リンク元にもスマホ対応?

今のうちにスマホSEO対策」という話をしてから、早速ご相談が多いのが「リンク元サイトもモバイルフレンドリー(スマホ対応)していないとリンクによるSEO寄与が減少するのではないか」ということ。もちろんリンクを貼ってくれているサイトに「スマホ対応してください」なんて言いづらいですが、マイナスに働くのであれば改善を依頼した方が良いですよね?しかし本当にマイナスに働くのか。そこで私の見解を以下にご紹介します。

スマホじゃなくてトマトです

求めるはサイトの質であって…

私はスマホSEOという言い方をしているにせよ、今のところ考えられることは“モバイルフレンドリー(スマホ対応)の有無がスマホ検索における順位に影響する”という概念です。つまりスマホ対応の有無がサイト全体の質を上げる確証は今のところは考えにくいということになります。あくまでもリンク元サイトのスマホ検索順位上、スマホ対応が求められているわけです。

また、リンク元サイトに求めるのはオーソリティ性(未だに定性的価値であることは否めませんが)やサイトの質です。サイトの質はSEOとして数多存在するアルゴリズムからなる判断ですが、もちろん判断対象はPC(デスクトップ)中心です。従って、リンク元サイトがスマホ対応していないことによって、(“質”という部分で)リンク先サイトへSEO上のマイナスが引き起こることにはならないと考えています。

リンクのモバイルフレンドリー
 

但し間接的には…

現状考えられることとしまして、リンク元サイトがモバイル検索から順位が落ちることでそのサイト自体のアクセスが減少することはあります。結果、そのリンクを辿った流入が減ることで(アクセス数を判断するアルゴリズムによる)SEO効果はプラスに働かないかもしれません。しかしこれもかなり苦しい間接的SEO効果の話ですし、そもそも大量アクセスの見込めているリンク元サイトであることが前提になると思います。

ふわふわ

いずれにしても、今後スマホ対応がマストだからといってすぐにリンク元サイトにまでスマホ対応を求めるよりも、いつかリンク元サイトもスマホ化してくれるのを待つことにしたほうが良いと思います。本当に運営しているちゃんとしたサイトであれば、いずれスマホ対応を進めていくはずですからね。


関連記事
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)
先日、強調スニペット化したサイトページの所在についてご紹介しましたが、まだまだこれが結構厄介な状態になっています。本来、強調スニペット化することでサイトページイメージの向上や通常スニペット部分のクリック率の向上、GoogleにとってもGoogleアシスタント機能への好転(強調スニペット部分を音声で回 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。