Twitterにグループチャット機能

Twitter、グループチャットと30秒動画投稿機能を追加」にあるように、米Twitterは1月27日に公式モバイルアプリにダイレクトメッセージでのグループチャット機能と30秒までの動画投稿機能を追加したと発表しました。

Twitterっぽい写真

30秒動画の投稿

30秒の動画投稿は、Vineの6秒と比較すると若干長い印象を受けますが、レーベル系会社がミュージックビデオの導入部分を紹介したり、CMを行っている会社がそのまま投稿したりするにはちょうど良い長さかもしれませんね。私は企業アカウントのTwitterの役割を既存ユーザーへのリピート販売促進やアフターケアに適性が高いと考えていましたが、この動画の使い方次第では、新規ユーザーへの啓蒙もしやすくなるかもしれません。

ダイレクトメッセージ

ダイレクトメッセージを活かしたグループチャットができるようになりました。記事では公式モバイルアプリと書いてありますが、普通にPCからも作成し使うことができるようです。以下にスマホ(iPhone)における使い方をご紹介します。UIはLINEにそっくりです。「既読」というシグナルがない分、精神的には楽かもしれません(笑)。

グループチャット機能

さて、これを受けて企業のSNSご担当者様もビジネススキームの可能性を考えられると思いますが、残念なことにこのグループチャット機能はフォローし合っていることを前提に、最大でも20人までしか招待できないようです。また、招待されたところで、招待されたユーザーが別のユーザーを招待することもできます。ですので、企業アカウントを活用してクローズドのキャンペーンを行ったり、ロイヤルカスタマー向けに制限した情報を案内する等は難しそうですね。
残念ですが、まずはこのTwitterのダイレクトメッセージ新機能はとりあえずプライベートで活用した方が良いかもしれません。

ふわふわ

SNSの生き残り戦術!?

今回のTwitterは、VineとLINEをガチガチに意識しているようにも見受けられます。多様化するSNSメディアにおいて、各社生き残りのための施策が生々しいですね(笑)。今後、どのSNSメディアでも同じ機能が横並びに成立するようになったら…運用が…いや、今は考えないようにしておきましょう(笑)。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。