モバイルフレンドリーテストツールが刷新

既にGoogleウェブマスター向け公式ブログでも発表されている通り、モバイルフレンドリーテストツールが新しくなりましたので、そのご紹介です。

割れたスマホ

ふわふわ

見た目が変わった

モバイルを重視するGoogleにとって、モバイルユーザーがアクセスしやすく、使いやすいサイトが増えるのはとても喜ばしいことです。こうしたサイトがさらに増えるよう、このたびGoogleでは新しいモバイル フレンドリー テスト ツールをリリースしました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
今までとはモバイルフレンドリーテストツールのURLも異なるようです。

今までのURL

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

新URL

https://search.google.com/search-console/mobile-friendly

 

従来のモバイルフレンドリーテストツールと今回とでは、デザインが異なります。

違い
 
診断結果画面も異なります。
従来のUI

今回のUI
 

更新版のツールでは今後、新機能が徐々に追加される予定です。以前のモバイル フレンドリー テストに代わって皆様にお使いいただけるものと期待しています。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
今の段階では、ドラスティックな変更は見受けられませんが、今後色々と使いやすくなってくるかもしれませんので、期待しておきましょう。個人的にはPageSpeed Insightsと一緒になってくれると手間が省けるのでありがたいのですが(笑)。

ふわふわ

飽くまでもページ単位は変わらない

ちなみに、飽くまでもモバイルフレンドリーテストツールはページ単位での診断ですので、サイト全体においてモバイルフレンドリーではないページを抽出するにはSearch Consoleの「モバイル ユーザビリティ」から確認ください。


関連記事
曲名等でGoogle検索すると検索結果画面にダイレクトアンサー枠(インフォメーションボックス)やナレッジグラフ(Knowledge Panels)が出現し、そこに歌詞が表記されていたりします。私もこれを最初に見た時、驚きましたが、これがどういう仕組みで提供されているかについて、Googleが言及して ...(続きを読む)
Googleは新しいサーチコンソールに移行している中で、サイトの設定にあった[使用するドメイン]機能を廃止したと発表しました。元々この機能はただの設定でしたし、サイトオーナーとしては別作業でURLを正規化する業務もあったので、特段問題もないかな、とは思います。 どんな内容? 新しいGoogle Se ...(続きを読む)
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。