Google+がデザイン変更

Luke Wroblewski at Google+で発表されましたように、Google+がデザインを大幅に変更しました。「Google+フォトの廃止」や「Googleハングアウト独立化」等があり、Google+がどんどん(悪い意味で)スリム化してきておりましたが、「Google+にコレクション機能」が加わったりして、引き続きGoogleとしては世界的視野で注力してきました。

色鉛筆

ふわふわ

どう変わったの?

Google+はコミュニティが人気で、1日でGoogle+内のコミュニティ新規加入数が約120万件あるそうです。さらに、コレクションも充実している(誰かが作ったらフォロワーにも強制的に参加させられますが…)ことから、コミュニティとコレクションをより楽しめるようなデザインに変更したそうです。

デスクトップ(PC)のデザイン

PCでのデザインに関しては、まず上部に色が付きました。また、左端のナビゲーションがデフォルトで出現しており、コレクションとコミュニティがナビゲーション内上部に設置されています。他にも投稿内のアイコンが微妙に小さくなっていたり、右上にあった自分のアカウント名が消えてアイコン画像だけになったり、ストリームが上限3カラムから上限2カラムになったり、とありますが、特筆すべきはナビゲーションでしょう。

デスクトップのデザイン
 
ふわふわ

スマートフォン(iOS)のデザイン

iPhoneでのデザインに関しては、画面下の帯が今までは投稿における切り口としてのアイコンが並んでいました(写真投稿や位置情報投稿、リンク投稿等)。しかし、新しいデザインではホーム、コレクション、コミュニティ、お知らせのアイコンが並んでいます。やはりデフォルトでコレクションとコミュニティを案内しています。今まではナビゲーションからコミュニティ等に到達しなければならなかった分、1タップ割愛されています。

スマートフォンデザイン
 
ふわふわ

まだまだ改善されそう?

今回は、Google+のコミュニティとコレクションの優先順位を上げるためのデザイン変更だと思われますが、おそらくこれからデザインやUIのマイナーチェンジを進めていくのではないかと考えています。実際、今私が使用しているiOSではGoogle+個人アカウントでログインしていても、そこからGoogle+ブランドページへアカウントをスイッチできる操作が分からないんです(笑)。つまり、iOSではGoogle+ブランドページでのログインができず…(泣)。

この辺の直観的操作の穴が生じるのもGoogle+ならではですね(笑)。個人的にはGoogle+は好きですので、引き続き生温かく動向を見守っていきたいと考えています。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。