リンク元にもスマホ対応?

今のうちにスマホSEO対策」という話をしてから、早速ご相談が多いのが「リンク元サイトもモバイルフレンドリー(スマホ対応)していないとリンクによるSEO寄与が減少するのではないか」ということ。もちろんリンクを貼ってくれているサイトに「スマホ対応してください」なんて言いづらいですが、マイナスに働くのであれば改善を依頼した方が良いですよね?しかし本当にマイナスに働くのか。そこで私の見解を以下にご紹介します。

スマホじゃなくてトマトです

求めるはサイトの質であって…

私はスマホSEOという言い方をしているにせよ、今のところ考えられることは“モバイルフレンドリー(スマホ対応)の有無がスマホ検索における順位に影響する”という概念です。つまりスマホ対応の有無がサイト全体の質を上げる確証は今のところは考えにくいということになります。あくまでもリンク元サイトのスマホ検索順位上、スマホ対応が求められているわけです。

また、リンク元サイトに求めるのはオーソリティ性(未だに定性的価値であることは否めませんが)やサイトの質です。サイトの質はSEOとして数多存在するアルゴリズムからなる判断ですが、もちろん判断対象はPC(デスクトップ)中心です。従って、リンク元サイトがスマホ対応していないことによって、(“質”という部分で)リンク先サイトへSEO上のマイナスが引き起こることにはならないと考えています。

リンクのモバイルフレンドリー
 

但し間接的には…

現状考えられることとしまして、リンク元サイトがモバイル検索から順位が落ちることでそのサイト自体のアクセスが減少することはあります。結果、そのリンクを辿った流入が減ることで(アクセス数を判断するアルゴリズムによる)SEO効果はプラスに働かないかもしれません。しかしこれもかなり苦しい間接的SEO効果の話ですし、そもそも大量アクセスの見込めているリンク元サイトであることが前提になると思います。

ふわふわ

いずれにしても、今後スマホ対応がマストだからといってすぐにリンク元サイトにまでスマホ対応を求めるよりも、いつかリンク元サイトもスマホ化してくれるのを待つことにしたほうが良いと思います。本当に運営しているちゃんとしたサイトであれば、いずれスマホ対応を進めていくはずですからね。


関連記事

Google検索セントラルブログへ

Googleは今まで検索に関するブログをWebmaster Central Blog(ウェブマスター向け公式ブログ)という名称で運営していましたが、この度、Webmaster(ウェブマスター)という名称を廃止し、developers.google.com配下で運用するようになりました。 新旧の違い ...(続きを読む)

古いコンテンツの削除ツールが刷新

リンク否認ツールに続き、古いコンテンツの削除ツールがリニューアルしました。GoogleがTwitterで発表しています。インターフェースの変更のようですが、サイトオーナー側で行う作業ではなく、第3者が行うツールですのであまり馴染みがないかと思います。でも何かと便利かもしれませんので、知っておくと良い ...(続きを読む)

リンク否認ツールが刷新

リンク否認ツールがリニューアルしました。GoogleがTwitterで発表しています。マイナーチェンジではありますが、ご紹介します。 Today we're completing the migration of the Disavow links tool to the new Search Co ...(続きを読む)

Core Web Vitalsの導入時期

Core Web Vitals(ウェブに関する主な指標)について、今までご紹介してきました。そしてCore Web Vitalsが導入されるのは2021年であることと、導入6ヶ月前に発表すること、が前提でした。そしてこの度ついに来年5月になると発表されましたので、ご紹介します。 ▼Core Web ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。