「検索での見え方」からリッチリザルト廃止

Google Search Consoleにおける検索パフォーマンスレポートの項目で[検索での見え方]という欄があります。Googleは米国現地時間5月25日、この中にある[リッチリザルト]という表示に関して、7月31日をもって終了すると発表しました。[検索での見え方]欄内ではもともと項目数が少なく、[リッチリザルト]という項目名にあらゆるリッチリザルト内容が含まれていましたが、今ではその内容が全て細分化して項目化されるようになったので、それまでまとめて表示していた[リッチリザルト]が無くなるだけです。

リッチリザルト

ふわふわ

急に無くなって不安にならないために

今回の[検索での見え方]における[リッチリザルト]表示の廃止に関しては、「リッチリザルトの項目の内訳となるリッチリザルトも全て表示対象になっているので、今更ざっくりまとめた[リッチリザルト]という項目なんて不要だろう」ということだと考えられます。ただ、いきなり[リッチリザルト]という項目が表示されなくなったことにより、サイトオーナーが混乱する可能性もあるのでGoogleは公表したのではないでしょうか。

Search Console内[検索での見え方]で横断的[リッチリザルト]表示が終了

ここ数年、GoogleはSearch Consoleのパフォーマンスレポートで、[検索での見え方]欄にリッチリザルトの種類単位で内訳を追加してきました。現在では、19種類の[検索での見え方]がサポートされており、サイトオーナーがGoogle検索で自分のWebサイトのパフォーマンスを理解できるようになっています。
数年前、Googleは[リッチリザルト]を一括りにする[検索での見え方]の項目を作成し、Search Console上に独立した項目として存在しないものを含め、複数のリッチリザルトを一括りに表示しました。現在では、イベントFAQHowToなど、沢山の独自リッチリザルトの項目があるため、今までまとめていた[リッチリザルト]項目はもう不要だと判断しました。
さらに、リッチリザルトはそれぞれの種類毎に見え方や使われ方が全く異なるため、データを一括りにグループ化することは得策ではないと考えています。そのため、[リッチリザルト]という一括りにしていた項目を[検索での見え方]から無くすことを決めました。

★ 注意事項:
・今回の[検索での見え方]内での表示の廃止は、皆様のトラフィックに影響を与えるものではなく、ただのレポート表示変更に過ぎません。
・2021年8月1日までは今回の[検索での見え方]表示のサポートを継続します。以降はSearch ConsoleやAPIで確認できなくなります。

Googleでは、Search Consoleにさらなる新しいリッチリザルトを追加すべく注力し続け、レポートが引き続き皆様の洞察源となることを願っています。

ご質問やご不明な点がございましたら、Google Search Central CommunityまたはTwitterでお問い合わせください。

引用)Search Central Blogより和訳

ふわふわ

何にも変わりません

今の[検索での見え方]のリッチリザルト表示に関しては「何のリッチリザルトか」が分かるようになっているので、単純に[リッチリザルト]という項目が不要になったという話ですね。どうしても知りたければ全てのリッチリザルト計の数字を足せば良いだけです。

まぁ、そもそもただの[リッチリザルト]項目を見ても何も分からないので従来通りに使い、気にする必要もないでしょう。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。