モバイルフレンドリーテストツールが刷新

既にGoogleウェブマスター向け公式ブログでも発表されている通り、モバイルフレンドリーテストツールが新しくなりましたので、そのご紹介です。

割れたスマホ

ふわふわ

見た目が変わった

モバイルを重視するGoogleにとって、モバイルユーザーがアクセスしやすく、使いやすいサイトが増えるのはとても喜ばしいことです。こうしたサイトがさらに増えるよう、このたびGoogleでは新しいモバイル フレンドリー テスト ツールをリリースしました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
今までとはモバイルフレンドリーテストツールのURLも異なるようです。

今までのURL

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

新URL

https://search.google.com/search-console/mobile-friendly

 

従来のモバイルフレンドリーテストツールと今回とでは、デザインが異なります。

違い
 
診断結果画面も異なります。
従来のUI

今回のUI
 

更新版のツールでは今後、新機能が徐々に追加される予定です。以前のモバイル フレンドリー テストに代わって皆様にお使いいただけるものと期待しています。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
今の段階では、ドラスティックな変更は見受けられませんが、今後色々と使いやすくなってくるかもしれませんので、期待しておきましょう。個人的にはPageSpeed Insightsと一緒になってくれると手間が省けるのでありがたいのですが(笑)。

ふわふわ

飽くまでもページ単位は変わらない

ちなみに、飽くまでもモバイルフレンドリーテストツールはページ単位での診断ですので、サイト全体においてモバイルフレンドリーではないページを抽出するにはSearch Consoleの「モバイル ユーザビリティ」から確認ください。


関連記事
昨年の10月にGoogle Search Consoleで[アドレス変更]機能が追加されましたが、今回はその[アドレス変更]の中でも2つの新機能が追加されたとGoogleがツイート発表しました。 Googleからの発表内容 既にドメインを引越す場合の[アドレス変更]の使い方について私は記事化していま ...(続きを読む)
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。