WORKSTYLE

生き残る事業の概念

インターネット業界で働き方を追求することは非常に重要ですし、誰しも様々な新規事業や安定化するインターネットビジネスを考えていることだと思います。もちろん私も日々考えています。しかしながら、インターネット業界が活性化し始めてから15年程度しかまだ経っていません。また15年前に今のインターネット業界がこうなることも予想できなかったことだと思います。 そう考えます … “生き残る事業の概念” の続きを読む

社内交通整理

法人会社の正社員として仕事を行う上で、個人事業と絶対的に異なるのは”共に社内で仕事をする人がいること”です。抽象的な意見や発言は共有がしづらかったりします。業務に置いて登場人物が多くなってくると、結局「あれ?これ誰がやるんだっけ?」や「何をやるんだっけ?」という業務上のパスミスが生じやすいです。そこで、常時5W1Hを具体的に把握してお … “社内交通整理” の続きを読む

時間の使い方

最近、若い子から就業時間中の時間の概念や終業後に自主的に仕事に向かう方法について、相談を受けるケースが多いです。私自身、職業柄オンタイムとかオフタイムとか切り分けができませんので、PCを広げるところが会社か自宅か程度にしか考えておりませんが、効率の良い働き方をしている人はここの時間の使い方が明らかに違うので持論をご紹介したいと思います。 環境を作る側の人間 … “時間の使い方” の続きを読む

2045年問題

先日、レンタルDVDで『トランセンデンス』という映画を観ました。ネタバレしない程度にストーリーをお話しますと、人工知能計画を開発していたジョニー・デップ演じる男性が、反テクノロジー過激派組織に銃撃され亡くなります。その亡くなる直前に男性の奥さんが、男性の性格や知識、いわゆる脳をスーパーコンピュータにアップロードするという話です。アップロードに成功したスーパー … “2045年問題” の続きを読む

誰と仕事をするか

Googleのピロピロ入力機能や新機能パンダ検索エンジンに代表されるような…4月1日の惑わせるエイプリルフール企画もようやく落ち着き(笑)、ここにきて改めて働き方についてふわふわした持論を展開していこうかと考えています。 どんな仕事がしたいか 新入社員が増えるこの季節。これからまだまだOJT期間も続くと思いますが、私は新しい仲間ができて1年くらい … “誰と仕事をするか” の続きを読む

プロ意識

決算やらなんやら様々な手続きで慌ただしいこの頃ですが、もちろん業務だって来期に向けた施策として慌ただしい毎日でございます。 さてさて、私は自分の仕事にプロ意識を持って取り組んでいるつもりですし、SEOやSNSに関してもプロでなきゃいけないと常日頃から自戒の念を込めて仕事しています。もちろんプロ野球選手だってアマチュア投手の球を空振りすることだってあるわけです … “プロ意識” の続きを読む

HAPPY NOW?

これ、実は私のモットーと言いますか信条と言いますか…とにかく「HAPPY NOW?」なんです(笑)。 超個人的考えを今から述べようとしているわけですが、でも定期的にこれを自問自答することでワーカホリックや妬み嫉み、仕事に関する嫌なこと等、全てポジティブに考えられる魔法の言葉なので、個人のふわふわクレドとしています(笑)。 「HAPPY NOW?」 … “HAPPY NOW?” の続きを読む

生態系を崩さない仕事

生態系と言えば、消費者、生産者、分解者といった例の循環機能が浮かぶと思います。でもこれは職場でも仕事でも存在するのです。キャラクターから成る生態系が企業内にも企業間にも存在しているのです。こういった書き方をすると既にネガティブとかアウトローな印象を受けるかもしれませんが、決してそういうわけではないことを最初にお断りしておきます。ましてや病んでいるわけでもござ … “生態系を崩さない仕事” の続きを読む

年寄りの戯言

インターネットに関わる仕事を始めて10余年…なんとなく、私が感じた印象として”ネットの知識がある=仕事ができる”という、少し異質な風潮があることです。2000年前後からインターネットが一気にビジネスとして登場し、リスティングの知識やアフィリエイトの知識、Yahoo!の知識、HTMLの知識と技術、イラレやフォトショの技術、S … “年寄りの戯言” の続きを読む

期待に応える努力

私は働き方に関するメディア事業も行っていたり、デザインをおこしたりしているので、その業務の中で個人見解として考えていたりすることをここで書いてみようかなと思います。 やりたいことを探す必要性 最近色々な新入社員と触れる機会もあり、よく話を聞いたりするのですが、入社して「私こんなことをやりたいんです」と言って具体的にアピールしてくるか「とにかく頑張ります」と言 … “期待に応える努力” の続きを読む