モバイルフレンドリーテストツールが刷新

既にGoogleウェブマスター向け公式ブログでも発表されている通り、モバイルフレンドリーテストツールが新しくなりましたので、そのご紹介です。

割れたスマホ

ふわふわ

見た目が変わった

モバイルを重視するGoogleにとって、モバイルユーザーがアクセスしやすく、使いやすいサイトが増えるのはとても喜ばしいことです。こうしたサイトがさらに増えるよう、このたびGoogleでは新しいモバイル フレンドリー テスト ツールをリリースしました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
今までとはモバイルフレンドリーテストツールのURLも異なるようです。

今までのURL

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

新URL

https://search.google.com/search-console/mobile-friendly

 

従来のモバイルフレンドリーテストツールと今回とでは、デザインが異なります。

違い
 
診断結果画面も異なります。
従来のUI

今回のUI
 

更新版のツールでは今後、新機能が徐々に追加される予定です。以前のモバイル フレンドリー テストに代わって皆様にお使いいただけるものと期待しています。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
今の段階では、ドラスティックな変更は見受けられませんが、今後色々と使いやすくなってくるかもしれませんので、期待しておきましょう。個人的にはPageSpeed Insightsと一緒になってくれると手間が省けるのでありがたいのですが(笑)。

ふわふわ

飽くまでもページ単位は変わらない

ちなみに、飽くまでもモバイルフレンドリーテストツールはページ単位での診断ですので、サイト全体においてモバイルフレンドリーではないページを抽出するにはSearch Consoleの「モバイル ユーザビリティ」から確認ください。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。