Twitterの広告「ファースト・ビュー」

Twitterのタイムラインのトップに自動再生動画広告が配信されるようになります。まずは米国からスタートですので日本への導入時期は未定ですが、株価低迷中のTwitterにとってこのタイミングでの発表は復調の足掛かりとなるのでしょうか。

遠くの風景

ふわふわ

どういう内容か

今回発表したTwitterの「ファースト・ビュー」は、ユーザーがTwitterを開いた時、一番初めに見るタイムライン画面内スペースを24時間配信・確保できる動画広告商品です。これまでの「スクロールされなければ表示できない」広告とは違い、確実にユーザーの目に留まるという利点があります。表示対象はTwitterのWeb上(デスクトップ)やアプリ(スマホ)に対応します。

参考:Introducing First View|Twitter(英文)
   Twitterが「ファースト・ビュー広告」を発表|TechCrunch
   Twitterが新しい動画広告「ファースト・ビュー」を発表|DIGIDAY

ふわふわ

表示イメージ

ファースト・ビューの掲載イメージ

ふわふわ

注目すべきは…

私は広告代理業を行っているわけではございませんので、営業販促的な切り口で注目はしていません。それよりも、広告としての期待効果とそれによる株価に注目しています(笑)。

まぁ、株価は置いておきまして…。タイムライン上で一番に目に飛び込んでくるといっても、すぐにスクロールを始めるユーザーにとってその効果は未知数ですね。広告主側からすると、実際どこまで第一印象で引っ張ってくるかがカギになりそうです。

アイキャッチ感のある動画が勝負になると予測しますが、まずはYouTubeの動画広告のように、CMの流用から始まるのでしょうか。しばらくは注視しておきたいところでございます。


関連記事

Instagram:リールから直接ショップへ

Instagramで今年8月にリリースされた新機能「リール」。この短尺動画であるリール内の表示アイテムから直接ショップ機能にに進めるようになりました。米国現地時間12月10日からリリースされた旨をFACEBOOKが発表しています。 どういうこと? リールという短尺動画の中で表示されている商品に合わせ ...(続きを読む)

Twitter:2020年を振り返る

日本のTwitterブログが2020年を振り返った記事を発表しています。新型コロナの影響もあり、世界全体で見ても、今年はテレビや映画に関して1分当たり7000以上ものツイートがあったそうです。 日本でのリツイートトップ Twitterブログの発表によれば、日本で最も「いいね」とリツイートされたのは「 ...(続きを読む)

Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。 フリート ...(続きを読む)

Instagram:ライブ配信機能拡張

Instagramでは、新型コロナ禍において、今までもライブ配信やIGTVに関してデスクトップでも利用できるようになったりして機能拡張をしてきましたが、この度ライブ配信に関して更なる機能拡張をしました。ライブ配信時間がそれまでの1時間から最大4時間までになったことが大きな拡張ポイントですかね。米国現 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。