モバイルフレンドリー強化による順位変動は?

以前、このブログでも「モバイルフレンドリー強化に伴うおさらい」をご紹介しましたが、2016年5月12日付で、そのモバイルフレンドリーアルゴリズムのアップデートが世界的に完了したようです。

アイフォーン

ふわふわ

参考サイト

ふわふわ

モバイルの検索順位への影響は?

以前にもお伝えした通り、モバイルフレンドリーのアップデートは段階的に進めていく予定で、それが既に完了したとのことですので、私はもう検索順位に変動があったのだと解釈しています。さらにランキング要素の効果を高めるという話でしたので、顕著に検索順位が変わるかなとも思っていました。

しかしながら、私が検索順位をGRCでベンチマークしているキーワードはいずれもSEOが活性化(激戦)のキーワードですので、あまりクリティカルなデータは得られず…(笑)。そんな中、いくつかモバイルフレンドリーの順位変動用に検証しているサイトページ群から結果をピックアップしてみました。

5月13日現在のモバイル順位

上記4つの例はいずれもSEOが活性化しているキーワードではございません。ですので、いずれもここ1週間(5月6日~13日)でちょっとした変動が見受けられました。
事前に、ある程度キーワード順位が安定しているものをピックアップしているせいもあるのか、殆どのサイトページで順位変動は小規模でした。ただし上図の真ん中2つの推移のように、1P目(10位以内)を出たり入ったりすること自体はインパクトとしては大きいです。ちなみに、上図一番右のサイトページは(5月13日現在で)10位以上下落しました。

ふわふわ

モバイル検索順位はもちろんスマホ対応有無だけではない

今回は飽くまでもモバイルフレンドリーのアップデートですので、そもそもデスクトップでのSEO指標前提であり、また“デスクトップSEO+モバイルフレンドリー=モバイル検索順位”であるため、SEO評価が高いサイトページであれば、そこまで大きな影響は受けなかったかもしれません。

でも、だからこそ以前から申し上げている通り、SUO(Search User Optimization)精神を持ってスマホ化を推進していくべきでしょうね。


関連記事
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)
先日、強調スニペット化したサイトページの所在についてご紹介しましたが、まだまだこれが結構厄介な状態になっています。本来、強調スニペット化することでサイトページイメージの向上や通常スニペット部分のクリック率の向上、GoogleにとってもGoogleアシスタント機能への好転(強調スニペット部分を音声で回 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。