここでもご紹介しておきます。

サンセット

ふわふわ

どういう話か?

簡単に申し上げますと、今後モバイル検索結果においてアプリが入ってくるとのことです。アプリがない従来のサイトにとっては(施策キーワード次第で)モバイル検索順位が下がる?乱れる?懸念が生じるわけです。大きなお話ですね。いよいよと言うべきか…そもそももうちょっと表示速度とかモバイルSEOアルゴリズムを仕組み化してくれないと今後の協議や施策を考えにくい…とか、色々思いますが、いずれにしましてもアプリ運用ご担当者にはユーザー接触機会が増加するので朗報かもしれません。

そもそもGoogleに読み込まれて検索に影響させるために、アプリをお持ちの運用ご担当者は以下を参考に設定ください。

 

ふわふわ

補足情報

今回私も勉強させていただいた中で、その各ブログからの抜粋です。

なおモエヴァ氏の発表は速報だったようで、今回のニュースに関しては近いうちにGoogleから公式発表があると思われます。アクションを起こすことはまだ控えておいて大丈夫でしょう。
引用元)海外SEO情報ブログ

 
今どうこうというよりはしっかり設定するものを設定した上で「続報を待て」という印象です。

ふわふわ

ベータ版ではあるが、GoogleはSearch Consoleでの新しい機能を実装した。App Indexingのデベロッパーが使えるようになる新しい機能は、以下のとおりだ。
(1)検索アナリティクス内で、検索結果でのクリックをベースとしたデータと、インストールされたアプリ内のボタンでのクリックのデータを区別する機能。
(2)Google Playで発行されたバージョンのAPKファイルを使用した方法に加え、非発行のAPKファイルをアップロードすることにより、Fetch as Googleを直接使用することができる機能。
(3)Fetch as Googleの結果が、タイトル、ディスクリプション、APIのURLやその他の情報を含んだAPIの情報を表示することができる。
引用元)SEO Japanブログ

 
アプリのSEO状況を管理する上でもSearch Consoleの機能が増加します。

ふわふわ

アプリ開発によるASOやSEO

企業サイトを運営している場合、なかなかアプリ開発まで工数を捻出できていないのが現状だと思います。しかし、こうしたApp Indexingに伴うモバイルSEOの激化や進化を考えますと、アプリの開発はユーザーコミュニケーション上、重要になると考えられます。現在私の方でもアプリを開発していますので、今後アプリにおけるSEO情報はASOだけでなく、より具体的にご紹介できるようになるかもしれません。

乞うご期待なのでございます。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。