Googleで飲食店の待ち時間を見る

米国現地時間の11月7日、Google検索の新機能として飲食店の待ち時間が確認できるようになりました。今日からGoogle検索に反映されており、Googleマップにも追って実装されるようです。

待ち時間

ふわふわ

どんな機能?

PCでもスマホでもGoogleで飲食店を検索した時に出てくるナレッジグラフ部分に、曜日別の営業時間の表示や混雑時間の棒グラフ化はありました。その棒グラフの該当時間に待ち時間が表示されます(Googleマップではまだ確認できません)。

スマホでの待ち時間表示

スマホでの待ち時間

PCでの待ち時間表示

PCでの待ち時間

この時間の算出方法はGoogleのロケーション履歴をオンにしているユーザー情報に基づいているようです。ちなみに、ウェブサイト上でのGoogleロケーション履歴のオンオフを確認・変更したい場合はアクティビティ管理で行います。

Googleのレストラン待ち時間は、Googleロケーション履歴にオプトインしているユーザーの匿名データに基づいている。混雑時間帯や待ち時間、滞在時間の算出に使用しているのと同じデータだ。

引用)TechCrunch Japan

ふわふわ

今後ますます便利に!?

まだGoogle検索アプリへの実装は確認できませんでしたが、今後この機能はどんどん拡充されていくようです。飲食店だけが対象になるわけではないようですが、個人的にはカラオケや病院、歯医者等の待ち時間まで分かるようになったら便利だと思っています。ついでにSEO上の改善作業結果が表れるまでの待ち時間も教えてくれれば…(笑)。

また、Google Homeにもこういった細かいケアがどんどん実装される(話してくれる)ようになったら嬉しいです。


関連記事

Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて...米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によ ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。