Twitterの広告「ファースト・ビュー」

Twitterのタイムラインのトップに自動再生動画広告が配信されるようになります。まずは米国からスタートですので日本への導入時期は未定ですが、株価低迷中のTwitterにとってこのタイミングでの発表は復調の足掛かりとなるのでしょうか。

遠くの風景

ふわふわ

どういう内容か

今回発表したTwitterの「ファースト・ビュー」は、ユーザーがTwitterを開いた時、一番初めに見るタイムライン画面内スペースを24時間配信・確保できる動画広告商品です。これまでの「スクロールされなければ表示できない」広告とは違い、確実にユーザーの目に留まるという利点があります。表示対象はTwitterのWeb上(デスクトップ)やアプリ(スマホ)に対応します。

参考:Introducing First View|Twitter(英文)
   Twitterが「ファースト・ビュー広告」を発表|TechCrunch
   Twitterが新しい動画広告「ファースト・ビュー」を発表|DIGIDAY

ふわふわ

表示イメージ

ファースト・ビューの掲載イメージ

ふわふわ

注目すべきは…

私は広告代理業を行っているわけではございませんので、営業販促的な切り口で注目はしていません。それよりも、広告としての期待効果とそれによる株価に注目しています(笑)。

まぁ、株価は置いておきまして…。タイムライン上で一番に目に飛び込んでくるといっても、すぐにスクロールを始めるユーザーにとってその効果は未知数ですね。広告主側からすると、実際どこまで第一印象で引っ張ってくるかがカギになりそうです。

アイキャッチ感のある動画が勝負になると予測しますが、まずはYouTubeの動画広告のように、CMの流用から始まるのでしょうか。しばらくは注視しておきたいところでございます。


関連記事
Twitterでは、米国現地時間6月17日に、録音した音声の投稿が一部のiOSユーザーでテスト開始したと発表しました。あと数週間のうちにすべてのiOSユーザーで使えるようになるとのことです。 どんな内容? iOSを使ったTwitterの投稿画面から波形アイコンをタップすると、録音画面になります。録音 ...(続きを読む)
Facebookがいよいよオンラインコマース用の総合アプリケーションである「Facebookショップ」を構築し、6月16日から日本でも利用できるようになりました。いずれInstagramのショッピング機能等も全てFacebookショップで統合される予定とのことです。 Facebookショップ コロナ ...(続きを読む)
米国現地時間5月21日、Workplaceに新機能が実装されたとFacebookが発表しました。Workplaceの新しいビデオ通話機能や、VRを活用したOculus for Businessを広く利用可能にしました。 Workplaceについて Workplaceとは以前ご説明した通り、ビジネス向 ...(続きを読む)
日本時間5月12日、Instagramでは、お気に入り店舗のギフトカードを購入したり、応援スタンプを作成したり、料理注文機能のパートナーを拡大したりすることを発表しました。これらは新型コロナ禍に苦しむ中小ビジネス支援を目的としていますが、主に飲食系の独立店舗向けに対するコミュニケーション救済の印象を ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。