GSCのインデックスレポートが更新

Googleでは、米国現地時間12月15日にGoogle Search Console(以下:GSC)でのインデックスレポート[カバレッジ]における精度をより良くアップデートしたと発表しました。インデックス方法が精度向上したのではなく、飽くまでもGSCレポートとしての表示精度が向上した内容です。

G Search Console

ふわふわ

インデックスカバレッジレポート方法が刷新

12月15日より、インデックスカバレッジレポートはインデックスされたページについてより正確なレポーティングが出来るようになりました。これによって「クロール済み – インデックス未登録」という形で、インデックスの詳しい状況が分かるようになります。このレポートについては、チャート状に確認が来ます。

引用)@searchliaisonより和訳

実際にGoogle Search Consoleのインデックス[カバレッジ]の項目を見ると、下図のように12月15日付でインフォメーションされており、そのリンク先には「2019年12月15日更新情報」としてツイートと同様の内容が記載されています。

GSCのインデックスカバレッジ

インデックスカバレッジレポートが、インデックスされたページについてより正確なレポーティングが可能になりました。これにより、クロール済ではあるがまだインデックスされていないページなどのインデックスの状況が分かるようになります。結果として、「除外」から「有効」へページへの移行が見られるようになるかもしれません。あなたのサイトに対して何か影響をもたらすわけではありませんが、より正確な情報提供は可能になります。

引用)Search Consoleヘルプより和訳

「クロール済み – インデックス未登録」は下記のように除外ステータスの中で確認できます。

クロール済み - インデックス未登録

この「クロール済み – インデックス未登録」の該当URLは必ずしも「インデックスにこれから登録されるURL」ではないことも予めご確認ください。私のサイトブログの場合、AMP対応しているページが静的なURLで生成されている場合、対となるAMP非対応URLはインデックス未登録扱いになっています。

おそらく、この「クロール済み – インデックス未登録」の項目の中には、これからインデックスされる(つまり「除外」から「有効」ステータスに変わっていく)URLもあれば、何かしらの理由でインデックスされないでいるURLもあるかと思います。気になるURLは都度URLの横にある虫眼鏡アイコンから[URL検査]結果を確認してみましょう。場合によってはサイト運用者側の予期しない現象に陥っているかもしれません。

今回のこのインデックスカバレッジによって、より一層GoogleでのSEO状況を素早く確認できるようになるのは良いことですね。是非頻繁にチェックすることを心掛けてください。


関連記事
Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。 どういう内容? まずはGoogleのツイート内容 ...(続きを読む)
Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介しま ...(続きを読む)
米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。 発表内容 Later today, ...(続きを読む)
SEOにおいて考える時、まず最初に「サイトをどうしたいのか」という要件が必要です。もう数年前までのように「○○というキーワードで検索1位を」云々という人はおらず、どういう市場に対してどうアプローチをしていくべきか、までしっかり見定めてからご相談いただくケースも多くなってきています。しかし、その時点で ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。