今のSEO格安コンサルティングプラン

新型コロナ禍において、困難を極めているビジネスはB2Cだけではありません。B2B2Cのスキームにおいても影響を及ぼしています。つまり、コンシューマー向け企業が困難な状況に陥ると、その取引先となるベンダーや業者も身動きが取れなくなってくるわけですね。そこで、今回少しでもコンシューマー向け企業の助けになるべく、SEOコンサルティングを格安で提供するサービスを開始したところを5つご紹介したいと思います。リリースは4月下旬から今まで(5月13日時点)のものを対象にしています。

ふわふわ

SEOコンサルティング関連5選

SEOコンサルティングのツールでしたら結構ありますが、ツールの場合は単純に期間限定無料になっているだけですのでご紹介は割愛します。それよりも有人コンサルティングとして機能しているサービスに極力焦点を絞っています。

1.ナイルSEOクラウド

デジタルマーケティング会社であるナイル株式会社によるWeb会議を利用したSEOコンサルティングサービスです。

  • Zoom等によるオンライン会議/Chatwork、Slack、メール等にてご相談をお受けします
  • ご要望に応じて、キーワード検討や競合調査も実施します
  • 定期的にSEOトレンドをまとめた「SEO NEWS」をお届けします
  • 将来的にはSEOの知見を学べる定期的なWebセミナー等も予定しています

引用)PR TIMES

 

新型コロナウィルスの影響により広告・マーケティング予算の削減の流れがあるなか、自力でSEOを推進される企業様から「ピンポイントで相談に乗ってもらえないか」「施策の壁打ちをしてもらえないか」というお問い合わせを頂く機会が増えております。

引用)PR TIMES

「個人的に気軽に相談できる」というよりも「ちゃんと話さなきゃいけない」気がして心理的ハードルを感じますが、月額5万円からのプランですし、今なら30分の無料相談もあるようですので一度トライしてみてはいかがでしょうか。

 

2.SEOサロン

ITと語学の会社である全研本社株式会社によるスレッド(掲示板)を利用したSEOコンサルティングサービスです。

  • 月額1万円(税別、最低契約期間:3ヶ月~)で、「分からないところが分からない」から相談できる!
  • 1サイト単位(1つのサイト名称で展開している範疇)で登録、相談可能。
  • 登録する際に利用できるユーザー数は自由。
  • 質問数は無制限!
  • カテゴリ毎に掲示板が用意されており、その中でコメントをし合う形式。
  • 資料添付は自由
  • NDAや基本取引契約を締結するため、一般的なフォーラムとは違いクローズドな環境で自由に質問できる。

引用)PR TIMES

 

対面だけでなく、文字ベースでのコミュニケーションの複雑さや難しさに関しましても、分かりやすくお伝えすることを念頭に、何百という企業様の支援をしてまいりました。その中で積み上げた社内ノウハウやリソースを活かし 、こういう時期だからこそ、こういう形でインターネット社会に貢献できれば…そして簡易的なSEOの駆け込み寺として機能出来ればと思っています。無料で対応することも考えましたが、それよりも廉価な有料プランにすることでお互いに義務感と責任感を持ちながら取り組めるのではないでしょうか

引用)PR TIMES

先程の「ちゃんと話さなきゃいけない」よりも「個人的に相談できる」印象が強くデザインもポップなので、気軽すぎないか心配ですが、初回だけ云々ではなく、ずっと月額1万円のプランなので使いやすいかもしれません。掲示板を使った形なのでその辺もストレスは感じにくそうですね。

 

3.オンライン無料相談

SEO会社のイメージが強いですが、グローバルコンサルティング会社であるアウンコンサルティング株式会社による無料マーケティングコンサルティングサービスです。

【オンライン無料相談】サービスは、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、直接、対面での打ち合わせやご相談が難しい企業様の支援をさせていただきたく開始いたしました。商談の前段階である「相談」で課題の創出からWebマーケティングにおけるアドバイスまで、ヒアリングをメインに対応させていただきます。
相談方法としては、お客様のご希望のツールで対応させていただきます。

引用)PR TIMES

 
セールスポイントが分かりませんでしたし、SEOに特化しているわけではなく、SEO、リスティング、ディスプレイ、SNS広告、越境EC関連からコンサルティング内容を選択する形となっています。おそらくスポットで無料相談できるという意味では、法律相談や探偵相談等のようなイメージかもしれませんね。プロモーションを始めようと思っている人には良いかもしれません。

 

4.オンサポ

関西のWebコンサルティング会社であるメディコム株式会社による初回無料のコンサルティングサービスです。

  • SEOに関するお悩みや相談に、チャットツール・メールなどで載らせていただきます。
  • 月1回のweb会議をご要望に応じて実施いたします。
  • 毎月最新のSEO情報をまとめたホワイトペーパーを発行させていただきます。

引用)バリュープレス

  
担当が木村氏のみのようですが、初回のみ無料であとは月3万円のようです。関西エリアに強いようですので、関西系で展開しているサイト担当者には馴染みやすいかもしれませんね。
 

5.Draw

これは動画教材が5月末まで無料開放してくれているので、コンサルティングとは異なるのですが、SEOで有名な株式会社Faber Companyによるオンラインマニュアル教育ツールです。
 

内容には、Googleプロダクトエキスパート・鈴木謙一氏によるSEO講座のほか、ヒートマップの基礎知識、ウェビナーの実施方法などが含まれる。無償開放は5月末日まで。
同社は4月1日より、デジタルマーケティングの基礎知識を学べる教材20本を無償開放していたが、多様な業種・職種の企業の利用が多かったことから、今回の教材追加を決定した。「自社ビジネスをWeb集客にシフトしたい」という企業の体制構築も支援していく。

引用)MarkeZine

 
「ゼロから始めるSEO」等の動画教材を無償開放しているようです。海外SEOの情報発信含め、すごく良い人(だと勝手に個人的に感じている)鈴木謙一氏とWeb解析のレジェンドである小川卓氏が制作&監修しています。初心者から上級者までタメになるはずですので、5月末までに申請しておくと良いでしょう。

ふわふわ

自分に合ったコンサルティングを

今回ご紹介したのは私が調査した程度ですので、ほんの一部だと思います。でもこの5つだけでもそれぞれ特性が出てますよね。まぁ、でもSEOのコンサルティングには相性もありますので「これだったらお願いしても良さそう」と思えるところに相談してみてはいかがでしょうか。

いずれも新型コロナ禍におけるCSR要素の強いサービス(勿論コロナ禍が明けた暁には本格的な取引を期待しているかもしれません)ではありますが、ピンチはチャンスです。このご時世云々は置いておいてもせっかくですので積極的に活用されてみてはいかがでしょうか。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。