新規ページURLを発見するコツ

SEOに向けて分析している中で、「競合サイトや他の業界はどのくらいのペースや頻度でページを増加しているんだろう」と思ったことはございませんか?
以前、before/after:の検索コマンドをご紹介したことはありましたが、厳密に日付単位で順位状況は分かっても、その時期に公開されたページかどうかは分かりません。また、今でもサイトオーナー側が公開日時を誤魔化すことはできますので、厳密なページ公開日は分かりません。しかし、傾向値として知るための足がかりとなる検索テクニックがございますので、今回はそんなテクニックをご紹介します。ちなみに、最初に述べておきますが、大した内容ではありません(笑)。

検索コマンド

ふわふわ

ツールの期間指定とsite:の組み合わせ

まず、Google公式のツイートからご紹介します。1年前のツイートですが、Googleは以下のように言っています。

現在の(検索オプションとしてのツールを使った)日付のフィルタリングツールを使うと、検索結果のサイトページの全てに日付が表示されます。しかし、before:after:での検索コマンドでは、私たちのアルゴリズムが特に日付に関連があると考えた場合のみ日付が表示されます。この機能は変わる可能性があります。

引用)@searchliaisonより意訳

つまり機能変更の可能性はあるにせよ、検索オプションのツールで期間設定した場合は、Googleが(何かしらの方法で)解釈した日付がスニペットに全て表示されます。但し、ここで注意点ですが、“何かしらの方法”がサイトオーナーが設定した日付を元に表示しているのであれば、サイトオーナーが虚偽設定した場合でもそのままGoogleは鵜呑みにせざるを得ないということになります。ですので、充分な方法ではありませんが、ざっくりGoogleのインデックス進捗も含めて傾向を知るには良いかと思います。

では、実際にどうやって他サイトの公開ページ状況を知ることができるか。それは以下のGoogle検索方法で分かります。

  • 手順①:該当するドメイン(及びディレクトリ)でsite:検索をする。
  • 手順②:検索オプションの[ツール]から任意の期間を指定する。

では、具体的にこのブログを対象としてやってみましょう。まず「site:fuwafuwa.biz」と検索します。そして検索結果の[ツール]から期間設定します。

siteコマンドで検索する

そして、期間設定を2020年2月1日~2020年2月29日に設定した結果が下記です。

site:検索に期間設定する

私は2020年2月1日~2020年2月29日までの間に10ページ更新しているので、整合性は60%ですね…。傾向値です(笑)。ちなみに公開日時の整合性は100%です。このブログは実際の公開日と表記が同じですので、Googleがどちらを優先して日付表示しているかは分かりません。

ふわふわ

本当に大した内容ではないけれども…

このように実際の数値とは異なりますが…自分のサイトで確認してみて、この検索テクニックの精度状況を把握した上で競合サイトや他サイトを調べてみると、傾向値を知るという意味で良いのではないでしょうか。

特にSEOは自分のサイトのことでいっぱいいっぱいで他サイトのことも常時把握していられませんから…。たまにこのような確認をすることで、なんとなく他の状況を知ることはできると思います。また、site:で検索する際に、キーワードも入れれば、さらにテーマを絞ってページ公開状況も分かると思います(例:「SEO site:fuwafuwa.biz」みたいな検索です)。さらに、ダブルコーテーション(“)でドメインを括って-site:検索した上で期間設定すれば、その時期にURL紹介してくれた他のサイトページ(いわゆるサイテーション)を知ることもできます(例:「”fuwafuwa.biz” -site:fuwafuwa.biz」で検索)。

是非、色々調べながら傾向値を探ってみてはいかがでしょうか。


関連記事
新型コロナウィルスの影響により、実店舗だけでなく(特に物流ビジネスを主としている)オンラインビジネスでも停滞を余儀なくされているサイト運用者もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな運営の停滞に伴って、Google検索におけるSEO上の措置についてGoogleが案内してくれていますので、ご紹介します ...(続きを読む)
コロナウィルスによって、エンターテイメント業界中心に数多くのイベントや催事が世界レベルで中止や延期になっていますよね。経済破綻の恐れもある中で、各運営元も選択を余儀なくされています。そんな時、検索ユーザーに対してもいち早く対応できるよう、構造化データの共同母体であるSchema.orgの情報更新に伴 ...(続きを読む)
最近耳にするようになった「リードナーチャリング」という言葉。マーケティング用語の一環ですが、その名の通り「lead(導いて)」「nurturing(育てる)」という意味からも、潜在顧客にアプローチし購買意欲を高めるための見込み顧客育成として使われます。要はリーチした潜在顧客をCold→Cool→Wa ...(続きを読む)
今まで色々と進めてきたモバイルファーストインデックス(以下:MFI)ですが、2020年9月にいよいよ是非なく全てのサイトページがMFI化することになるとGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 Webmaster Central BlogによるとGoogleは以下のように発表しています。 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。