Facebookページを健常に保つ

Facebookでは、Facebookページ内でポリシー違反のある投稿について、該当する投稿を削除すると共に、Facebookページオーナーにその旨を通知する機能を付加させたと発表しました。Facebookページ運用者にとっては助かる機能だと思います。

facebookのtips

ふわふわ

どんな内容?

Facebookページを運用する中で、ページ内に不適切な投稿をするユーザーもいます。そういう投稿に関して、Facebookのポリシーに抵触しているとみなされた場合は、該当の投稿の配信は停止されますが、その通知がFacebookページオーナーであれば、専用タブから確認できるという仕組みです。

Facebookは、ポリシーに反するFacebookページ上のコンテンツへの対応について、新たな取り組みを実施いたします。まず、Facebookページに管理者だけが見られるタブを追加し、そのページのコンテンツがコミュニティ規定違反で削除された場合、または第三者ファクトチェッカーから虚偽と判定され、配信制限対象になった場合に通知を行います。

引用)Facebookニュースルーム

実際に、Facebookオーナーには「ページクオリティ」というタブが設けられており、そこから確認出来ます。

ページクオリティ

確認する上でポリシーに反しているかどうかは以下の2つの切り口で分けられています。

  • コミュニティ規定違反
  • 第3者ファクトチェッカーによる判定

コミュニティ規定違反というのは、通常の公序良俗に関するような内容が含まれますが、第3者ファクトチェッカーというのは、超党派国際ファクトチェックネットワークに認定されたチェッカーによる事実確認です。なんか凄そうですよね(笑)。詳細は以下のリンクから確認できます。

ちなみに、この要素に関しては今後も増やしていくようですが、今の段階では以下の投稿内容に抵触するものが削除対象となるそうです。

また、違反しているFacebookページもあるそうで、その違反手口も巧妙になりつつあります。今後はFacebookページに関してもかなり厳しく取り締まっていくようですね。

私の周りではFacebookページをビジネス活用しているケースはあまり多くありませんが、もう少し取り締まり精度が上がってくれば活用していくのもアリかもしれませんね。


関連記事

Twitterの透明性取り組み(17回目)

Twitterがブログで第17回「Twitterの透明性に関するレポート」からのインサイトについて発表しました。Twitter内の健全性のための世界的取り組みや措置について発表していますので、このブログでもご紹介しておきます。 Twitter透明性センター もともとTwitterでは2012年に公序 ...(続きを読む)

Instagram:リールから直接ショップへ

Instagramで今年8月にリリースされた新機能「リール」。この短尺動画であるリール内の表示アイテムから直接ショップ機能にに進めるようになりました。米国現地時間12月10日からリリースされた旨をFACEBOOKが発表しています。 どういうこと? リールという短尺動画の中で表示されている商品に合わせ ...(続きを読む)

Twitter:2020年を振り返る

日本のTwitterブログが2020年を振り返った記事を発表しています。新型コロナの影響もあり、世界全体で見ても、今年はテレビや映画に関して1分当たり7000以上ものツイートがあったそうです。 日本でのリツイートトップ Twitterブログの発表によれば、日本で最も「いいね」とリツイートされたのは「 ...(続きを読む)

Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。 フリート ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。