GSCのインデックスレポートが更新

Googleでは、米国現地時間12月15日にGoogle Search Console(以下:GSC)でのインデックスレポート[カバレッジ]における精度をより良くアップデートしたと発表しました。インデックス方法が精度向上したのではなく、飽くまでもGSCレポートとしての表示精度が向上した内容です。

G Search Console

ふわふわ

インデックスカバレッジレポート方法が刷新

12月15日より、インデックスカバレッジレポートはインデックスされたページについてより正確なレポーティングが出来るようになりました。これによって「クロール済み – インデックス未登録」という形で、インデックスの詳しい状況が分かるようになります。このレポートについては、チャート状に確認が来ます。

引用)@searchliaisonより和訳

実際にGoogle Search Consoleのインデックス[カバレッジ]の項目を見ると、下図のように12月15日付でインフォメーションされており、そのリンク先には「2019年12月15日更新情報」としてツイートと同様の内容が記載されています。

GSCのインデックスカバレッジ

インデックスカバレッジレポートが、インデックスされたページについてより正確なレポーティングが可能になりました。これにより、クロール済ではあるがまだインデックスされていないページなどのインデックスの状況が分かるようになります。結果として、「除外」から「有効」へページへの移行が見られるようになるかもしれません。あなたのサイトに対して何か影響をもたらすわけではありませんが、より正確な情報提供は可能になります。

引用)Search Consoleヘルプより和訳

「クロール済み – インデックス未登録」は下記のように除外ステータスの中で確認できます。

クロール済み - インデックス未登録

この「クロール済み – インデックス未登録」の該当URLは必ずしも「インデックスにこれから登録されるURL」ではないことも予めご確認ください。私のサイトブログの場合、AMP対応しているページが静的なURLで生成されている場合、対となるAMP非対応URLはインデックス未登録扱いになっています。

おそらく、この「クロール済み – インデックス未登録」の項目の中には、これからインデックスされる(つまり「除外」から「有効」ステータスに変わっていく)URLもあれば、何かしらの理由でインデックスされないでいるURLもあるかと思います。気になるURLは都度URLの横にある虫眼鏡アイコンから[URL検査]結果を確認してみましょう。場合によってはサイト運用者側の予期しない現象に陥っているかもしれません。

今回のこのインデックスカバレッジによって、より一層GoogleでのSEO状況を素早く確認できるようになるのは良いことですね。是非頻繁にチェックすることを心掛けてください。


関連記事
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)
ナレッジパネルとナレッジグラフについて、Googleは5,000億以上の事実要素から50億ものエンティティを作成してきました。そして、このタイミングで改めてThe Keywordでナレッジパネルとナレッジグラフの説明をしてくれているので、ご紹介します。 Google’s Knowledge Grap ...(続きを読む)
レシピの構造化データマークアップの中には、「ガイダンス」と言って、(Google Home等のスマートディスプレイで使われる)Googleアシスタントを使用してガイド付きレシピを案内できる手法があります。今回、そのガイド付きレシピに関して、Google Search Consoleでレポートしてもら ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。