パスワード設定にご用心

今年もKeeper Securityがよく使われているパスワードを発表しました。最近は何でもかんでもパスワードが必須ですので色々とパスワード設定していますが、あまりに多くて個人管理もままならず…パスワードを管理するツールを使って、それにパスワードを設定したくなったりもします(笑)。

結果、重要視していない個人情報設定モノには覚えやすいパスワードをついつい設定しがちだったりしますが、今回はそんな“ついつい設定しがちなパスワード”についてご紹介します。

バリア

ふわふわ

よく使われるパスワード

ZDNet Japanによると、データ被害にあったパスワードの中で最も使われていたパスワードは、全世界で相変わらず「123456」等が多いようです。

Keeper Securityが公開した2016年の最もよく使われるパスワードのリストによると、われわれの認識はまだ足りないようだ。調査によると、最もよく使われるパスワードに大きな変化はなく、やはり「123456」が多く使われ続けているようだ。
 
この調査は、2016年に発生したデータ侵害で公になった1000万のパスワードを調べたものだ。ユーザーの約17%が「123456」を使って自分のアカウントを「保護」しているという。上位25件の中には、「123456789」「qwerty」「password」などもランクインしている。
引用)ZDNet Japan

データ被害にあったものの中では、相変わらず123456という数字の単純な羅列が最も多いようです。1年前の調査結果でも同じくこういった数字の単純羅列がトップでした。

最もよく利用されるパスワードトップ10のうち4つが6文字以下だ。これほどセキュリティの貧弱なアカウントへの総当たり攻撃はものの数秒で成功してしまう。6文字以下のパスワード設定を認めているオンラインサービス事業者にも責任があると言える。
引用)ZDNet Japan

6文字に限らず、パスワードは文字数が多ければ多いほど強固になるイメージですが、あとは把握方法にもよって個人見解は異なるでしょう。

ふわふわ

自分のパスワードは覚えてはならない

気を付けていただきたいのは、何に関しても、自分で覚えられるパスワードを設定しようとしないことです。自分で覚えられるということは、他人でも推察出来てしまいます。また、たまに設定するあらゆるパスワードに同じものを使用する人もいますが、そのやり方では、1つ見破られると芋づる式に全てハッキング(クラッキング)されてしまいますので、絶対に設定するパスワードは1つの設定につき1つにすることです。さらに特殊文字や数字、大文字小文字等も混在させることをオススメします。

今のCGM時代やIoT時代を考えると、銀行やキャッシュカードの暗証番号、携帯電話のパスコード等も含め、恐らく個人単位でパスワード管理している数は最低でも5つ以上あるはずです。

皆さまにおきましても充分にお気を付け願いつつ、このデジタル時代を共に生き抜いていきましょう(笑)。


関連記事
これから忘年会シーズンに突入するため、幹事の方々には忙しない日々が続くでしょう。立地、好きな食べ物、個室、予算、日付等、色々な人の好みを調整して場所を選定しなければならず、12月に入ってからでは忘年会の予約も遅くなるので、今くらいから目処を立てておくべきでしょう。そんな中、ついに居酒屋の無断キャンセ ...(続きを読む)
ちょっと息抜きの話です。靴と性格の話です。靴というのは履いている本人の性格を表すと考えている人も多いようで数多くの恋愛心理学や性格診断に使われています。「靴△性格診断」と検索すれば多くの情報が得られるでしょう。そして既に数年前から研究結果として公表されていましたが、今回改めてメンタリストDaiGo氏 ...(続きを読む)
社会人になって、年齢を重ねたりレイヤーが上になったりしていくと、役職とか肩書とかが邪魔してなかなか謝れなくなったりしますよね...。それって何プライドなんでしょうか...。今回はそんなことを記事にしてみました。 部下はもっと人間性を見ている!? 「部下が上司に期待すること」等のアンケート調査を色々見 ...(続きを読む)
仕事の様々な局面で細かなミスやインシデントを起こした人がよく「今後気を付ける」とか言っているのを耳にします。それに対して上司も「やればできるんだから」と返していたり...。私から言わせれば、それは茶番です。むしろ「出来ない自分がどういう具体的仕組みを作れば出来るようになるのか」と思った方が結果を出し ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。