Google検索セントラルブログへ

Googleは今まで検索に関するブログをWebmaster Central Blog(ウェブマスター向け公式ブログ)という名称で運営していましたが、この度、Webmaster(ウェブマスター)という名称を廃止し、developers.google.com配下で運用するようになりました。

GoogleとSEO

ふわふわ

新旧の違い

米国現地時間11月11日にWebmaster Central Blogという名称からSearch Central Blogという名称に変わることは発表されていました。今までサイト運用する人をウェブマスターと呼び続けていましたが、昔と違い、今では業務が細分化されていますし、ウェブマスターという言葉が死語になりつつあることから、Googleは名称を変えるに至ったようです。

Googleが実施したユーザーエクスペリエンスに関する調査からも、ウェブの専門家の中で自分をウェブマスターと名乗る人は、もうほとんどいないことが明らかになっています。検索エンジン最適化(SEO)、オンラインマーケティング担当者、ブロガー、ウェブデベロッパー、サイト所有者と名乗ることが多く、「ウェブマスター」と名乗る人はごく少数です。

引用)ウェブマスター向け公式ブログ

ただ、ウェブマスターに代わる言葉が無いので「検索」という言葉にしたようです。併せて、URLをグローバルに統一し、それぞれで言語展開していく仕様にしていくとのことでした。そして米国現地時間11月19日に、以下のように新旧の名称とURL(とUI)が変わりました。

 
「あれ?日本語版も英語版も同じURLなの?」と思うでしょう。しかし、右上の言語選択部分で[English]か[日本語]かで選べます。

言語選択

まぁ、Googleからの情報を(日本が関係しなくとも)100%知っておきたいなら[English]バージョンで閲覧すると良いでしょう。また、英語版の方はUIも日本語と異なり、サイドバーが出ていたりしていますが、日本語版に関してはただ以前のブログ記事を突っ込んだだけで、特に大きな変化は見受けられません。

英語版の検索セントラルブログ
英語版の検索セントラルブログ

本日、Google Search Central内におけるこちらのページがブログの新しいホーム画面になったことを発表します。過去2005年まで遡ってアーカイブ記事を全て新ブログに移行しました。過去記事はアーカイブドロップダウンメニューから確認できます。

引用)Search Central Blogより和訳

また今後は、翻訳が完了している場合は前述の言語選択を行えば翻訳済みバージョンの記事が出ます。例えば日本語で言語選択しているにも関わらず英語版の記事が出る場合は、以下のようにまだ日本語版が無いということになります。

日本語に翻訳されていない記事例

最初はちょっとややこしく感じるかもしれませんが、とりあえず常に英語版で見ておきながら、新しい記事が出るたびに言語選択して日本語でも記事が存在しているか確認すると良いでしょう。いずれにしても記事単位で日本語版がリリースされるのは少し遅れる傾向にあるので、あんまり日本語版をアテにしない方が良いと思います。

ふわふわ

キャラクターも増加

これを機にGooglebotの新たなマスコットも登場したようですが…ちょっと触れないでおきますね(笑)。全く業務に支障は無いと思いますので様子を見ましょう(笑)。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。