GoogleがAMPキャンペーン開始

Googleウェブマスター向け公式ブログにて、AMPキャンペーンを開始したと告知されていますので、ご紹介したいと思います。要は「ユーザー体験のために、是非みんなでAMPを理解し実装しよう」という働きがけです。

猫

ふわふわ

目的は

AMPと言われてもイマイチ理解できないサイト運営者様のために、今後数週間、情報を発信し続けてくれるそうです。

Google検索におけるAMPの拡大に先立ち、Googleではこれから数週間にわたって役立つ関連情報を投稿し、各サイトの#AMPlifyを支援していきます。Google+Twitterでは、ハッシュタグ#AMPlifyをフォローしてください。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

今年後半には、AMPページを実装しているサイトがモバイルでのGoogle検索結果ページ全体で表示されるようになり、AMPページの表示される機会が拡大する予定です。これは、eコマース、エンターテイメント、旅行、レシピなど、あらゆる種類のサイトが対象です。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
業界によってはAMP化する必要もないかもしれませんが、上記のようにECや旅行、レシピ等、いわゆる案件(や商品、物件)を多く抱えているようなサイトはAMP対応を強烈にオススメします、ということだと思います。

ふわふわ

まず手始めに

引き続きGoogleウェブマスター向け公式ブログではAMP導入のしかたについて紹介をしています。

WordPressDrupalはてななどのコンテンツ管理システム(CMS)をお使いの場合は、プラグインをインストールして有効化するのと同じくらい簡単にAMPをセットアップできます。ただし、AMPページを作成する手法がCMSごとに若干異なりますので、詳しい作成手順につきましては開発元にご確認ください。

一方、サイトにカスタムHTMLを使用していたり、AMPの仕組みについて詳しく知りたい場合は、AMPコードラボ(英語)をお試しください。初めてのAMPページを作成する手順を、解説に沿って実際にコードを修正しながら体験できます。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
英語が分からない人にとっては、AMPのメリットや仕組み等を知りたい場合の情報は英語サイトかい!と突っ込みたくなりますが…AMPコードラボでは、そんな難しい文章で書き連ねられているわけでもございませんので、理解はできそうです。

ふわふわ

実際にAMP着手した方が良いのか?

実際にAMP化を導入すべきか、ということに迷われているサイト運営者の方は多いと思います。これに関しましては海外SEO情報ブログに見解を記載して頂いていますが、全くその通りだと思います。
 

ポジティブ意見としては

AMP化が今後のモバイルフレンドリーアップデートの表示速度に(間接的であれ)一役買ってくれるのであれば…

ネガティブ意見としては

今まであったように、数年後にはAMPなんて概念が無くなるくらい他の事象が起こるんじゃないの?無駄に終わる気がする…

 
私は自分でAMP対応しておきながら、若干AMPには冷笑的でございます(笑)。
フルスクラッチでサイト制作している企業サイトの場合、AMP化するための情報システム部門、CIデザイン部門、マーケティング部門等のあらゆる人材で、サイトリニューアルに近いコーディング労力を使うわけですし…。WordPress利用をしているサイトであれば、プラグインとそのカスタマイズ次第で、そこまで工数はかからないと思いますのでAMP化はアリだと思います。

ただ、私の正直な…極めて正直な意見を申しますと…

「1ページ完結型サイトならAMP化も良いが、そもそものモバイル表示速度を上げるために労力を注ぐべき!だってAMPは飽くまでも検索結果画面からのページ表示であって、サイト内ページ遷移したところでやっぱり遅ければユーザー体験を損なうから

なのでございます(笑)。


関連記事
GoogleはChromeにて、HTTPSサイトページの中にHTTPのリソースが含まれている場合、今後は混合コンテンツとしてデフォルトでブロックしていくと、Security Blogで発表しました。 混合コンテンツって? まず最初に理解しておかなければならないのは混合コンテンツというものについてです ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で「アドレス変更」が実装されました。新しいGSC用に生まれ変わって導入されたので、機能自体が新しいわけではありませんが、一応Googleが公表してくれています。 概要は? Googleの発表は以下の通りです。 Launching today ...(続きを読む)
最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかに ...(続きを読む)
今回はE-A-Tについて私なりに書いておこうかと思います。まず知っておいていただきたいこととして、E-A-Tは無形です。E-A-Tはアルゴリズムではありません。もっと言ってしまえば幻想です。「E-A-T対策」とか訳のわからないことを言う人がいますが、単純にGoogleにとってE-A-Tは「どんな人が ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。