リンク元にもスマホ対応?

今のうちにスマホSEO対策」という話をしてから、早速ご相談が多いのが「リンク元サイトもモバイルフレンドリー(スマホ対応)していないとリンクによるSEO寄与が減少するのではないか」ということ。もちろんリンクを貼ってくれているサイトに「スマホ対応してください」なんて言いづらいですが、マイナスに働くのであれば改善を依頼した方が良いですよね?しかし本当にマイナスに働くのか。そこで私の見解を以下にご紹介します。

スマホじゃなくてトマトです

求めるはサイトの質であって…

私はスマホSEOという言い方をしているにせよ、今のところ考えられることは“モバイルフレンドリー(スマホ対応)の有無がスマホ検索における順位に影響する”という概念です。つまりスマホ対応の有無がサイト全体の質を上げる確証は今のところは考えにくいということになります。あくまでもリンク元サイトのスマホ検索順位上、スマホ対応が求められているわけです。

また、リンク元サイトに求めるのはオーソリティ性(未だに定性的価値であることは否めませんが)やサイトの質です。サイトの質はSEOとして数多存在するアルゴリズムからなる判断ですが、もちろん判断対象はPC(デスクトップ)中心です。従って、リンク元サイトがスマホ対応していないことによって、(“質”という部分で)リンク先サイトへSEO上のマイナスが引き起こることにはならないと考えています。

リンクのモバイルフレンドリー
 

但し間接的には…

現状考えられることとしまして、リンク元サイトがモバイル検索から順位が落ちることでそのサイト自体のアクセスが減少することはあります。結果、そのリンクを辿った流入が減ることで(アクセス数を判断するアルゴリズムによる)SEO効果はプラスに働かないかもしれません。しかしこれもかなり苦しい間接的SEO効果の話ですし、そもそも大量アクセスの見込めているリンク元サイトであることが前提になると思います。

ふわふわ

いずれにしても、今後スマホ対応がマストだからといってすぐにリンク元サイトにまでスマホ対応を求めるよりも、いつかリンク元サイトもスマホ化してくれるのを待つことにしたほうが良いと思います。本当に運営しているちゃんとしたサイトであれば、いずれスマホ対応を進めていくはずですからね。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。