セーフブラウジングのサイトステータス

Googleウェブマスター向け公式ブログに「赤い警告の裏側:ウェブサイトの安全性に関する情報をもっと」という記事がございました。せっかくですので、ここでも紹介されているセーフブラウジングにおけるサイトステータスの確認機能についてご紹介させていただきます。

安全

ふわふわ

セーフブラウジングとは

Google側で安全でないウェブサイトを発見、抽出し、閲覧する一般ユーザーや該当するサイトページの運営者に知らせて危険から保護するための機能です(「セーフ ブラウジング – 透明性レポート – Google」)。今回そこに新しく「サイトステータス」という項目を追加することで、誰でも特定のサイトページの安全性を確認できるようになりました。

突然「アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました」という赤い警告画面が表示されることがあります。

<中略>

こうした警告をわかりやすくするために、透明性レポートに[サイト ステータス]を追加しました。次回セーフ ブラウジングの警告が表示された際は、ブロックされたウェブサイトを透明性レポートで検索することで、そのサイトに対してGoogleのシステムが警告を表示している理由を確認することができます。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

ふわふわ

使い方

とっても簡単です。URLを入力するだけです(笑)。

セーフブラウジングのサイトステータス1

診断結果が出ます。

セーフブラウジングのサイトステータス2

さらに診断結果からホスティングしているサーバーについても詳細が分かります。

セーフブラウジングのサイトステータス3

使用ホスティングサーバーの状況まで分かるなんて、なかなかありがたい機能ですよね。

ふわふわ

もし引っかかったら…

気になるサイトページがあったら、自分の運用対象サイト有無にかかわらず確認してみると良いと思います。

もし自分の運用サイトが引っかかってしまったら「ハッキングされたサイトに関するウェブマスター ヘルプ – Google」の手順に則して対応を進めてください。


関連記事
GoogleはChromeにて、HTTPSサイトページの中にHTTPのリソースが含まれている場合、今後は混合コンテンツとしてデフォルトでブロックしていくと、Security Blogで発表しました。 混合コンテンツって? まず最初に理解しておかなければならないのは混合コンテンツというものについてです ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で「アドレス変更」が実装されました。新しいGSC用に生まれ変わって導入されたので、機能自体が新しいわけではありませんが、一応Googleが公表してくれています。 概要は? Googleの発表は以下の通りです。 Launching today ...(続きを読む)
最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかに ...(続きを読む)
今回はE-A-Tについて私なりに書いておこうかと思います。まず知っておいていただきたいこととして、E-A-Tは無形です。E-A-Tはアルゴリズムではありません。もっと言ってしまえば幻想です。「E-A-T対策」とか訳のわからないことを言う人がいますが、単純にGoogleにとってE-A-Tは「どんな人が ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。